「寝る・食べる・動く・話す」親の認知症を予防する6つの習慣

リクルートライフスタイル ここカラダ 親のために今できること

kokokaradaリクルートライフスタイルが運営する「人間ドックのここカラダ」というサイトの特集「自分らしく生きるために知っておきたい認知症のこと」「親のために今できること」のコーナーに私へのインタビューをもとにした記事が掲載されました。

毎日の生活の中で「子どもがサポートできる 脳を元気にする生活習慣6つ」として、次を挙げて解説しています。

1. 毎日親と話をする
2. 音読をすすめる
3. 料理をリクエストする
4. テレビは1日3時間までにする
5. 父親に役割を与える
6. 母親は化粧して人前に出す

これらの作業は遠く離れて別居していると、なかなか難しいのですが、会った時に一通り実践しておけば、後は電話を使ってフォローすることは可能です。特に1は週に1、2回電話すれば可能です。

3は実家に帰省した時など、できるだけ「あれが食べたい、これが食べたい」とリクエストすれば、親はわが子のために惜しまず作業してくれるでしょう。

4から6は連動しています。テレビを長時間見るのは、テレビを見る以外にやることがないからです。講演会、セミナー、趣味のサークルなど外出機会の情報をどんどん提供しましょう。

親が70歳を過ぎたら読む本
リクルートライフスタイル「人間ドックのここカラダ」のサイト

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像