NeUの「ニューロフィードバック型脳トレ」がファイナリストに選出!

7th Asia Pacific Eldercare Innovation Awards

アジア太平洋高齢者ケア革新アワード(7th Asia Pacific Eldercare Innovation Awards)のファイナリストが発表され、株式会社NeU(ニュー)の「ニューロフィードバック型脳トレ」がINNOVATION OF THE YEAR – DEMENTIA SOLUTION(イノベーションオブザイヤー 認知症関連ソリューション分野)のファイナリストに選出されました。

今回の選出での注目点は二つあります。一つが、認知症の介護ではなく、「予防」を目的とした「脳トレ」ソリューションだという点。もう一つが、「ニューロフィードバック」を応用した世界初の脳トレだという点です。

従来、このアワードは「Eldercare Innovation Awards」という名の通り、介護が必要な高齢者向けの事例がほとんどでした。しかし、今回のNeU製品は、まだ介護が不要で元気な中高年の方の認知機能向上を目的にしています。これはアジア諸国においても、「治療」から「予防」への関心が高まっていることの表れと言えます。

ファイナリストは、5月14日にシンガポールの著名ホテルMarina Bay Sandsで審査員に対するプレゼンテーションを行って頂きます。審査結果は5月16日同ホテルでの受賞式で発表されます。

7th Asia Pacific Eldercare Innovation Awardsのサイト

なお、NeUの「ニューロフィードバック型脳トレ」の原理や従来型に比べたメリットは、新著「スマート・エイジング 人生100年時代を生き抜く10の秘訣」の「秘訣その3 脳トレをする」で詳しく述べています。

本書をAmazonで購入する

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像