エイジング・ビジネス:高齢社会への新しい解決策

2011年6月7日 AARP Prime Time Radio インタビュー(音声)

aarpradio_110607世界最大の高齢者NPO、AARPが運営するPrime Time Radioでのインタビュー(英語)が公開されました。「Business of Aging: New solutions for an aging society」と題したインタビュー内容は、3月11日に起きた東日本大震災の高齢者への影響、日本の社会保障制度、高齢者向け商品開発の動向など多岐に渡っています。

アメリカの高齢者政策に大きな影響力をもつAARPが、日本の高齢者政策やビジネス動向に大きな関心を持っていることを改めて痛感したインタビューでした。

Prime Time Radioは会員を中心に50万人の聴取者がいる人気番組とのことです。
インタビュー内容は
こちらからお聴きになれます(英語)

なお、以下はAARPのサイトに掲載されている説明です。

The Business of Aging
New solutions for an aging society
by: Mike Cuthbert | from: Prime Time Radio | 06/07/11

Hiroyuki Murata, Professor of Smart Ageing International Research Center at Tohoku University in Japan, speaks with Mike Cuthbert about the problems aging societies face. As a pioneer of “active aging” in Japan, Murata believes one solution to building a stronger social security system is to create profitable businesses that are not only useful to those over 65, but would also generate revenue to support social security.

あわせて読みたい関連記事


タグ


このページの先頭へ

イメージ画像