消費行動への誤った思い込み

高齢者住宅新聞 介護保険に頼らないシニアビジネス成功の12のヒント 第5回

年齢別ネット利用率の推移世間にはシニア市場に関する俗説がはびこり、それが誤解を増大させ、市場参入の妨げになっている。そこで、シニア層の消費行動についての俗説と正しい見方を解説する。

俗説1:シニア層は他の年齢層よりお金持ちだ

世帯主が60代以上の正味金融資産(貯蓄-負債)の平均値は2,000万円以上であるが、年間所得は50代をピークに減少し、65歳以上の高齢者世帯では、約8割が400万円以下となっている。他の年齢層より「資産」は多いが「所得」は少ないというのが正しい認識だ。このため普段の生活は倹約気味で無駄なものは買わない。だが、いざという時に必要なものは多少高価でも惜しまない。そのためにお金を蓄えているとも言える。

俗説2:シニア層の消費は年齢で決まる

例えば女性は50代になると肌の衰えを最も気にするようになる。60代になると関節痛の割合が増えてくる。美容や体型維持のため、現役で忙しい50代ではサプリメントの摂取を、時間的に余裕ができる60代では運動をする傾向がある。このように身体の変化によって消費行動に差が出てくる。

また、本人のライフステージの変化で消費行動が変わる。男性では退職をきっかけに、「夫婦で旅行」「リフォーム」「投資」などの高額商品が消費されやすい。

さらに家族のライフステージの変化も影響する。夫は退職後、在宅時間が増えるため妻は夫の世話に時間を取られる。すると料理代行の需要が生まれる。小売業が外食と内食の中間である中食(なかしょく)市場に注力しているのはこのためだ。

このようにシニア層の消費は年齢ではなく、シニア層特有の変化で決まると認識すべきだ

俗説3:シニア層はネットをほとんど使わない

年齢別のネット利用率の推移(図)をみると、01年以降50代以上の利用率が大幅に増えているのがわかる。これに伴いネットで情報武装し、情報収集したうえで消費する「スマートシニア」が増えている。シニア層はネットを使わないというのは過去の話だ。

成功するシニアビジネスの教科書

高齢者住宅新聞

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像