台湾のシニア市場は日本の2000年頃のよう

台湾Common Health Magazine Vol.226

先週講演したAsia Pacific Summitでは、講演後に50人以上の台湾の方と名刺交換し、お話しました。また、5件のメディア取材を受け、4件の打合せを行いました。

その印象から感じた事は、台湾のシニア市場の状況は、日本の17年前、2000年頃の雰囲気によく似ています。つまり、シニア市場に対する関心が高く、多くの企業が参入しつつあるものの、上手くビジネスにつなげている企業がまだ少数派であることです。

台湾の雑誌編集者は「台湾ではシニアはあまりお金を使いたがらず、シニアビジネスはうまくいかない」とよく言います。実はこうした意見は、シニア市場の黎明期に必ず出る発言です。かつては日本の新聞・雑誌記者も同じことをよく言っていました。

そうした背景のもとで、私へのインタビューを元にした記事が台湾で最も影響力のある健康雑誌「康健Common Health Magazine」に掲載されました。

11月21日にこの雑誌社主催でVision 2025というシニア市場をテーマにしたイベントが開催され、私も講演します。このイベントでの聴衆は企業経営者で、私の講演に関心が高い方が多いとのことです。

歴史は繰り返す・・・シニア市場の立ち上がりと発展もその例外ではありません。17年前から今日まで起こったことを思い出しながら、台湾の高齢化対策のお手伝いをしたいと思います。

 

台湾Common Health Magazineでの私へのインタビュー記事
成功するシニアビジネスの教科書

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像