シニアビジネスを通じたフランスとの真の互恵関係

フランス国営ラジオ France Inter

 

image001先月末、フランスが国を挙げて推進するシルバーエコノミーLa « Silver Economie »のミッションでフランス企業が来日した際、フランス国営ラジオ局France Interにインタビューされた内容が放送されました。

 

私のインタビューは735秒頃からです。私は日本語で話したので、日本語とフランス語とが同時に話されます。次のリンクからお聴きください。

ラジオインタビューを聴く


多くの日本人、とりわけ福祉業界の方は、欧州は日本より先進国だと思っている方が多いです。確かにスウェーデン、フィンランド、デンマーク、オランダなどの福祉分野が日本よりも進んでいます。しかし、忘れてはいけないのは、これらの高福祉国家は同時に高税金国家でもあることです。

 

そして、何よりも政府・行政が高い透明性をもって、国民の税金を無駄遣いしないという仕組みと習慣が根付いています。日本国民が消費税増税にネガティブな大きな理由は、政府が税金を無駄遣いするのではないかという不信感が強いためと思います。

 

一方、税金に依存しない民間分野のシニアビジネスでは、実は日本の方がはるかに活発です。高齢化率で見ると、世界一の日本の次はイタリア、ドイツです。しかし、私が知る限り、この二か国で民間企業によるシニアビジネスが盛んだという話を聞いたことがありません。

 

フランスもつい最近までまったく蚊帳の外でした。その国がついに目覚めたのです。逆にそのフランスは少子化対策の面では、スウェーデンと並び先進国のなかの成功者として有名で、見事に出生率を2以上に戻すことに成功しています。

 

周回遅れのランナーの強みは先を走る人の様子がすべてわかることです。フランスという国の潜在力を侮ってはいけません。

 

シニアビジネスで先行する日本はフランスとよき協働関係を構築することで、彼らにシニアビジネスのノウハウを提供しつつ、彼らから少子化対策を学ぶことができます。

 

これこそが掛け声だけでない実のある戦略的互恵関係の作り方ではないでしょうか。

 

 

France Interのサイトをみる

 

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像