日本企業10社がファイナリストに選ばれました!

第5回Eldercare Innovation Awards

昨年からご案内の第5回Eldercare Innovation Awards(エルダーケア・イノベーション・アワード)選考の結果、次の日本企業10社がファイナリストに選ばれました。(社名ABC順)

1. Aoi Care Co., Ltd. あおいケア
BEST DEMENTIA CARE PHILOSOPHY

2. Carestudy Inc ケアスタディ
BEST PRODUCT TO SUPPORT AGEING-IN-PLACE
BEST SILVER ARCHITECTURE

3. Capital Medica Co. Ltd. キャピタルメディカ
FACILITY OF THE YEAR – RESIDENTIAL AGED CARE

4. Food Care Co., Ltd. フードケア
BEST PRODUCT TO SUPPORT AGEING-IN-PLACE

5. Kaikaya Ltd. かいかや
BEST DAY CARE PROGRAMME

6. Maihama Club Nursing Homes 舞浜倶楽部
FACILITY OF THE YEAR – AGEING-IN-PLACE

7. ORIX Living Corporation オリックスリビング
INNOVATION OF THE YEAR – SERVICE IMPLEMENTATION

8. Sekine Orthopaedics Sakuragaoka Clinic せきね整形外科桜が丘クリニック
BEST REHABILITATION OPERATOR

9. Silverwood Co., Ltd. シルバーウッド
BEST SMART CARE TECHNOLOGY – SERVICE

10. Yushoukai Medical Corporation 医療社団法人 悠翔会
BEST GERIATRIC HEALTHCARE OPERATOR
BEST IMPROVEMENT IN HEALTH OUTCOMES

一方で、今回選ばれたファイナリスト企業で目立つのは、オーストラリアの企業です。

オーストラリアは伝統的に日本の介護事業者も学ぶことの多い国でした。国民の生活水準も介護リテラシーも日本に近く、日本企業の一番のライバルはオーストラリア企業のようです。

そもそもオーストラリアはアジアなのか?という疑問もありますが、日本がアジアで一番進んでいる、と自惚れることなく、謙虚に学び、切磋琢磨する機会にしていただきたいと思います。

ファイナリスト企業は、4月24日に8か国の審査員の前でプレゼンテーションをしていただきます。今年も日本企業が一つでも多くの分野で最優秀賞を獲得できるよう、日本企業の皆さんは準備を怠ることなく、プレゼンに臨んでいただきたいと思います。


第5回Eldercare Innovation Awards 2017 参加者募集!

第5回Eldercare Innovation Awards 2017について(英語)

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像