G.G世代という呼び方の違和感

スマートシニア・ビジネスレビュー 201365Vol.194

title-gg531日放送のTBSテレビ「ひるおび」では、

イオングループが注力している「グランド・ジェネレーション」が題材として取り上げられていました。

 

ただし、この「グランド・ジェネレーション」を

G.G世代」と呼んでいることに違和感があります。

 

番組でも「G.Gって“ジジイ”みたい」との声が

多くの人たちから挙がっていました。

 

この意味でも違和感はあるのですが、

私が感じるのは単純に

言語の「文法」としての違和感です。

 

G.GとはGrand Generationの略であり、

Generationは世代と言う意味です。

 

したがって、G.G世代」と呼ぶと、

「グランド・世代・世代」となり

馬から落ちて落馬する、と同様の

重言になってしまうのです。

 

グランド=Grandには「最上級」という意味があり、

これを強調するのであれば、「G.G世代」でなく、

「グランド世代」と呼ぶのが妥当でしょう。

 

あるいは、以前流行った

「ジェネレーションX」「ジェネレーションY」にならって、

「ジェネレーションGと呼ぶのもありでしょう。

 

ただし、これだと「グランド」の

意味が薄れるデメリットがあります。

 

せっかく「グランド」という良い意味を訴求するのであれば、

G.G世代」といった表現は改善するべきでしょう。

 

一方、別の観点で「G.G世代」について言えば、

ある特定の年齢層を「○○世代」と区切る場合は、

注意が必要だということです。

 

その理由は、「○○世代」には、

必ず「世代原体験」とも呼ぶ

当該年齢層に共通の文化体験を持っているからです。

 

例えば、「団塊世代」であれば、カレッジフォークや

グループサウンズなどのアメリカ文化体験が該当します。

 

また、団塊世代より上の「焼け跡世代」

193511日から19461231日生、

現在67歳~78歳)では、学童疎開や国民学校、

闇市といった文化体験がほぼ共通にあります。

 

世代原体験はおおむね20歳頃までの文化体験であり、

世代特有の嗜好性に基づく消費行動の多くは、

こうした世代原体験に影響を受けています。

 

翻って、G.G世代」には、

どのような世代原体験があるのでしょうか?

あいにく私にはそれがよく見えてきません。

 

 

世代特有の嗜好性をいかにして消費につなげるか?

 

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像