学習療法がTOKYO MXで取り上げられます!

2019年2月27日朝7:30頃  TOKYO MX「モーニングCROSS」

明日2月27日朝7:30頃からTOKYO MXのニュース番組「モーニングCROSS」で対認知症療法「学習療法」が取り上げられます。

昨日、「学習療法」のアメリカでの導入ドキュメンタリー「僕がジョンと呼ばれるまで」が2015年のアカデミー賞にエントリーされたというお話を書いたところ、モーニングCROSSのコメンテーターでForbes Japan副編集長の谷本有香さんから連絡を頂き、ご紹介頂くことになったのです。

学習療法については、これまで私の著書でも何度もご紹介してきましたし、過去多くのメディアでご紹介いただきました。最近は認知症に対する世の中の見方がかなり変わり、多くの人にとっての共通の関心事になりました。

しかし、学習療法が東北大学公文教育研究会との産学連携で研究が始まった2001年頃は、認知症は「痴呆」と呼ばれ、一度発症したら悪化するのみで、認知機能が改善するなど考えられなかった時代です。

そんな時代に薬も使わず、2対1でコミュニケーションをとりながら、音読、手書き、簡単な計算を素早く解くという作業で認知機能が改善するというプログラムは、革命的でした。

ぜひ、明日のモーニングCROSSをご覧ください。

モーニングCROSSのサイト

また、学習療法にまつわる話は、新著「スマート・エイジング 人生100年時代を生き抜く10の秘訣」「秘訣その3 脳トレをする」「秘訣その9 他人(ひと)の役に立つことをする」に詳細を述べていますので、ぜひご一読下さい。

本書をAmazonで購入する

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像