BS11「本格報道INsideOUT」にシニアビジネスの解説で生出演します

201422621:00より BS11生放送

INsideOUT22621:00から放送のBS11「本格報道INsideOUT」にシニアビジネスの解説でコメンテーターとして生出演することになりました。

 

本格報道INsideOUTは、視聴者がいまもっとも関心のある社会時事問題について、その当事者をスタジオに招き、徹底的に深層・真実を解説する番組です。

 

今回の番組では、「新ビジネス!高齢化にこんな商品」と題して、高齢化が幅広く進展している現実、新たに登場しているシニア向け商品の動向、そして商売の方法も高齢化に合わせ始めている動向について、いくつかの事例が紹介され、それに対して解説・コメントするというスタイルです。

 

シニアビジネスの基本は3K(健康・経済・孤独)不安の解消」であることはこれまで何度もお話ししてきました。今回放送予定の事例で面白いものの一つは、カラオケ最大手のコシダカが開発した「カラオケ健康歌体操」です。

 

「カラオケ健康歌体操」とは、カラオケの曲に合わせて歌を歌いながら、同時に曲調

に合わせた 15 の健康増進動作を体操形式で実施するものです。

 

健康歌体操風景「カラオケ健康歌体操」は、運動学分野の第一人者である東北大学医学部の永富良一教授の監修により、昨年 9 月より、運営する複数の温浴施設への実際の来場顧客 274 人を対象に、プログラムの健康増進効果の科学的検証を行った結果、将来の要介護リスクの低減とメンタルヘルスの改善に効果があることがわかっています。

 

一般的に、温浴施設の利用者はシニア層が多く、また、健康志向が強い方が多いこともわかっています。「カラオケ健康歌体操」は、こうした健康志向の強い利用者の増加に対応し、従来の「歌を歌うだけのカラオケ」から「楽しみながらの健康増進と介護予防に役立つカラオケ」を目指したものなのです。

 

 

コシダカのプレスリリースへ

 

また、シニアシフトで注目を浴びているイオン葛西店が取り上げられ、なぜ「モノ消費」から「コト消費」へ重点が変わってきたのか、などについて、私がお話しする予定です。

 

最後に今後注目されるシニア向け商品もいくつかご紹介される予定です。生放送なので、終わるまでどうなるかわからない?面もありますが、1時間弱でバラエティではない番組のため、シニアビジネスに関心のある方には有益な情報となると思います。

 

 

シニアシフトの衝撃

 

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像