親が70歳になったら“もしも”に備える

3月8日 朝日新聞 高齢者と住まい 第51回

朝日新聞のロングラン特集「高齢者と住まい」第51回にインタビュー記事が掲載されました。

この特集は、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅など、シニアの住まいに関する知識を読者に提供するものです。担当の方が拙著「親が70歳を過ぎたら読む本」を読まれたのがきっかけで、今回のインタビューが実現しました。

内容は拙著の内容にほぼ準拠していますが、1)介護が必要になる前に、本人とそのご家族が準備しておくべきこと、2)老後の住まいにはどのような選択肢があるか、3)施設を選ぶ際に見ておきたいポイント、などの観点で整理されています。

見学するときの大切なポイントは、施設長やホーム長など、施設やホームの責任者に話を聞くことです。「重度の認知症になった場合、付き添いなしの外出は許可しますか」など、具体的な質問をしてみます。すると、そのホームの方針や理念がわかります。

また、老人ホームの質を評価するうえで確認したいのが入居率です。入居率とは、そのホームの定員に対して何人入居しているかの割合のこと。入居率が安定して高いホームは、評価も高いと考えていいでしょう。

老人ホームは一種のコミュニティです。見学というと、館内の設備やインテリアなど、ハードの部分に目が向かいがちですが、肝心なのはソフトです。ホームの雰囲気やスタッフの接し方、入居者の表情なども見ておきましょう。

なお、紙面最後に読者からの質問に答えるコーナーがあり、一般の方の疑問に答えています。また、読者アンケートに答えると、抽選で拙著「親が70歳を過ぎたら読む本」がプレゼントされます。

親が70歳を過ぎたら読む本
朝日新聞

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像