団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」Kindle版が発売

2016年3月13日 村田裕之の活動

dankai_cover_kindle2かつてダイヤモンド社から上梓した拙著『団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」』Kindle版が3月14日から発売されます。

この拙著は、2006年1月16日、つまり今から10年少し前に出版されたものです。当時としてはかなり斬新な内容でしたが、残念ながら数年後に絶版になってしまいました。

それが10年の歳月を経て、電子書籍の形ながら、再度発売されることになったのは著者として素直に嬉しいです。

率直に言えば、拙著で取り上げている事例のいくつかは、今となっては古いものもあります。しかし、拙著で示した考え方については、現在でも通用するものがほとんどだと思います。

近年シニアビジネスに取り組む企業が増えたため、私のところに多くの方から相談が寄せられます。そのなかで未だに多くの企業で見られるのは、既存事業(プロフィットセンター)が存在するなかで新規事業としてシニア向け事業に取り組む際の「社内の壁」です。

これは、まさに拙著の第7章「新規事業の目的を変えよ」で指摘した「新規事業の壁」そのものです。企業組織の壁と言ってもよいほど根源的な課題です。

それでも新事業を成功させるために、私自身がかつて大企業で新規事業開発で長年悪戦苦闘してきた体験をもとに、その壁を乗り越えるためのヒントを書き記したものです。

加えて、この拙著で最も言いたかったことは、実は「終章 スマートシニアの時代」と「エピローグ シニアビジネスで世界のリーダーになれる日本」に書いてあります。

今でこそ多くの人が「高齢先進国・日本のノウハウを海外に輸出せよ」などと言うようになりましたが、その原点はこの拙著にあると自負しています。

団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」書評
団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」Kindle版

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像