65歳以上のスマホ保有率減少 シニア目線で改良必要

日本経済新聞夕刊 2016年1月13日 読み解き現代消費

シニア向けスマホ日本経済新聞夕刊2面の連載コラム「読み解き現代消費」『65歳以上のスマホ保有率減少 シニア目線で改良必要』を寄稿しました。

「読み解き現代消費」は、毎週水曜日、気になる消費トレンドについて、その背景などを読み解くコラムです。私も執筆者の一人に名を連ねており、一か月半に一度のペースで寄稿しています。以下に全文を掲載します。
***********************************************************************
2012年から15年までの総務省「通信利用動向調査」を読むと面白いことに気が付く。15年は、スマートフォン(スマホ)とタブレットの保有率が高齢者の世帯で減少に転じたのだ。スマホが65歳以上の世帯、タブレットが70歳以上の世帯で初めて前年を下回った

数年前の市場予測ではスマホもタブレットも毎年増加が続くとされ、通信事業者やメーカーがシニア向け商品の普及にかなり注力してきたにもかかわらず、減少した理由は何だろうか。

スマホ減少の第一の理由は、視力の衰えだ。高齢者向け宿泊予約サービスのゆこゆこ(東京・中央)の調査(15年10月)では、50歳以上の82%が老眼で45%が目の疲れを感じている。

さらに年齢が上がれば眼精疲労、ドライアイや白内障を患う場合も多い。スマホの小さな画面で文字を読むことや複雑な操作を嫌って利用がおっくうになるのは容易に想像できる

第二の理由は高額な通信料が年金依存の高齢者に負担が大きいことだ。つまり、スマホは利用しづらい上に高価なので利用が減ったのだ。

タブレットは状況が少し異なり、60歳代では増加傾向が続いている。これはスマホの裏返しで、画面が大きいため、文字が見やすく操作しやすいのが評価されているといえる。スマホにはない利用価値が認められているのだろう。

タブレットはWi―Fi環境のある自宅での利用が多いため、通信料はあまり気にならないという面もある。一方、70歳以上で保有率が減少したのは、スマホ同様、必要性が低いと感じる人が多いためと思われる。

高齢化率世界一の日本は、今後要介護高齢者の増加が予想される。要介護になり外出が難しい高齢者にとって、スマホ、タブレットは生活に不可欠な道具となる。通信事業者やメーカーによるさらなる使いやすさの改善・工夫が必要だ。

参考文献:
成功するシニアビジネスの教科書
日経新聞のサイトへ(有料記事)

あわせて読みたい関連記事


タグ


このページの先頭へ

イメージ画像