スマート・エイジング国際共同研究センターでの企画開発

村田裕之の活動 その10

P1010369スマート・エイジング国際共同研究センターは、09年10月に設立されました。

脳機能イメージング研究の第一人者である川島隆太教授がセンター長を務めています。私は、本センターにおいて企画開発部門を担当しています。

企画開発部門では、スマート・エイジングの思想および研究開発部門の研究成果を、海外の先端的研究機関との共同研究、異業種の民間企業との産学連携、および学習意欲の高い高齢者と学生・院生との世代間交流を通じて実社会へ展開する事業を企画・推進しています。

世界最大の高齢者NPO AARPと日本の大学初の包括的学術協定を締結し、共同研究を推進しているほか、2011年の新センタービル竣工に合わせて「スマート・エイジング・カレッジ」、「スマート・エイジング・スクエア」のオープンを目指しています。

スマート・エイジング国際共同研究センター

あわせて読みたい関連記事


タグ


このページの先頭へ

イメージ画像