高齢者向け保険報酬の削減が始まったアメリカと日本の近未来

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011年12月14日 Vol.170

P1000780-2アメリカから帰国した1210日の夕方、日経新聞一面の「老人ホーム、新設急ぐ 来年までに104ヵ所増」という記事を見て複雑な気持ちとなった。

 

なぜなら、アメリカ滞在中訪れた高齢者施設の担当者から「連邦政府からの保険報酬が既に削減され始めている。これからもっと削減される」

との話を聞いてきたばかりだったからだ。

 

アメリカには、日本の公的介護保険制度のような

長期介護に対する公的保険はない。

民間企業が提供する任意保険のみである。

 

一方、高齢者関連施設のうち、入院リハビリテーション施設、

スキルド・ナーシング施設(日本で言う介護施設に近い)、

ホスピスに対しては、メディケアで保険報酬が支払われる。

 

ここでメディケアとは、65歳以上の人を対象にした

公的医療保険である。

 

ところが、2010年3月にオバマ大統領の署名により

「医療制度改革法(Patient Protection and Affordable Care Act)」

が成立した結果、前掲の保険報酬が削減され始めたのだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


ニューシニアが闊歩する社会が暗いはずがない

WorksReport2011 成熟期のパラダイムシフト 新事業プロデューサーの“遠眼鏡”

リクルート_レポート2011_2

2020年に65歳に達し、新しくシニアの仲間入りを果たすのは1950年代半ばに生まれた人たちです。このニューシニアには大きく4つの特徴があります。

1つは健康消費。理由は、自分の親の介護を経験する、認知症で苦しむ家族を身近で見ている人の割合が多いからです。このため、「親のようにはなりたくない。できるだけ子供や他人の手を借りずに元気にいたい」という意識が強まるからです。この点から健康産業はこれまで以上に有望となるでしょう。

2つはメリハリ消費。年金が目減りしていくのは確実ですが、現役時代より生活水準を落とそうとは思わないでしょう。すると、普段の消費は抑え気味にする一方、趣味や旅行といった、自分の好きなことにはお金を惜しまない、という消費スタイルの人が多くなるはずです。

 

3つは複線型のキャリア志向。長生きすることが分かっている半面、社会保障の先行き不安から、定年後も稼げるうちは稼ごうと言う意識が一段と強まります。定年後も継続雇用を利用し、今の会社にいられるだけいる。それが無理になったら、自分の得意技で年金以外の副収入を得るように工夫する。ということは、会社務めをしながら、自分の特技や趣味を磨いて準備する「複線型のキャリア志向」が強まると予想されます。

この投稿の続きを読む »

タグ


自立支援の重要性を世界に発信して欲しい

ベネッセホールディングス BENESSE REPORT 2011

 ベネッセレポート2011_表紙

ベネッセホールディングスが発行したベネッセグループCSR&サステナビリティ報告書「BENESSE REPORT 2011」に、さる7月に開催した有識者懇談会「ステークホルダーダイアログ」での発言が掲載されました。

 

この懇談会には、有識者として参加した杉並区和田中学校前校長の藤原和博さん、シンクタンクソフィアバンク副代表の藤沢久美さん、私の三人に加えて、ベネッセホールディングスの福島保社長、福原賢一副社長、ほか幹部の皆様が参加しました。

この投稿の続きを読む »

タグ


高齢者という名称が消えていく

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011928Vol.164

road-scholarアメリカの組織名称から「高齢者」をイメージする名称が消えている。

 

エルダーホステルという高齢者に有名なNPOがある。

55歳以上の人を対象に旅を通じて学ぶ機会を提供するというコンセプトで高齢者の新しい旅のスタイルを提案してきた。設立は1975年、今から36年前だ。

 

今も会社名はElderhostel, Inc.のままだが、

数年前にブランド名をRoad Scholar(道行く学者)に変更した。

顧客の世代が変わり、Elder(高齢者)という言葉が

商品に合わなくなってきたのだ。

 

50歳以上の会員3700万人を有し、

世界最大の高齢者NPOと呼ばれたAARP

以前の名称はAmerican Association of Retired Persons

日本語では全米退職者協会と呼ばれていた。

 

しかし、数年前に正式名称を

AARP(エイ・エイ・アール・ピー)に変更した。

 

組織名称からRetired(退職者)という言葉を

取り除きたかったのが変更理由と言われている。

 

アメリカではRetiredは、社会とのつながりを失い、

存在意義を否定されるとのニュアンスもあるからだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


犬の高齢化がもたらすもの

ちょっと一息 2011925

Golden-Retriever

高齢化しているのは人間社会だけではありません。

最近私の周辺で老犬の介護に追われる人が急増しています。

 

私のお隣の家のゴールデンレトリバーは13歳半。

人間で言えば95歳。

 

以前は私を見るとすぐ飛びついてきたのですが、

しばらく前からそうしたことがなくなりました。

白内障が進んで視力が衰え、目が見えなくなったのです。

 

犬、とりわけ大型犬は賢いせいか

身体の状態が表情にすぐ現れます。

顔つきも以前と異なり、

老いぼれた表情になってしまいました。

 

それでもまだ鼻は利くようで、

私のことを嗅ぎ付けるとまだ寄ってきてくれます。

 

ところが、最近衰えが著しく、

先日、ついに歩けなくなってしまいました。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニア向けスマートフォンのあるべき姿とは?

910日 シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第54

 l_sa_rt01

シニアのスマートフォン利用者はまだわずか

 

世はスマートフォン全盛時代である。しかし、現時点ではシニアの利用者はまだごくわずかだ。

gooリサーチによる60歳以上のモニターを対象にした調査によれば、スマートフォンの利用者は全体の4.7 %、iPadなどのタブレット型の利用者は全体の2.4%にとどまっている。

この調査の母集団は全員ネットユーザーであり、非ネットユーザーよりはるかにネットリテラシーが高いと思われる。したがって、母集団に非ネットユーザーを加えれば、利用者の割合はもっと低くなるだろう。

一方、男女別の利用割合では男性76.6%、女性23.4%と男性は女性の3.3倍利用者が多い。新しいIT機器が登場した時、必ず男性から普及が始まるのは一般によく見られる現象だ。

また、年齢層の違いによる特徴が明らかに見られる。スマートフォンの利用率は60-64歳が6.1%、65-69歳が3.5%70歳以上2.7%であり、団塊世代より若い世代の利用率が高い。この世代では現役ビジネスパーソンの割合が多く、パソコンを含むIT機器の利用が進んでいるためと思われる。

この投稿の続きを読む »

タグ


大家族に回帰するアメリカ

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011830Vol.161

multi-generational-housing先週滞在先のアメリカで、興味深い話を聞いた。

 

近年の調査に基づくと、今後10年間に

アメリカの世帯の3分の1が「多世代世帯」になるというのだ。

 

多世代世帯とは、親・子、親・子・孫、親・孫などの複数世代が一つ屋根の家に一緒に住む形態のことをいう。

 

核家族が大部分で親・子がそれぞれ別に住む習慣が強いアメリカには

日本で一般的な二世代住宅は極めて少ないイメージが強い。

 

ところが、二世代・三世代の住宅は地方都市には結構存在する。

先週滞在したクリーブランドで見た住宅地は

単一世代住宅と二世代住宅とが混在しているところだった。

この投稿の続きを読む »

タグ


ソーシャルメディアが広げるシニアと若者との協働可能性

8月10日 シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第53回

 

おばあちゃんと若者ネット技術の進化が生み出す新たなスマートシニア像

 

私は今から11年以上前にスマートシニアというコンセプトを提唱した。当時のスマートシニアの定義は、「ネットを縦横に活用して情報収集し、積極的な消費行動をとる先進的なシニア」というものだった。その後、予想した通りのスマートシニアの増加で、多くの市場が変わったことをこれまで拙著や講演等で何度もお話してきた。

しかし、ネット技術の進化は、本人の知恵を「賢く社会に貢献するシニア」という新たなスマートシニア像を生み出しつつある。これは11年前の予想を遥かに超えたものだ。

アメリカ・ロスアンジェルス在住の94歳の女性、バーバラ・クーパーさんによる「Ask Grandma Anything(おばあちゃんの人生相談)」がその一例である。これは、ネット上で寄せられるさまざまな相談にバーバラおばあちゃんが動画で答えるというものだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


「年の功」の科学的裏付け

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011年8月8日 Vol.159

brain長い間、成人を過ぎると脳は衰えていく一方だと言われてきた。世の中には未だにそう思っている人も多いようだ。

 

だが、最近の脳の研究により、年をとったとしても

脳の働きは必ずしも落ちていくとは限らず、

むしろ発達する可能性があることがわかってきた。

 

脳の大脳皮質の外側を「灰白質」、内側を「白質」と呼ぶ。

灰白質には情報を出す「神経細胞」がぎっしり詰まっている。

これはいわばパソコンのチップのようなものだ。

 

一方、白質には神経細胞から出てきた情報を

伝達するための「神経線維」が詰まっている。

これはいわばチップどうしをつなぐケーブルの束のようなものだ。

 

近年の研究で、この灰白質の体積は20歳頃から一定のペースで

男女ともにほぼ直線的に減少していくことがわかっている。

つまり、神経細胞は年齢とともに減っていくのである。

 

ところが、興味深いことに神経線維の束である白質は、

逆に年齢とともに増加していく。

しかも、男女の区分なく増加していくことがわかっている。

この投稿の続きを読む »

タグ


20XX年のシニアの働き方はどうなるか?

ちょっと一息 2011年7月21日

jinko203020XX年のシニアの働き方はどうなるか?

 

昨日リクルートWorks研究所によるインタビューで、

こんな質問を受けました。

 

こう言う質問をされる時、まず確認するのは、

「シニアの定義は何か」です。

というのは、本来シニア=seniorという言葉には年齢の定義はなく、この定義次第でどの年齢の、誰のことを議論するのかが分かれてしまうからです。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像