「まだ先」ではなく「元気なうち」に検討する

5月18日 朝日新聞 高齢者と住まい 第52回

朝日新聞のロングラン「高齢者と住まい」に前回に続きインタビュー記事が掲載されました。

この特集は、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅など、シニアの住まいに関する知識を読者に提供するものです。担当の方が拙著「親が70歳を過ぎたら読む本」を読まれたのがきっかけで、今回のインタビューが実現しました。

先日、板橋区のある特養(特別養護老人ホーム)に行く機会がありました。一番印象的だったのが、施設のなかでよくある「臭い」が全くしなかったことです。これは当たり前のようですが、実は高齢者施設では結構難しいこと。こういう点も施設評価のポイントとなります。

そして、施設のスタッフの皆さんが和気あいあいで、仲良く働いていること。上述の施設の環境がよい根本はスタッフの皆さんの質が高いからです。

今回の記事は主に有料老人ホームのことをお話ししていますが、拙著「親が70歳を過ぎたら読む本」には、介護施設を選ぶ際のポイントもかなり詳しく書いています。

親が70歳を過ぎたら読む本
朝日新聞

あわせて読みたい関連記事


タグ


このページの先頭へ

イメージ画像