その減塩食 高血圧に効く?効果あり2割、遺伝子が決める

2020年2月21日 日経MJ連載 なるほどスマート・エイジング

高血圧には減塩食が常識となっていますが・・・

日経MJ シニアBIZ「なるほどスマート・エイジング」連載11回のテーマは「その減塩食 高血圧に効く?」

高齢者住宅などでは、高血圧だとすぐに減塩食を食べさせられます。しかし、減塩食を食べたからと言って、必ずしも血圧が下がるとは限りません。

減塩食が血圧低減に効くかは遺伝子で決まるためです。その最新事情を解説しました。
――――――――――
高血圧は心血管病の最大の危険因子で、高血圧に起因する死亡者数は年間約10万人と推定される。

こうした背景の下、高血圧で悩む高齢者を対象にした「減塩食」が花盛りだ。減塩気配り御膳、減塩レシピ、減塩配達食など、様々な減塩食が世に出ている。

しかし、実際食べてみると、残念ながら比較的高価な割に「まずい」ものがほとんどだ。実はこうしたまずい減塩食に対する文句は、老人ホームでのクレームの筆頭でもある。

塩分少なめでも美味しく食べられる方法は、焦がし醤油や焼いたベーコンの「香り」を添加する、おしゃれな器で「見た目」の美しい盛り付けをするなど、本連載で触れた通りである。問題はそれをコストの制約の中でいかに実現するかだ。

だが、問題の本質は、そもそも減塩食が本当に高齢者の高血圧対策になっているのかという点だ。

高血圧症の90%以上は、明確な原因が特定できない「本態性高血圧症」と呼ばれるものだ。これは塩分だけでなく、多くの因子が絡み合って発症する「多因子疾患」と考えられている。

この症状の人は「食塩感受性」と「食塩非感受性」の二つのグループに分けられる。食塩感受性の人は食塩の摂取で血圧が上昇しやすく、減塩で速やかに血圧が下がる。

一方、食塩非感受性の人は食塩を多く取っても血圧上昇は軽度だ。ということは、減塩してもほとんど反応しないのだ。

近年の研究で、この食塩感受性は特定の遺伝子で規定されることがわかってきた。実は食塩感受性の遺伝子を持つ人は日本人全体の二割程度と言われている。

ということは、減塩食を食べても高血圧症の改善が期待できない人がかなり多いことになる。

ゲノム医療の最先端研究拠点である東北大学東北メディカル・メガバンク機構の山本雅之教授によれば、採血による遺伝子診断で食塩感受性の有無は容易に鑑別され、個々の症例に応じた、より的確な治療・予防が近いうちに可能になるという。

例えば、ある人が食塩感受性遺伝子を持つことがわかれば、1日5グラム以下といった食塩摂取制限により高血圧の発症を予防できる。

一方、この遺伝子を持たないことがわかれば、たとえ高血圧症でも、食塩制限はあまり必要でないと判断される。そうなれば、冒頭の「まずい」減塩食を食べる必然性はなくなるのだ。

もちろん、この場合、減塩食以外の別の高血圧症対策が必要なことは言うまでもない。言いたいことは、高血圧症だからと一律に減塩食を強制的に食べさせられている高齢者が、最新の科学的なエビデンスに基づけば、食べたいものを食べられる自由度が上がることだ。

ゲノム医療の重要ターゲットは、本態性高血圧症のような多因子疾患のリスク予測になってきている。この理由は多遺伝子のリスクスコアに関する研究が近年大きく進展し、多因子疾患の発症リスク予測が比較的容易に実施できるようになりつつあるためだ。

「高血圧には減塩食」という常識が、実は常識でなくなる時代はすぐそこに来ている。実は今回のテーマは、筆者が担当している東北大学スマート・エイジング・カレッジ(SAC)東京の先月の月例会での話題だ。

SAC東京では、こうした最先端の生命科学研究動向とそれに関連するビジネスヒントを提供している。

東北大学スマート・エイジング・カレッジ(SAC)東京第6期参加お問合せ

スマート・エイジング 人生100年時代を生き抜く10の秘訣

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像