ウェアラブル端末が生活習慣を変える具体例

スマートシニア・ビジネスレビュー 2019年3月2日 Vol.226

先日17年来のお付き合いの方々と久々に会食した時の話題。

2人の参加者が腕時計型のウェアラブル端末を腕にはめていました。

こうした端末ではFitbitアップルウォッチが有名ですが、計測できるのは活動量、歩数、心拍数が大半です。

ところが、そのお二人が身に着けていたのは、何と「血圧」をリアルタイムで計測できるものでした。

一人の方が会食前に血圧をチェックしてから飲食開始。
お酒も飲んでの食事2時間後に再びチェック。

すると当然血圧が上がっています。
実はこの間の血圧変動も計測されており、
スマホの専用アプリで見ることができます。

こうしたシーンを拝見して、
私はふと次のことを思いました。

これからは、血圧管理が必要な人は
この端末を身につけながら飲食をして、
時々数値をチェックして飲酒量や食事量、種類を
コントロールするようになる。

つまり、リアルタイムでの「健康管理型の飲食スタイル」
取る人が増えるのだろうと。

これは一種のバイオフィードバック
(自分の生体情報をモニターして自分の行動に反映する)なので、
「バイオフィードバック型の飲食スタイル」とも言えます

ちなみに、この端末を使えば、腕に巻く血圧計や
腕を突っ込んで計測する血圧計は不要となります。

高齢の方にはこうした血圧計での計測ですら嫌う人が多いので、
このウェアラブル端末こそ、実は高齢者向きだと思いました。

私も試してみようと思って探索したら、
何と商品名が「スマートウォッチ」

私たちが提唱している「スマート・エイジング」
実践のためのウェアラブル端末だと納得しました(笑)。

スマートウォッチを見る

スマート・エイジング 人生100年時代を生き抜く10の秘訣

あわせて読みたい関連記事

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像