少子高齢化をアドバンテージに変えるには:ベルリン会議

2013624日 国際交流基金・コンラート・アデナウアー財団

ベルリンフィルハーモニーホール624日にドイツ・ベルリンで少子高齢化をアドバンテージに変えるには:ベルリン会議が開催されます。

 

この会議は、621日に東京・四谷の国際交流基金で開催される国際シンポジウム:少子高齢化をアドバンテージに変えるには~日独が目指す新しい社会・労働市場政策のかたち~のドイツ編です。

 

↑写真は宿泊予定のホテルから近いベルリンフィルハーモニーホール

今回の2つのシンポジウムは、日本の国際交流基金とドイツのコンラート・アデナウアー財団との共催で行われるもの。
21日の東京編では、ドイツから有識者が来日し、主にドイツの話題を中心に発表、議論します。

 

これに対して、24日のドイツ編では、逆に日本から有識者がベルリンに赴き、主に日本の話題を中心に発表、議論すると言う構成になっています。

  

ベルリン会議のプログラムは次のとおりです。東京でのプログラムと若干講演者が変わっています。ベルリン会議では、私はパネル4「少子高齢化をアドバンテージに変えるには―政治・経済のビジョンを描く―」の講演者・パネリストとして登壇します。

この投稿の続きを読む »

タグ


国際シンポジウム:少子高齢化をアドバンテージに変えるには

2013621日 国際交流基金・コンラート・アデナウアー財団

ロゴ621日に東京・四谷の国際交流基金JFICホール「さくら」で開催される国際シンポジウム:少子高齢化をアドバンテージに変えるには~日独が目指す新しい社会・労働市場政策のかたち~にパネリストとして参加します。

 

このシンポジウムは、日本の国際交流基金とドイツのコンラート・アデナウアー財団との共催で開催されるものです。

 



日本とドイツは、先進諸国の中でも、最も早いスピードで少子高齢化が進展しており、社会保障制度改革、労働人口減少等、多くの共通課題を抱えています。

 

しかし、見方を変えれば、少子高齢化の進展が早い日本とドイツが、それに伴う諸課題に対処できれば、少子高齢化社会への対応で世界のロールモデルになれる可能性が大です。

 

「少子化」「高齢化」「高齢社会」というと、どうしても年金制度や介護保険制度のネガティブなイメージが強い傾向があります。しかし、ネガティブ面ばかりを強調するのではなく、その課題を踏まえた上で、経済・社会活性化の新しいあり方を追求する一つの機会として捉えるべきです。

この投稿の続きを読む »

タグ


日本、長寿世界一を維持? WHO報告速報

スマートシニア・ビジネスレビュー 2013516Vol.193

WHO_WHS2013世界保健機関(WHO)15日発表した2013年版の世界保健統計(World Health Statistcs)によると、2011年の日本人の平均寿命は83歳で、スイス、サンマリノと並び世界で最も長いことがわかりました。

 

ただし、男女別の平均寿命で見ると、女性は86歳でやはり日本が世界一なのに対して、男性は79歳で世界一ではありません

 

男性で日本よりも平均寿命の長い国は、1位がカタールの83歳、2位がサンマリノの82歳、3位がアイスランドの81歳、4位がイタリア、イスラエル、オーストラリア、カナダ、シンガポール、スイス、スウェーデン、クウェートの80歳です。

 

ちなみに、男女合計で1位、男性で2位のサンマリノは、イタリアに囲まれた人口32,000人強の小国家です。独立国家なので、統計上は一つの国として扱われますが、ある程度の人口・経済規模の国家としてはスイスの平均寿命が長いことが目を引きます

 

実は私は昨年5月にスイスで開催された日本とスイスの高齢化に関する専門会議に参加していたこともあり、身近な感じがしています。

この投稿の続きを読む »

タグ


How Robots Are Changing the Way We Age

201353The Fiscal Times(電子版)

imageアメリカのThe Fiscal Times(電子版)に掲載のHow Robots Are Changing the Way We Age(ロボットは私たちが年を取る方法をどのように変えようとしているのか)という記事に私のコメントが引用されました。

 

記事全体はアメリカの高齢社会にロボットがどのような役割を果たせるのかという内容です。多くの国がそうであるようにアメリカも日本がこの分野のリーダーであると見ており、とりわけ介護ロボットへの関心は高いものがあります。

 

というのは、アメリカも日本同様、人数の多いベビーブーマーが高齢者の仲間入りをしつつあるからです。アメリカのベビーブーマーの定義は1946年生まれから1964年生まれ。日本よりも年代が広く、かつ人口が多いことから総勢7,800万人の人数が存在します。

 

この莫大な人数の人たちの健康状態をどう維持するか、健康状態が悪化した時、誰が、どのように支えるのかについては国としての方針があまりはっきりしていないのが現状です。

 

先日シンガポールで開催されたAAIF2013でも議論しましたが、超高齢社会になると何がどうなるのかという現実に最も理解しているのは日本です。日本での試行錯誤は高齢化するアメリカでも役に立つのです。介護ロボットの分野は、その象徴的な部分と言えましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ


Overseas players eye a share of the S’pore home-care pie

201352Today(シンガポールの英字誌)

tpday_cover_13050252日のシンガポールの英字誌Todayに先日シンガポールで開催のAAIF2013での取材をもとにした記事が掲載されました。

 

オーストラリア、マレーシア、日本(私)、シンガポールの専門家の意見をそれぞれ取り上げ、今後のシンガポールの高齢者介護サービスの方向性について探っている記事です。

 

シンガポールも含めて、どの国も高齢化率が低いうちは、医療サービスへの予算配分が高くなります。しかし、社会全体の高齢化が進み、高齢化率が上昇するにつれ、介護サービスへの配分が高くなります。さらに進むと、介護そのものだけでなく、介護予防により重点化する必要があり、日本はまさにこの段階に差し掛かりつつあります。

 

シンガポールは今後20年で現在の日本と同等の高齢化率が見込まれています。これは大変なペースであり、それを見据えてどの分野に重点的に予算配分するかを政府で検討しています。

 

今回の記事はこれを意識した内容となっており、外資の資金と知恵を巧みに活用するシンガポールらしいスタイルの記事と言えましょう。

 

以下に全文を掲載します。

この投稿の続きを読む »

タグ


日本の2つの老人ホーム・高齢者施設が国際イベントで最優秀賞を受賞

Ageing Asia Investment Forum (AAIF) 2013

59618_184285895057481_613726923_n415日から18日まで、シンガポールのパンパシフィックホテルで開催されたAgeing Asia Investment Forum (AAIF)2013において、日本の有料老人ホーム運営事業者のオリックスリビングと特別養護老人ホームのハピネスあだちが、アジアのトップクラスの施設に贈られる1ST ASIA PACIFIC ELDERCARE INNOVATION AWARDSを受賞しました。

 

正確にはオリックスリビングが、Outstanding Eldercare Services Innovation 」(傑出した高齢者ケアサービス革新)部門で、特養のハピネスあだちがOutstanding Rehabilitation & Wellness Innovation 」(傑出したリハビリテーション&健康維持革新)部門で最優秀賞を受賞しました。

 

こうした国際的な場で、日本の有料老人ホーム・介護施設が、そのサービス内容を評価されて表彰されるのはこれまでに例がなく、画期的なことです。海外で日本人の事業者がこのように表彰されると、私も同じ日本人として誇らしいです。

この投稿の続きを読む »

タグ


「高齢社会:科学技術知識から新市場機会へ」で講演します

98日 東京大学駒場キャンパス

 

it-image世界で一番高齢化率の大きい国は日本。では、二番目はどこでしょうか?

 

答えはイタリアです。

ちなみに三番目はドイツです。

 

日本、イタリア、ドイツが高齢化率の点で、

世界のトップ3であることは意外に知られていません。

この投稿の続きを読む »

タグ


日本のベビーブーマーの余暇活動の実態とシニアビジネス

9月1日 韓国文化観光研究院 ベビーブーマー向け老後準備博覧会 SENDEX2011

sendex20119月1日、韓国高陽市で韓国文化観光研究院主催の国際コンファレンス「ベビーブーマー向け老後準備博覧会 SENDEX2011」で講演します。

講演タイトル予定は「日本のベビーブーマーの余暇活動の実体とシニアビジネス」、講演対象は、ベビーブーマー対象の余暇文化関連者約200名の方です。

この投稿の続きを読む »

タグ


韓国の高齢者団体KARPのアドバイザーに任命されました

Yahoo Korea 2011年5月6日

yahoo_korea_110506韓国のヤフーコリア5月6日号に、村田が5月5日付で韓国の高齢者団体KARP(Korean Association of Retired Persons)のアドバイザーに任命されたとのニュースが掲載されました。

KARPは有名な米国AARPを参考に米国滞在17年の会長が1996年に設立した高齢者団体です。これまで任命されていたアドバイザーは、元AARPプレジデントのTess Canja氏、 James Parkel氏などで、日本人がアドバイザーに任命されるのは初めてです。

この投稿の続きを読む »

タグ


Asia-Pac seniors’ spend power to hit US$1.9t

2011年4月5日 The Business Times (英語)

bt_110405シンガポールの経済紙 The Business Timesに4月4日のAgeing Asia Investment Forum(AAIF)2011で村田が行った基調講演の内容をもとにした記事が掲載されました。

このAAIFには、アジアの18カ国から250人以上の経営者・実務リーダーが参加したものです。アジアにおけるシニアビジネスへの関心の高まりを感じました。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像