「人生100年時代」に向け、自分の「好き」を見つけて「自分軸」で生きていこう

KUMON now! スペシャルインタビュー

KUMON Nowのインタビューで

公文教育研究会の人気サイトKUMON now! スペシャルインタビュー記事前半が掲載されました。一昨日公開されましたが、アクセスランキング2位につけているようです(笑)。

スペシャルインタビューは「これからの未来を担う子どもたちのためのメッセージを」が趣旨。このようなインタビューを時々受けますが、やはり子供たちのためのメッセージと言われると自然と力が入ってしまいます。

このサイトの主な読者は、公文式教室に通う約80万の生徒とその保護者、1千万人以上いらっしゃるOB・OG、一般の方だそうです。

先日、横浜で人気の野村萬斎さんの狂言を初めて観ましたが、野村さん一家も公文式のOBだそうで、CMのキャラクターになっていますね。

今回公開の前半の主な項目は次の通りです。

1. 「加齢」は人の発達プロセス それに賢く対応する「スマート・エイジング」を提唱
(1) スマート・エイジングとはどのような考え方か?
(2) 村田アソシエイツでは何をやっているのか?

2. グローバル企業と堅実な日本企業、2つの顔をもつKUMON
(1) 日本初の対認知症療法「学習療法」をどのようにアメリカに持っていったのか?
(2) 挫折しかけた海外輸出を継続できた理由は何か?
(3) KUMONという会社の独自性とは?

3. 子どもの頃から「新しいこと」「人がやらないこと」が好き
(1) 学習療法の海外輸出につながる自分の生い立ち
(2) なぜ、英語を身に着けたいと思ったのか?
(3) 新渡戸稲造からどのような影響を受けたのか?
(4) 学生時代に何をやって、何を学んだのか?

詳細はKUMON now!のサイトをお読み下さい。

KUMON now! スペシャルインタビュー

スマート・エイジング 人生100年時代を生き抜く10の秘訣

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像