退職者の情報発信を支援せよ

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011817Vol.160

teinen-sha現役サラリーマンの退職後の大きな変化は「情報が減ること」だ。


特に勤務先経由で当たり前のように与えられていた

種々の情報がばったり途切れる。

わずらわしさが無くなる反面、

これで退職したことを実感する。

 

そこで、退職者にとって重要になるのは、

勤務先以外からの「情報収集策」だ。

 

専業主婦の場合は、かなり以前に退職を経験しているので、

近所づきあいやPTAの集まりなど
地域に人的ネ
ットワークをもっている。

 

また、女性は一般に友人・知人を

情報収集チャネルとして持っていることが多い。

退職後も一緒に旅行に行ったり、

食事をしたりと何かと情報交換機会を持っている。

 

これに対して、通勤族だったサラリーマン男性の場合は、

こうした人脈が不足気味だ。

情報源の中心が新聞や雑誌だけのも少なくない。

 

では、どうするか。

私がお勧めしたいのは、離職するまでに

自分で「情報発信できる仕組み」をつくることだ。

 

なぜなら、情報というのは、

情報発信している人のもとに集まりやすいからだ。


だから、ある情報が欲しければ、

それに「関連する情報」を発信するのが効果的である。

具体的にはネットの活用が有効だ。

ブログを活用して自分のホームページを開設する、

メールマガジンを発行するなどして

自分から情報発信することだ。

 

この際のポイントは、

①読み手が読みたくなる内容にする、

②他では入手しにくい独自の情報を発信する、の二点である。

 

年配者のホームページの特徴は、

自分史や自分が撮った写真を多いことだ。

 

しかし、こうしたページは本人は楽しいかもしれないが、

他人からは継続して見られることはほとんどない。

自己満足なホームページほど

他人にとってつまらないものはないからだ。

 

それよりも、読み手にとって役に立つ内容で

独自性のあるものが好まれる。

 

こういうと「これだけ情報が氾濫しているなかで、

他にない独自の情報発信なんて難しい」と思われるかもしれない。

 

guitarしかし、実はそう難しくないやり方がある。

それは自分自身がこれまで長年やってきた仕事や

好きで何年も取り組んでいる趣味などをテーマにして

ホームページやメールマガジンにすることである。

 

私が言いたいのは、このような自分自身が

興味をもって取り組んでいるテーマこそが

情報発信に最適だということだ。

 

なぜなら、自身の体験にもとづく情報は説得力があり、

読み手に迫力が伝わるからだ。

そして、そのテーマに共感した別の人から連絡が来て

新しい友人関係に発展する可能性も大きいからである。

(これを以前「知縁」=知的好奇心がつくる縁と名付けた)

 

経営者あるいは管理職として

それなりの専門知識を蓄積してきた人にとっては、

こうしたやり方が取り組みやすいはずだ。

 

他人から情報が欲しければ、まず、自分から出す。

退職後の最大の情報収集戦略は「情報発信」なのである。

 

したがって、商品提供者は、

こうした個人の情報発信を支援するツールやサービスを

提供すれば売れるのだ。

 

fbpその例がスマートフォンやフェイスブックだ。

世界中で75千万人が利用しているフェイスブックも

日本ではようやく4百万人を超えたばかりである。

しかし、今年は利用者が急増している。
かくいう私もその一人だ。

 


この新しい仕組みの特徴は、

顔写真つきの実名でのやりとりが原則で、

相手方との交流が「いいね!」という

ボタンのやりとりで簡単にできることだ。

 

従来のホームページでは、

自分の好きな写真を掲載しても、

誰が見ているのかもわからなかった。

 

ところが、フェイスブックでは、気のきいた写真を載せると、

それを見た人からすぐに反応が得られる。

しかも、誰が反応したのかがわかる。

 

コメントも簡単にでき、それがきっかけで対話が起こりやすい。

写真好きな年配者も自己満足にさいなまれずに済む。

 

フェイスブックは時間に余裕のできる退職者にこそ

最適なマイメディアだ。

退職者だけでなく、退職予備軍の方も

今から取り組んでおいて損はない。

 

 

●参考情報

ナレッジ・ネットワーカー - 自分サイズのミニ企業「ナノコーポ」が増えていく

 

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像