「団塊バブル」がやってきた 経済新潮流レポート

SAPIO 20142月号

SAPIO_2014年2月号_表紙今日発売の小学館の月刊誌SAPIO2月号『元気でわがままな肉食世代「団塊バブル」がやってきた』と題した記事に私のコメントが多数掲載されました。

 

ただし、いつもながら、こうした記事のタイトルは編集者がつけるもので、私の考えではありません。

 

10年以上前から一貫して主張している通り、シニア市場の本質は「多様なミクロ市場の集合体」です。

 

したがって、元気でわがままな人もいれば、そうでない人もいます。また、「団塊バブル」という表現も使われていますが、今起きているシニアビジネスの動きと80年代後半のバブル景気とはその中身が大きく異なります。

 

このことを念頭に置いていただきながら記事を読めば、多種多様な商品・サービスが試行錯誤を繰り返しながら、増加していることがよくわかります。特集記事に登場する企業・サービス名は、次の通りです。

 

・熱海ニューフジヤホテルのダンスホール

・女性専用フィットネス「カーブス」

・コナミスポーツ60歳以上向け運動教室「OYZ(オイズ)」

・第一興商DKエルダーシステム

・カプコン ゲームセンター

・ヤマハ大人の音楽レッスン

・イオン葛西店 GGモール

・積水ハウス サービス付き高齢者向け住宅「セレブリオ」

・スマートコミュニティ稲毛

・アーバンフューネスコーポレーション 葬儀サービス

・朝から営業するキャバクラ、ソープランド

・「60歳未満お断わり」シニア専用デリヘル


SAPIO_2014年2月号_3‐1こうして見ると、拙著「シニアシフトの衝撃」をかなり参考にされていることがわかります。また、最後の二つは、いかにも
SAPIOらしい選択ですね。

 

一つ目の、朝から営業する風俗店について。最近は大手スーパーでも朝7時から開店していますが、シニアの早起き傾向や朝から活動したがる特徴をつかんだものです。風俗店もこれと同じ理由ですね。

 

二つ目のデリヘルについて。以前、「50歳未満お断わり」と銘打ったネットコミュニティがありましたが、これは「60歳未満お断わり」。フーン、すでにこんなのがあるんですね。

 

なぜ、こんな「年齢制限」をつけたのか。店長曰く『「中高年男性の中には「もう女の子に相手にしてもらえないのでは?」「年寄りが行ってもいいのか?」と悩む人も多いそうです。そうした気後れを解消したいと思った」とのこと。ちなみに、90代の客もいるそうです。

 

シニアシフトの時代には、こうした新たな「顧客セグメントの絞り込み」によって商品が高付加価値化することがわかります。ちなみに、この記事の部分では私のコメントはありませんので誤解のないように!

 

参考文献:シニアシフトの衝撃

 

SAPIOのサイト

 

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像