恐怖体験でストレスを解消する

高齢者住宅新聞連載 村田裕之の「シニアビジネス相談室」第39回

お化け屋敷には意外な効果があります

ストレス解消の意外な「商品」

ストレス社会の現代は、ストレス解消型の商品が求められています。これを反映して「精神的ストレスを軽減する」などとうたった食品、サプリメントが市場に多数見られます。

これらの商品にはGABAという脳の興奮を抑える抑制系の神経伝達物質が機能性関与成分として含まれていることが多い。

だが、GABAは脳内でしか生成されず、口から食べても脳の「血液脳関門」を通過できないため、脳に成分が到達せず、効果が出ません。

この投稿の続きを読む »

タグ


熱中症と加齢の意外な共通点

2020年8月21日 日経MJ連載 なるほどスマート・エイジング

熱中症と加齢には意外な共通点があります

日経MJ 連載「なるほどスマート・エイジング」第17回のテーマは「熱中症と加齢の意外な共通点」

長い梅雨が終わったと思ったら、例年以上の猛暑が続き、熱中症が増えています。熱中症は悪化すると「横紋筋融解症」という症状になり、これが原因で急性腎不全を来します。

しかし、この事実は一般にはあまり知られていません。メディアではほとんど説明されない熱中症重症化の最先端の研究内容をお話しました。

この投稿の続きを読む »

タグ


コロナ禍での柔軟なルール変更の重要性

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第160回

以前は100人以上集まったが今は閑散としている「レイドバトル会場」

スマホゲームの「ポケモンGO」が登場して4年が過ぎた。多くのスマホゲームは登場後2か月で衰退すると言われてきたので、4年以上経過しても人気を維持しているのは驚異的と言える。

実は本年1月頃からの新型コロナウイルス感染症の拡大で、このビジネスも例外なく大きな影響を受けた。

だが、この大きな社会変化に対して、商品コンセプトの変更も含む様々な工夫を施し、利用者(プレーヤーという)を逃がさないようにしてきた。今回はその工夫の勘所を解説する。

この投稿の続きを読む »

タグ


ウイズコロナ時代の三世代コミュニケーションツール

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第160回

まごチャンネル

緊急事態宣言が解除されたが、全ての国民に「新しい生活様式」が求められている。感染防止のために人との接触をなるべく避けるためだ。

シニアにとりわけ辛いのは自粛要請で旅行ができなくなったことだ。従来旅行市場をけん引していたのは平日でも自由に行動できる60代以上のシニア層だった。

だが、外出自粛で市場がほぼ消滅してしまった。緊急事態宣言が解除されても多くの高齢者施設では外出や来訪者の受け入れが依然制限されている。

この投稿の続きを読む »

タグ


減塩食で血圧が下がるとは限らない

高齢者住宅新聞連載 村田裕之の「シニアビジネス相談室」第37回

減塩食が花盛りだが・・・

高血圧は心血管病の最大の危険因子で、これに起因する死亡者数は年間約10万人と推定されています。こうした背景の下、高血圧で悩む高齢者を対象にした「減塩食」が花盛りです。しかし、そもそもこうした減塩食が本当に高齢者の高血圧対策になっているのかは疑問です。

この投稿の続きを読む »

タグ


「不」の解消とネット通販がカギ

月刊「商工会」7月号 特集 高齢者に優しいビジネス

ウィズコロナでシニアの消費形態はどう変わったか?

新型コロナウイルス感染症の蔓延は私たちの生活に多大な影響を与えた。コロナ禍でシニアの消費形態がどう変わったのかを改めて整理してみたい。

1.非接触エコノミーの拡大

ウイルス感染防止のために可能な限り接触を減らすのが原則だ。これより「非接触で価値を提供する」経済活動が増えた。

まず、通信販売利用者が増えた。非接触徹底のため「置き配」や宅配ボックスの利用が増えた。また、買い物代行利用者も増え、利用者の減ったタクシー業界も参入した。

この投稿の続きを読む »

タグ


価値ある「非接触化」とは?

2020年6月19日 日経MJ連載 なるほどスマート・エイジング

日々の体調を映す「魔法の鏡」

連載「なるほどスマート・エイジング」第15回のテーマは「価値ある『非接触化』とは?」

コロナ禍による休業要請が解除され多くの店が営業を再開しました。どの店でも感染予防のためにマスク着用・入店前消毒の義務化、体温計測、客席の間隔を空ける、入店制限などの「非接触化」対策がされています。

しかし、こうした「非接触化」は事業者にとって「やって当たり前」。これだけでは同業他社との差異化にならず、収益面ではコスト要因でしかありません。これからは「非接触」だからこそ価値の上がる商品・サービスが求められています。そのヒントをお話しました。

この投稿の続きを読む »

タグ


新しい生活様式の「不」を解消 コロナ時代のシニアビジネス

高齢者住宅新聞連載 村田裕之の「シニアビジネス相談室」第36回

まごチャンネル

緊急事態宣言が解除されても「新しい生活様式」が求められています。感染防止のために人との接触をなるべく避けるためです。

外出自粛要請で人との接触なしで人と交流する手段としてZoomなどのネットによるテレビ会議システムが急速に普及しました。

しかし、これらの仕組みはパソコンやネットに疎い多くのシニア層にとって敷居が高いようです。テレビ会議なのに、なぜ普通のテレビでできないのか―――こんな質問が私のもとに寄せられます。

そんなITに疎い方でもテレビで楽に使えるコミュニケーション手段が、スタートアップのチカク(東京・渋谷)が提供する「まごチャンネル」です。

この投稿の続きを読む »

タグ


VR リアルに感じる条件は?

2020年5月15日 日経MJ連載 なるほどスマート・エイジング

VR機器を使えばリアリティーを感じるわけではない

「ニューノーマル」という言葉がよく聞かれます。アフターコロナの時代の新生活様式のことを呼ぶようです。外出時のマスクの装着、人と2メートル程度離れること、オンライン会議など、他人と接触しないで生活することがその核になっています。

そこで注目を浴びているもののひとつが仮想現実(VR)を使ったサービスなのですが、それで本当に「現実感」を感じるの??と言うものが目に付きます。こうしたサービスで人がリアリティーを感じるためにはVR機器を使うだけでは不十分です。その勘所を解説しました。

この投稿の続きを読む »

タグ


「高血圧には減塩食」が常識でなくなる

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第156回

市場には多くの減塩食が見られるが・・・

高血圧は心血管病の最大の危険因子で、高血圧に起因する死亡者数は年間約10万人と推定される。

こうした背景の下、高血圧で悩む高齢者を対象にした「減塩食」が花盛りだ。減塩気配り御膳、減塩レシピ、減塩配達食など、様々な減塩食が世に出ている。

しかし、実際食べてみると、残念ながら比較的高価な割に「まずい」ものがほとんどだ。実はこうしたまずい減塩食に対する文句は、老人ホームでのクレームの筆頭でもある。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像