シンガポール政府機関との交流会を開催します

スマートシニア・ビジネスレビュー 2012918Vol.181

spring_singapore来る92613時より東京・西新宿において、私が理事長を務めるNPOエイジング社会研究センター主催でシンガポール貿易省SPRING Singapore幹部との交流会を下記の要領にて開催します。

 

SPRING Singaporeは、シンガポール貿易産業省の下部組織で、日本でいう中小企業庁と日本工業標準調査会の機能を併せ持った機関で、シンガポールの介護産業育成のために日本企業のパートナーを探しています。

 

本交流会の目的は、SPRING Singaporeの活動をご紹介し、SPRING Singaporeが支援しているシンガポールの病院・介護事業者との協働機会に興味のある日本企業の皆様との情報交換を行うことです。

 

成長目覚ましいシンガポールは、一人当たりGDPがすでに日本より大きく、成長が続くアジアのハブ的存在です。一方で日本よりも出生率の低いシンガポールは今後20年間で急激な高齢化の進展が予測されており、介護インフラの構築・質の向上が喫緊の課題になっています。

 

介護サービス分野で先を行く日本企業は、SPRING Singaporeとのパートナーシップにより、シンガポール市場だけでなく、アジア各国の市場開拓に有効な足がかりを得られるものと思われます。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニア市場の展望と地域におけるシニアビジネスの可能性

201294  千葉県経済同友会 例会

二十世紀なし94日に千葉銀行が事務局を務める千葉県経済同友会の例会でお話しします。対象は千葉県の企業、経済団体のビジネスパーソンの方です。

 

シニアビジネスは大企業だけのものではありません。介護サービスに見られるように、むしろ地域密着型のビジネスが多いのが特徴です。

 

私はこれまで多くの地方発の元気なシニアビジネスを見てきましたが、これらの共通点は、「自社の強み」や「地域の強み」をとことん活用していることです。

 

一方、こうした強みは、当事者自身が案外気付いていないことが多いのも事実です。ところが、こうした強みというのは、実は「当事者以外の外部者」から強みに見えることなのです。

この投稿の続きを読む »

タグ


07/23/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

これから有望なシニア市場とは?シニアビジネスが超高齢社会の課題を解決する

2012年7月20日  仙台フィンランド健康福祉センターwellbeing研究会

仙台フィンランド健康福祉センター一つの新しい商品・サービス市場が立ち上がると、その商品・サービスに満足しない顧客が必ず出現します。これは多様な価値観をもつシニアは、限られた商品・サービスではカバーしきれない多様なニーズをもっているからです。

 

累計2000万台以上売れたシニア向け携帯電話らくらくホンも、初期モデルでは、字が大きくて見やすい、文字盤が大きくて押しやすい、音声が明瞭で聴きやすいことが売れた理由でした。

しかし、機能的には素晴らしいものの、製品デザインがやぼったく、それを持っていると「ジジイ臭い、ババア臭い」と言われるため、買うのに抵抗を持つ人も多かったのです。

 

このようにある人たちは満足していても、他の人たちは満足していないことはしばしばあります。モノが売れないのは市場が飽和したからだ、という言い方は昔からよく聞かれます。しかし、これは必ずしも正しい見方ではありません。

この投稿の続きを読む »

タグ


06/30/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

ストック・リッチ、フロー・プアのシニア層の消費を取り込むマーケティングとは?

2012年7月11日  第一回リビング新聞シニアマーケット研究フォーラム

リビング7月11日、東京・麹町のルポール麹町で、サンケイリビング新聞社とリビングくらしHOW研究所共催による第一回リビング新聞シニアマーケット研究フォーラムでお話しします。

 

近年これまで以上に注目されているシニアマーケットですが、「シニアは元気で人数も多く、金持ち、時間もち」という大雑把な理解で取り組むとうまくいきません。

 

シニアの多くは、資産はあるものの、所得は少ない「ストック・リッチ、フロー・プア」であり、日常消費はほぼフローに比例した「フロー消費」が大半です。

 

つまり、漠然とした将来不安のために、ストックはいざと言う時の備えとしてなるべく手をつけず、世の中に回りにくい状況となっています。

 

第一部では「ストック・リッチ、フロー・プアのシニア層の消費を取り込むマーケティングとは?」と題した私による基調講演です。回りにくいストックを消費の形に変えるためのヒントについて「3つのE」(Excitedわくわくする、Engaged関与する、Encouraged元気になる)によるアプローチを中心にお話しします。

この投稿の続きを読む »

タグ


06/27/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

シニア市場の正しい見方と企業の顧客対応のあり方

2012628消費者関連専門家会議 東京例会

acap628日に消費者関連専門家会議の東京例会(会場:トヨタ自動車株式会社 東京本社)において講演します。

 

タイトルは「高齢化の進展でシニア市場はどうなるか?~シニア市場の正しい見方と企業の顧客対応のあり方」です。

 

消費者関連専門家会議は、民間企業575社と事業者団体の消費者関連部門で、日々消費者の声に接している責任者・担当者が業種を超えて集う組織です。

 

私は13年前に、これからのシニアは「スマートシニア」になっていくと予言しました。スマートシニアとは、情報武装した賢い消費者としてのシニアです。

 

その後の13年間で、スマートシニアの増加によって、実際に多くの市場が変化し、従来のやり方が通用しなくなった市場を目の当たりにしてきました。

この投稿の続きを読む »

タグ


06/10/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

「自分らしくいきいきと元気に過ごすための秘訣」で講演します

2012527日 仙台放送 テレビいきいき脳体操セミナー

脳体操セミナー527日に仙台市太白区文化センター楽楽楽ホールで開催される「テレビいきいき脳体操セミナー」で講演します。

 

セミナーは2部構成です。第一部では東北大学加齢学研究所スマート・エイジング国際共同研究センター所長の川島隆太教授による基調講演「スマート・エイジングと上手な脳の鍛え方」のあとに「自分らしくいきいきと元気に過ごすための秘訣」をタイトルにお話しさせていただきます。

 

今回のセミナーは、仙台放送創立50周年記念の一環イベントでもあり、スマート・エイジングについて川島教授と私が連続で講演するというこれまでに例のない貴重な?セミナーです。

この投稿の続きを読む »

タグ


高齢化対策に関する日本とスイスの専門家シンポジウム

2012523日-25World Demographic & Ageing Forum

saint-gallen

523日から25日までスイス・チューリッヒで開催される

WDA Forum Expert Symposium ”Demographic Ageing in Japan and Switzerland: Action through Exchange and Dialogue” に参加します。

 

 

このシンポジウムを主催するWorld Demographic & Ageing (WDA) Forum は、スイス東部のオーストリア国境に近いザンクトガレンにあるザンクトガレン大学に事務局を置く高齢化研究団体です。

 

私は2006年からWDAのアドバイザリー・ボードメンバーを務め、2006年、2007年に現地で講演する機会を頂きました。

 

今回のシンポジウムの特色は3つあります。第一に、高齢化対策を議論するために日本とスイス2か国の専門家が一同に会する初の試みであること。第二に、WDAからの呼びかけにより、日本側から高齢化問題の専門家が17人も参加すること。第三に、ザンクトガレン大学の修士課程の学生が発表するなど、若い世代も参加して高齢化対策について議論することです。

 

そもそも、なぜ、日本とスイスなのか?両国は地理的には互いに10000キロも離れていますが、実は驚くほど共通点があります。

この投稿の続きを読む »

タグ


05/04/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

高齢化する世界と学習療法の未来

2012520日 学習療法シンポジウム in 横浜

パシフィコ横浜520日にパシフィコ横浜で開催される学習療法シンポジウム in 横浜で、「高齢化する世界と学習療法の未来」をテーマにお話しさせていただきます。

 

高齢化率は世界一の日本は、世界に先駆けて高齢化に伴う多くの課題に直面しています。しかし、それが学習療法という画期的な対認知症改善策を生み出す契機になっています。

 

今後高齢化がますます進む世界各国に対して、学習療法はどのような貢献ができるのか。その未来像をご一緒に考えましょう、というのが今回の私の講演の趣旨です。

この投稿の続きを読む »

タグ


04/30/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

自分らしくいきいきと過ごすための7つの秘訣:久留米市民の皆様の声

2012年3月10日 久留米市 認知症シンポジウム 講演会報告 

久留米市認知症シンポジウムさる310日久留米市市民会館で開催された「久留米市認知症シンポジウム 脳を鍛えて認知症を予防しよう~こわがらないで認知症~」で基調講演をさせていただきました。その時の参加者の皆様からの声が届きました。

 

下記のような身に余るコメントを多数いただき、逆に私が励まされる思いがして、さらなる精進をしなければと身の引き締まる思いです。             

 

当日ご参加いただいた皆様、また運営にご尽力いただいた久留米市および久留米市介護福祉サービス事業者協議会のスタッフの皆様に心よりお礼申し上げます。

 

以下に当日のアンケートの抜粋をご紹介させていただきます。

この投稿の続きを読む »

タグ


04/17/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

Elderly-friendly ideas from Japan

THE STRAITS TIMES  2012412

THE STRAITS TIMES_120412_2シンガポールで開催されたAgeing Asia Investment Forum (AAIF)2012での基調講演を基にシンガポールの有力紙THE STRAITS TIMESの記者が記事をまとめたものが掲載されました。以下はその全文です。

 

IN SONE shopping malls, escalators move slower than usual. At supermarkets, aisles are wide enough to accommodate wheelchairs and walking frames, and eggs are sold singly, instead of by the dozen. Price tags are also four times bigger than usual. And soon, a mobile application will be launched which allows people to magnify fonts on websites.

 

These are just some elderly-friendly products and practices that are increasingly common in rapidly graying Japan, said Professor Hiroyuki Murata, a keynote speaker at this year’s Ageing Asia Investment Forum.

 

The “ageing-friendly” concept should also be extended to infrastructure planning, said Prof Murata, a pioneer of the active ageing business. He has worked with more than 550 companies to develop products such as the popular Raku-Raku (easy-easy) mobile phone, with simple one-touch dialing and large numbers and text.

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像