免疫機能を活用した健康モニタリングビジネスの可能性

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第119回

ゲノム解析でわかる病気はごく一部

近年、遺伝子解析技術が進んだせいか、人が病気になるリスク要因は遺伝子7割、生活習慣3割という認識が多いようだ。

多くの企業が遺伝子検査キットを販売し、検査の実施を煽っている。なかには5千円以下という低価格のものもある。こうした遺伝子検査の大衆化が「病気のリスク要因の大半は遺伝子で決まる」といった風潮を強めているように見える。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像