How Robots Are Changing the Way We Age

201353The Fiscal Times(電子版)

imageアメリカのThe Fiscal Times(電子版)に掲載のHow Robots Are Changing the Way We Age(ロボットは私たちが年を取る方法をどのように変えようとしているのか)という記事に私のコメントが引用されました。

 

記事全体はアメリカの高齢社会にロボットがどのような役割を果たせるのかという内容です。多くの国がそうであるようにアメリカも日本がこの分野のリーダーであると見ており、とりわけ介護ロボットへの関心は高いものがあります。

 

というのは、アメリカも日本同様、人数の多いベビーブーマーが高齢者の仲間入りをしつつあるからです。アメリカのベビーブーマーの定義は1946年生まれから1964年生まれ。日本よりも年代が広く、かつ人口が多いことから総勢7,800万人の人数が存在します。

 

この莫大な人数の人たちの健康状態をどう維持するか、健康状態が悪化した時、誰が、どのように支えるのかについては国としての方針があまりはっきりしていないのが現状です。

 

先日シンガポールで開催されたAAIF2013でも議論しましたが、超高齢社会になると何がどうなるのかという現実に最も理解しているのは日本です。日本での試行錯誤は高齢化するアメリカでも役に立つのです。介護ロボットの分野は、その象徴的な部分と言えましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ


Overseas players eye a share of the S’pore home-care pie

201352Today(シンガポールの英字誌)

tpday_cover_13050252日のシンガポールの英字誌Todayに先日シンガポールで開催のAAIF2013での取材をもとにした記事が掲載されました。

 

オーストラリア、マレーシア、日本(私)、シンガポールの専門家の意見をそれぞれ取り上げ、今後のシンガポールの高齢者介護サービスの方向性について探っている記事です。

 

シンガポールも含めて、どの国も高齢化率が低いうちは、医療サービスへの予算配分が高くなります。しかし、社会全体の高齢化が進み、高齢化率が上昇するにつれ、介護サービスへの配分が高くなります。さらに進むと、介護そのものだけでなく、介護予防により重点化する必要があり、日本はまさにこの段階に差し掛かりつつあります。

 

シンガポールは今後20年で現在の日本と同等の高齢化率が見込まれています。これは大変なペースであり、それを見据えてどの分野に重点的に予算配分するかを政府で検討しています。

 

今回の記事はこれを意識した内容となっており、外資の資金と知恵を巧みに活用するシンガポールらしいスタイルの記事と言えましょう。

 

以下に全文を掲載します。

この投稿の続きを読む »

タグ


日本の2つの老人ホーム・高齢者施設が国際イベントで最優秀賞を受賞

Ageing Asia Investment Forum (AAIF) 2013

59618_184285895057481_613726923_n415日から18日まで、シンガポールのパンパシフィックホテルで開催されたAgeing Asia Investment Forum (AAIF)2013において、日本の有料老人ホーム運営事業者のオリックスリビングと特別養護老人ホームのハピネスあだちが、アジアのトップクラスの施設に贈られる1ST ASIA PACIFIC ELDERCARE INNOVATION AWARDSを受賞しました。

 

正確にはオリックスリビングが、Outstanding Eldercare Services Innovation 」(傑出した高齢者ケアサービス革新)部門で、特養のハピネスあだちがOutstanding Rehabilitation & Wellness Innovation 」(傑出したリハビリテーション&健康維持革新)部門で最優秀賞を受賞しました。

 

こうした国際的な場で、日本の有料老人ホーム・介護施設が、そのサービス内容を評価されて表彰されるのはこれまでに例がなく、画期的なことです。海外で日本人の事業者がこのように表彰されると、私も同じ日本人として誇らしいです。

この投稿の続きを読む »

タグ


「高齢社会:科学技術知識から新市場機会へ」で講演します

98日 東京大学駒場キャンパス

 

it-image世界で一番高齢化率の大きい国は日本。では、二番目はどこでしょうか?

 

答えはイタリアです。

ちなみに三番目はドイツです。

 

日本、イタリア、ドイツが高齢化率の点で、

世界のトップ3であることは意外に知られていません。

この投稿の続きを読む »

タグ


日本のベビーブーマーの余暇活動の実態とシニアビジネス

9月1日 韓国文化観光研究院 ベビーブーマー向け老後準備博覧会 SENDEX2011

sendex20119月1日、韓国高陽市で韓国文化観光研究院主催の国際コンファレンス「ベビーブーマー向け老後準備博覧会 SENDEX2011」で講演します。

講演タイトル予定は「日本のベビーブーマーの余暇活動の実体とシニアビジネス」、講演対象は、ベビーブーマー対象の余暇文化関連者約200名の方です。

この投稿の続きを読む »

タグ


韓国の高齢者団体KARPのアドバイザーに任命されました

Yahoo Korea 2011年5月6日

yahoo_korea_110506韓国のヤフーコリア5月6日号に、村田が5月5日付で韓国の高齢者団体KARP(Korean Association of Retired Persons)のアドバイザーに任命されたとのニュースが掲載されました。

KARPは有名な米国AARPを参考に米国滞在17年の会長が1996年に設立した高齢者団体です。これまで任命されていたアドバイザーは、元AARPプレジデントのTess Canja氏、 James Parkel氏などで、日本人がアドバイザーに任命されるのは初めてです。

この投稿の続きを読む »

タグ


Asia-Pac seniors’ spend power to hit US$1.9t

2011年4月5日 The Business Times (英語)

bt_110405シンガポールの経済紙 The Business Timesに4月4日のAgeing Asia Investment Forum(AAIF)2011で村田が行った基調講演の内容をもとにした記事が掲載されました。

このAAIFには、アジアの18カ国から250人以上の経営者・実務リーダーが参加したものです。アジアにおけるシニアビジネスへの関心の高まりを感じました。

この投稿の続きを読む »

タグ


香港から日本の高齢者政策を見る

スマートシニア・ビジネスレビュー 2010年11月30日 Vol.146

hk先日講演に招かれて初めて香港に出張しました。

香港の高齢化率は2010年現在で13%。
高齢化率世界一の日本の23%に比べれば、
まだまだ若い地域に見えます。

しかし、香港の高齢化率は、20年後の2030年までに 現在の日本並みになると予測されており、 今のうちに準備が必要という危機感があるようです。

この投稿の続きを読む »

タグ


仮想認知症ツアーという擬似体験

スマートシニア・ビジネスレビュー 2010年10月20日 Vol.145

DSC_9024今月初めに米国フロリダ州オーランドで開催された
AARPの年に一度の会員向け大イベント、
AARP Orland@50+に参加しました。

このような団塊世代やシニア向けのイベントは、
日本では2007年頃まで存在しましたが、
最近見かけなくなったので、少し懐かしい感じがしました。

とはいえ、従来よく見られた会員全体で政府に対して
シュプレヒコールを上げるようなシーンは少なくなり、
代わりに会員向けにいろいろな商品・サービスを紹介する
「販売展示会」の色彩が強くなっていました。

そのなかで目にとまったものの一つが、
Virtual Dementia Tour(仮想認知症ツアー)。
認知症でない健康な人が認知症になると、
どのような感覚になるのかを擬似体験できるという
仮想現実感(Virtual Reality)によるシミュレーターでした。

この投稿の続きを読む »

タグ


シンガポールの老人ホームと浄水場に見る知恵の差

スマートシニア・ビジネスレビュー 2010年4月19日 Vol.140

P1000672081月のSICEXに講演者として招かれて以来、仕事でシンガポールを訪れる機会がすっかり増えた。

 

先週も訪れた際、シンガポール人の友人に

いろいろなところを案内してもらった。

仕事柄かねてから訪れてみたいと思っていた

老人ホームを今回訪れることができた。

 

訪れたのは健常者向けのシニア住宅と

要介護者向けのナーシングホームの二つ。

 

シンガポールでは住民の8割がHDBと呼ばれる

国の住宅公社が提供する公営住宅に住んでいる。

今回訪れた健常者向けのシニア住宅は、

公営でHDBのシニア版といった感じであった。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像