間違いだらけの親孝行ビジネス

週刊ダイヤモンド 2011年3月5日 号  特集 今、親のためにしたいこと

title_wdiamond_110228週刊ダイヤモンド特集「今、親のためにしたいこと」に村田のコメントが掲載されました。親孝行がブームになるというのは、何か世の中がおかしい気がしますが、それが今の現実なのでしょう。こうした動きは、必ず商品を売りたい側の企みが背景にあるので、安易にそれに乗せられないように注意すべきです。

wdiamond_110228「作り手側の勝手な思い込みで開発された商品があまりに多い。お仕着せのサービスではなく、『会いに来てほしい』『声が聞きたい』など親の要求を満たすようなサービスを起点に、ビジネスにつなげるべき」と、数々のシニア事業開発に携わった村田アソシエイツの村田裕之代表は言う。

単なるモノだけでも子どもからのプレゼントなら親は喜んでくれるだろうが、そこにひとこと言葉が添えられたり、音声が吹き込めるとしたら、親はより喜んでくれるだろう。子どもにとっても面と向かって親に気持ちを表現するのは照れくさいが、それをうまく伝えられるものならニーズが大きい。とにかく、親子のコミュニケーションを促進するものでなければ意味がない。間違った親孝行の押し付けに陥らないよう注意が必要だ。

(本文より抜粋)

あわせて読みたい関連記事


タグ


このページの先頭へ

イメージ画像