移民は少子高齢化対策の切り札になるか?

3107:35より九州朝日放送ラジオ 武内裕之ザッツ・オン・タイム

kbc高齢化と並んで日本の抱える課題の一つに少子化があります。時々このテーマを欧米で議論することがあります。

 

よく聞かれる意見に「日本は移民をほとんど受け入れないために少子化が進んでいる。日本は移民をもっと受け入れよ」というのがあります。特に世界中からの移民で構成されているアメリカ人の多くは、こうした意見を口にします。

 

しかし、移民を多く受け入れたら少子化は本当に解決するのでしょうか?私は大変疑問です。

 

たとえば、シンガポールという国は、華僑が7割、マレー人が2割、インド人が1割の移民の国です。華僑はもともと中国大陸からの移民であり、マレー人はマレーシアから、インド人はインドからの移民です。これらが350万人いるのに加えて、外国人が150万人住んでいる移民と外国人の国です。

 

ところが、シンガポールの出生率は、2011年で1.2。何と少子化国家と呼ばれる日本よりもさらに低いのです。シンガポールの例を見ると、移民を多く受け入れたら少子化が解決するという考え方に疑問を持たざるを得ません。

 

3107:35より九州朝日放送ラジオで放送の「武内裕之ザッツ・オン・タイム」では、こうした話も含めて、アジアで進むシニアシフトにまつわるお話をします。ご興味のある方は、九州朝日放送KBCラジオをお聞きください。

 

 

番組の聴き方は、次の通りです。

 

AMラジオでは:福岡1413kHz、北九州720kHz にチューニングしてください。

 

インターネットでは:http://radiko.jp/#KBC をクリックしてください。

 

パソコンから音が出てきます。

ただし、あいにく九州地区以外の方は聴けないようです。

 

お聴きいただいた方は、感想をお寄せいただけると嬉しいです。

 

 

武内裕之That’s On Time

KBCラジオ

シニアシフトの衝撃

あわせて読みたい関連記事


タグ


このページの先頭へ

イメージ画像