アクティブシニア市場を開拓せよ!

日商Assist Biz

アクティブシニア市場を開拓せよ

日本商工会議所のサイトがリニューアルされ、2015年4月に日本商工会議所のビジネス情報誌に掲載された拙稿が掲載されています。

編集担当の方から「5年前の記事ではありますが、当時の先生のご指摘は全く色あせておらず、尚、輝きを保っていると思います」とのありがたいお言葉を頂きました。

以下に冒頭箇所を転載します。全文は日商Assist Bizサイトをご覧ください。
********

この投稿の続きを読む »

タグ


今こそ「自分ミッション」を持とう

9月21日 敬老の日に寄せて

「自分ミッション」のすすめ

共同通信から「敬老の日に寄せて」寄稿依頼があり、「自分ミッションのすすめ」というタイトルで既に全国の多くの地方紙に掲載されています。

中高年の方が退職後も前向きにセカンドキャリアを歩むためには、収入も大事ですが、いくつになっても日々自分の成長を実感できることが重要です。そのために私は「自分ミッション」を持つことをお勧めしています。

「自分ミッション」とは、それまでの「会社ミッション」に代わり、これからの人生で自分は何のために何をやるのかを定めるものです。会社中心生活が長いほど、退職後何をすればよいかわからない人が多いからです。

この投稿の続きを読む »

タグ


50歳すぎの趣味、認知症予防になる?

2020年9月18日 日経MJ連載 なるほどスマート・エイジング

知的好奇心が脳の萎縮を抑えます

今回の記事の要点は、1)私たちの脳は一般に加齢と共に萎縮していきますが、知的好奇心が旺盛なほど、脳の萎縮を抑えられること。2)50歳すぎから趣味に取り組みたくなりますが、こうした活動が脳の萎縮を抑えることです。その理由にご興味のある方は、ぜひ以下の全文をお読み下さい。

この投稿の続きを読む »

タグ


「自分ミッション」のすすめ

9月13日 茨城新聞、愛媛新聞、神戸新聞

「自分ミッション」のすすめ

9月21日の敬老の日に合わせて、標題の寄稿が複数の新聞に掲載されました。(茨城新聞9月7日、愛媛新聞9月8日、神戸新聞9月12日)

私がシニアビジネスの専門家として歩み始めた1999年の敬老の日(当時は9月15日)に朝日新聞の論壇に「スマートシニアと新市場」という小論を寄稿しました。

そのなかで、来る超高齢社会でのアクティブシニア市場の到来を予想し、近未来にスマートシニア(情報武装した賢い高齢者)が増えていき、新市場が生まれていくことを述べました。

あれから20年余りが経過し、ほぼ予想通りの結果となり、情報化の進展がシニアの活躍機会を間違いなく増やしました。

この投稿の続きを読む »

タグ


過剰な自粛より運動して基礎疾患を改善

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第161回

サーキット運動群と対照群の変化量

サーキット運動の即時効果を初めて検証

東北大学加齢医学研究所と女性専用フィットネスクラブ最大手のカーブス・ジャパンが最近、興味深い共同研究成果を発表した。

それは中高年女性が30分のプログラムを一回行うだけで、認知力の一種である「抑制能力」(がまんする力)と「活力」(ポジティブな気分)が即時的に向上すること(即時効果)を初めて明らかにしたことだ。

即時効果とは、その介入行為を行うとすぐに現れる効果のことを言う。これまでの研究で有酸素運動は高齢者の認知機能向上に即時効果があることは知られていた。

しかし、カーブスのようなサーキット運動の即時効果の詳細は、これまでほとんど研究がなされていなかった。

この投稿の続きを読む »

タグ


旅と人生を楽しむ スマート・エイジング術の公開

2020年9月7日 クラブツーリズム

旅と人生を楽しむスマート・エイジング術

シニア向け旅行サービスNo.1のクラブツーリズムと私が役員を務める東北大学ナレッジキャストとの共同で、ウィズコロナ時代のツアー新ブランド「クラブツーリズム ニュースタイル」PRを促進することになりました。

プレスリリースはこちら

また、この活動の一環として「旅と人生を楽しむ スマート・エイジング術」の連載を開始することになりました。連載第0号が次の通り公開されています。

旅と人生を楽しむ スマート・エイジング術

以下にその抜粋を転載します。全文はクラブツーリズムのサイトでお読み下さい。

この投稿の続きを読む »

タグ


恐怖体験でストレスを解消する

高齢者住宅新聞連載 村田裕之の「シニアビジネス相談室」第39回

お化け屋敷には意外な効果があります

ストレス解消の意外な「商品」

ストレス社会の現代は、ストレス解消型の商品が求められています。これを反映して「精神的ストレスを軽減する」などとうたった食品、サプリメントが市場に多数見られます。

これらの商品にはGABAという脳の興奮を抑える抑制系の神経伝達物質が機能性関与成分として含まれていることが多い。

だが、GABAは脳内でしか生成されず、口から食べても脳の「血液脳関門」を通過できないため、脳に成分が到達せず、効果が出ません。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像