高齢社会問題の専門家として 海外で多数の講演に招聘

村田裕之の活動 その12

world-demography前述の通り、高齢化が進んでいるのは日本だけではありません。2030年までにアフリカ諸国などを除く世界の多くの国が、国連が定義する「高齢化社会(高齢化率が7%を超える)」になります。

このために、現在まだそれほど高齢化していない国でも、近年急速に高齢社会問題に対する関心が高まっています。

aarp-london私は、この分野の専門家として、04年に世界最大の高齢者NPO AARPがロンドンで開催した国際会議に、唯一の日本人パネリストとして招聘されました。

また、06年よりスイスで開催の世界エイジング・世代問題会議にチェアマンとして招聘され、08年以降シンガポール政府主催SICEX2008の基調講演者に招聘されるなど多くの国際的な活動に取り組んでいます。

村田裕之の講演実績

村田裕之の講演実績(2010年以前)

これまでの講演依頼先

あわせて読みたい関連記事


タグ


このページの先頭へ

イメージ画像