シニア消費の正しい見方

村田裕之Eレター 2012年3月21日 Vol.30

こんにちは、村田裕之です。

 

都内では桜のつぼみが膨らんできて

春もすぐそこという感じになってきましたね。

 

さて、今回は「間違いだらけのシニア消費の見方」

についてです。

 

これは、先日の日経MJフォーラムでもお話ししたのですが、

シニア消費の見方に勘違いがある企業が多いことを感じます。

 

シニアの消費力が再び脚光を浴びている理由は、

団塊世代の最年長者である1947年生まれが今年65歳に到達し、

大量の退職者による新たな市場が生まれるとの

期待が大きいからです。

 

確かに高齢者人口は今後も増え続けると予測されています。

また、世帯主の年齢別の正味金融資産(貯蓄-負債)を見ると、

60代以上が全世代のなかで最も大きい。

 

さらに、世帯主の年齢別持家率でも60代以上では

9割以上であり全世代のなかで最も大きい。

 

このような背景から、昨年後半から今年にかけて

多くの企業においてもシニア層への

シフトが鮮明になっています。

 

2007年問題として騒がれた5年前と同様、

購買力に劣る若年層よりも消費力があると

思われているためです。

 

ところが、年間所得を見ると、

高齢者世帯の平均値は307.9万円であり、

全世帯の平均値549.6万円に比べてかなり少ない。

 

しかも、平均値以下の世帯が全体の6割です。

つまり、所得フローの面では60代以上は

決して多いとは言えないのです。

 

→続きを読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/1812/

 

*ブラウザのバージョンが古いと見られない場合があります。

インターネットエクスプローラの場合、IE7以上をご使用ください。

-----------------------------------

◆お知らせ

 

■新ヘルスケア・サービス産業創出懇談会の委員に就任しました

 

昨年私が委員として参加していた中部経済産業局主催の

「新ヘルスケア産業創出懇談会」では、

平成23年9月に中間とりまとめを公表して注目を集めました。

 

中部経済産業局では、この大きな方向性を受け、

新サービス分野をより深掘りし、新ヘルスケア・サービス産業群創出

に向けた具体的方策の検討を目的に

「新ヘルスケア・サービス産業創出懇談会」を設置し、

平成24年3月27日(火)に第1回懇談会を開催することになりました。

 

昨年に引き続き、私も委員として参加することになりました。

今度の懇談会では、前回よりも民間企業の経営者の方が多いので、

構想の実現に向けた具体的な話が深まることを期待しています。

 

詳細を読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/talk/committee/1805/

 

■アジアの高齢者市場どう攻略~日本の商品開発の経験を生かす(講演録抜粋)

日経消費ウォッチャー 20123月号

 

さる2012年1月16日に日経東京本社で開催された

日経消費経済セミナーの講演録(抜粋)が掲載されました。

 

アジアは非常に広範囲で、日本以上に複雑で多様です。

やみくもに進むと落とし穴が多いのです。

 

高齢者市場の規模をつかむには、

高齢化率(人口に占める65歳以上の割合)、高齢者の絶対数、

ニーズの有無、所得を考慮する必要があります。

 

また、平均所得だけでなく、

所得格差も考える必要があります。

 

詳細を読む

http://bb.hiroyukimurata.jp/media/1799/

 

 

では、また次回まで、お元気でお過ごしください。

 

村田裕之

 

--------------------------

* 村田裕之の学べるブログ http://bb.hiroyukimurata.jp/

ほぼ毎日更新?シニアビジネスと高齢化問題のナレッジベース。

 

* 村田裕之フェイスブック http://www.facebook.com/murata.hiro

ブログでは伝えきれない日々の活動をお伝えしています。

 

* 村田アソシエイツ http://muratainc.com/

団塊・シニアビジネスの基本はこちらで。

 

* 村田裕之オフィシャルサイト http://hiroyukimurata.jp/

村田のこれまでの情報発信が掲載されています。

--------------------------

このEレターは、私がご縁をいただいた方と

受取申し込みをいただいた方にお送りしています。

 

このEレターへのご意見・ご質問はこちらへどうぞ。

mailto:eletter@hiroyukimurata.jp

 

Eレター受取の申し込み、受取の停止、受取先の変更は、

次の画面でお申込みください。

http://hiroyukimurata.jp/review/form.html

 

このEレターはご自由に転送ください。

ただし、転載の場合は事前にご連絡ください。

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像