ネット動画、認知症にどう影響?

2020年10月16日 日経MJ連載 なるほどスマート・エイジング

皆さんは新型コロナウイルス感染症の流行でテレビやユーチューブなどのネット動画視聴時間が増えていませんか

実はテレビ視聴時には大脳の前頭前野(ぜんとうぜんや)に「抑制現象」が生じることがわかっています。前頭前野は情報処理と思考の中枢であり、コミュニケーションや判断、意思決定など重要な機能を担っています。

この部位の活動に長時間抑制がかかると、活動が低下した状態が長く続くことになり認知機能の低下につながります。詳しくは以下の全文をお読み下さい。

この投稿の続きを読む »

タグ


基礎疾患を改善・予防して、感染時リスクを下げる

2020年10月14日 クラブツーリズム 旅と人生を楽しむ スマート・エイジング術

旅と人生を楽しむスマート・エイジング術

シニア向け旅行サービスNo.1のクラブツーリズムと私が役員を務める東北大学ナレッジキャストとのコラボによる「旅と人生を楽しむ スマート・エイジング術」の連載第1回が公開されました。以下にその抜粋を転載します。全文はクラブツーリズムのサイトでお読み下さい。
****************

基礎疾患を改善・予防して、感染時リスクを下げる

東京都でもコロナ禍による営業短縮要請がようやく解除され、10月1日からGo Toトラベルキャンペーンも適用開始になります。長く旅行を自粛していた方には待ちに待った動きでしょう。

一方、行動規制を緩和すると感染者数は増加します。実は新型コロナウイルスの感染者数はサイクル型に増減します。つまり、感染者数は行動規制強化で減少、規制緩和で増加し、これを繰り返します。

この投稿の続きを読む »

タグ


魔法の鏡 非接触でその日の体調を定量評価

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第162回

「魔法の鏡」での計測風景

非接触化は必要だがコスト要因

ついに東京都でもコロナ禍による営業短縮要請が解除され、飲食店、小売店、娯楽店舗などが通常に近い営業を再開している。

多くの店舗で感染予防のためにマスク着用・入店前消毒の義務化、入店時の体温計測に加えて、客席どうしの間隔を空ける、一度に入店できる人数を制限するなどの「非接触化」対策が新常識となった。

例えばカラオケ店では室内で客同士が1mずつ間隔を開けて対面にならないようにする、個々のマイクに飛沫を防ぐための「マイクマスク」を取り付けて別の人に渡す際に交換する、などもルール化した。

この投稿の続きを読む »

タグ


ジェネレーション・マーケティングの落とし穴

高齢者住宅新聞連載 村田裕之の「シニアビジネス相談室」第40回

ある百貨店売場での光景

マーケッターの心得とは何か?

以前、異なる世代特有の嗜好性と消費行動との関係を説明しました。その際に重要なのは「世代原体験」が消費行動に影響を及ぼすことです。

これは、ターゲット顧客の世代が幼少期からおおよそ20歳頃までに共通に体験する文化の体験です。食生活、文学、音楽、映画、漫画、テレビ番組、ファッション、スポーツなどさまざまあります。

20歳頃までの体験が世代原体験になる理由は、脳の器質的な発達時期が20歳頃までであることに関係します。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像