意外に知らないシニア消費100兆円の「中身」

スマートシニア・ビジネスレビュー 2012年2月6日 Vol.175

シニア消費100兆円前回、日経新聞の記事を題材に

「シニア消費100兆円の正しい見方」

について説明したところ、多くの反響をいただきました。

 

ところが、2月5日の産経新聞「今年で65歳、完全リタイア シニア市場100兆、団塊商戦再び」という記事が。

 

明らかに先の日経記事の二番煎じですね。

 

企業担当者は、こういう「100兆円市場」だけを強調した

表面的な記事に振り回されないよう、

シニア市場の本質を見極めることが大切です。

 

ということで、今回はシニア消費100兆円が、

何に対していくら消費されているのかについて説明します。

 

次のページの図表2-4をご覧ください。

http://muratainc.com/basics/02.html

 

図表2-4は、総務省統計局「家計調査」をもとに、

世帯主の年齢階級別の世帯あたり月間消費支出を

グラフ化したものです。

 

このうち、世帯主年齢が50代、60代、70代の

世帯あたり月間消費支出を図表2-5に示してあります。

 

50代世帯とシニア世帯(60代以上の世帯)とを比較すると、

費目別の支出金額が異なることがよくわかります。

50代世帯の月間支出平均が299,922円なのに対して、

60代世帯では256,985円、

70代世帯では199,935円と減っています。

 

シニア世帯といっても、60代と70代とで

57,050円も違うんですね。

これだけでも「シニア世帯」をひとくくりにすると

見誤ることがわかります。

 

年代が上がるに連れて

ほとんどの費目で金額が減っています。

 

特に50代では月15,000円かかっていた教育費が、

60代以上ではほぼゼロになっています。

これは子育てが終了したからですね。

 

食費が減っているのは家族の数が減ったことと

食事の量が減ったことが理由でしょう。

 

また、被服・履物費が減っているのは、

家族の数の減少に加えて、本人たちが

あまり買わなくなったためと思われます。

 

一方、金額的にあまり変わっていないのは、

住居費、光熱・水道費、家具・家事用品。

これらは同じ家に住み続けていれば、

年代にあまり影響しないからです。

 

面白いのは、教養・娯楽費もそれほど減っていないこと。

図表2-6の割合で見ると、年代が上がるにしたがって、

教養・娯楽費の割合はむしろ微増しています。

 

自由時間が増えることと、定年退職後には

仕事以外の趣味にお金をかけるからでしょう。

 

他方、金額でも割合でも増えているのは保健医療費です。

50代で3.5%だったのが、70代では6%にまで増えています。

加齢による身体機能の変化で

医療費支出が増える傾向がうかがえます。

 

シニア向けに商品・サービス提供を考えている方は、

こうした年代による違いに加えて、

費目ごとの数値を頭に入れておくと役に立ちます。

 

たとえば、食費で見ると、

60代では一日当たり2,052円の出費となり、

平均世帯人数が2.27なので、904円/日・人となります。

 

同様に70代以上では、一日当たり1,640円の出費となり、

平均世帯人数が1.85なので、886円/日・人となります。

 

こうした数値を知っておくと、店頭で売れそうな

価格帯のイメージも湧きやすくなるでしょう。

 

もちろん、これまでの話は平均値ベースですので、

実際の消費者の支出額と異なることは十分にあり得ます。

 

ただ、100兆円という漠然としたイメージより、

こうした数値をもとにする方が、

はるかに現実感のある商品戦略を構築できることでしょう。

 

 

●参考

ストック・リッチ、フロー・プア - シニア市場100兆円の幻想

あわせて読みたい関連記事


タグ


このページの先頭へ

イメージ画像