中部経産局 ヘルスケア産業創出へ

2012年3月28日 中部経済新聞

中部経済新聞_120328_2中部経済産業局(紀村秀俊局長)は27日、名古屋市内のホテルで「新ヘルスケア・サービス産業創出懇談会」の第1回会合を開催し、同分野についての取り組み事例を紹介しながら、産業創出の方向性を探った。

 

懇談会は、津下一代あいち健康の森健康科学総合センター長を座長に、ヘルスケア関連に実績のある産官学の委員9人が出席して意見交換を行い、合計3回の会合の中で、新産業の具体案を煮詰めて行く。

 

初めに紀村局長が「この分野は、雇用創出や少子高齢化という国内課題の解決にも貢献でき、海外展開も可能な分野。具体策として何をすべきか、中身を詰めたい」と述べ、会合の成果に期待を寄せた。

 

事例として、東北大学特任教授で村田アソシエイツ代表の村田裕之氏が「高齢化に伴うシニア消費の実態とビジネスチャンス創出の視点」と題し、綿密なマーケット分析を行ったほか、下呂温泉観光協会副会長の瀧康洋氏が取り組み事例を紹介した。

 

同局ではサービス産業のほか、新ヘルスケアの「ものづくり」についての懇談会も立ち上げる予定で、一体的な新産業創出に力を入れる。

 

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像