シニア時代に求められるテレビ、メディアとは

22420:0021:00テレビ朝日CSCh2)津田大介 日本にプラス

tudadaisuke番組テーマは「シニア時代に求められるテレビ、メディアとは」。高齢化率が25%を超え、シニアシフトが進む超高齢社会・日本において、テレビにはこれからどんなコンテンツが求められるのかメディアはその役割がどう変化するのか

 

「シニアとネットの親和性」「テレビはどこまで強いか」「シニアが求めるテレビ番組」などを、独自の観点でお話しします。

 

「津田大介 日本にプラス」は、“ソーシャル・メディアのカリスマ”津田大介さんがメインキャスターを務めるテレビ朝日制作の報道番組。政治・社会・経済・カルチャーから「日本にプラス」になる提案を行う中身の濃い番組です。

 

nihonplus津田さんと初めてお会いしたのは昨年115日に開催された民間放送連盟全国大会のシンポジウム2020年、テレビは生き残れるか?」というタイトルのパネルディスカッションに私がパネリスト、津田さんがモデレーターとして参加しました。

 

このパネルは、関係者限りのクローズドのものでしたが、津田さんのリズム感あるモデレーションのおかげで非常に刺激的な内容でした。実はこれがきっかけで今回番組に出演させていただくことになりました。

 

seminar番組の冒頭に、企業や大学での私の活動風景やシニアビジネスに対する考え方を語る場面など、これまで放送されたことのないシーン沢山出てきます。

 

その後はキャスターの津田さんとアナウンサーの下平さやかさんからの投げかけに応える形での討論。シニア市場を的確に把握するためのデータも多数交えて、のべ1時間語り合う密度の濃い番組です。

 

シニアビジネスに関心のある方はもちろん、シニアシフト時代のテレビ番組のあり方、テレビを含めたメディアの方向について関心の高い方にとって、興味深いインサイトが得られると思います。

 

 

津田大介 日本にプラスのホームページ

 

番組の視聴方法

 

シニアシフトの衝撃

あわせて読みたい関連記事


タグ


このページの先頭へ

イメージ画像