涙もろさは年のせい?原因は機能低下、脳トレを

2019年10月18日 日経MJ連載 なるほどスマート・エイジング

本日の日経MJ シニアBIZに連載なるほどスマート・エイジング」が掲載されました。

連載第7回のテーマは「涙もろさは年のせい?」。今回もデスクがつけたものですが、わかりやすいコピーです。

最近、私の周辺の中高年の方から、XXという映画を見たら冒頭から涙があふれ出て最後まで止まらなかった、とかNHKの朝ドラを見ると必ず涙ぐむという声をよく聞きます。

これを「歳をとって感受性が豊かになった」とか「感情移入しやすくなった」と考えるのは間違いです。真の理由は、加齢に伴う大脳中枢の機能低下だからです。

この投稿の続きを読む »

タグ


「不眠」の解消とシニアビジネスの可能性(2)

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第150回

メラトニン血中濃度の年齢変化

夜の時刻情報の伝達物質「メラトニン」とは?

体内時計の調節と睡眠の質に重要な役割を担っているのがメラトニンというホルモンだ。メラトニンは内分泌腺の一つである脳の「松果体」から分泌される。松果体は目の網膜が受ける光の量の情報に基づき、メラトニンの分泌量を決定する。

目に入る光の量が減るとメラトニンの分泌が始まり、光の量が増えるとメラトニンの分泌を止める。つまり、夕方暗くなってから出始め、暗い間は出続け、明るくなると出なくなる。

この投稿の続きを読む »

タグ


本当のところ認知症って?共に暮す社会に向けて知っておきたい基礎知識

アクサ生命のサイト「人生100年の歩き方」

アクサ生命が運営するサイト「人生100年の歩き方」「本当のところ認知症って?共に暮す社会に向けて知っておきたい基礎知識」と題した記事が掲載されました。

この記事の監修を私が務めています。

この投稿の続きを読む »

タグ


「加齢適応力を身につけるために」をテーマに5週連続ラジオ出演

ラジオNIKKEI「健康ネットワーク」

加齢適応力を身につけるために

7月3日(水)から5週連続でラジオNIKKEIの番組「健康ネットワーク」に出演します。

この番組は医療や美容、化学にまつわる専門家をゲストに迎える健康生活応援番組とのこと。

7月のテーマは「加齢適応力を身につけるために」です。

お気づきの方も多いと思いますが、このテーマは拙著「スマート・エイジング 人生100年時代を生き抜く10の秘訣」の帯のコピー「いまこそ問われる加齢適応力」から採用頂いたもので、番組内容が拙著の解説のようになっています。

番組では次の内容を5週に渡ってお話します。

この投稿の続きを読む »

タグ


加齢と共に衰える脳機能を維持・向上するには?

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第144回

脳機能は20歳を過ぎると加齢とともに衰える

脳の働きの低下は、中年期以降に生じると信じている方がほとんどだと思う。ところが、実際はそうではない。

認知機能に関連する世界中で行われた心理学的検査の結果をまとめた研究(例えばParkら2002年、Salthouse 2006年)の成果を見るとある事実が浮かび上がってくる。

この投稿の続きを読む »

タグ


来るべき死を見つめ、今を生きる。それがスマート・エイジングの考え方

人生100年の歩き方 川島教授×村田教授対談

アクサ生命が主催するサイト「人生100年の歩き方」川島隆太教授と私との対談「来るべき死を見つめ、今を生きる。それがスマート・エイジングの考え方」が掲載されました。

川島教授とは2006年からのお付き合いですが、実はこのような公式の対談は初めてのこと。

テーマも普段よくお話するスマート・エイジングの4条件の話だけでなく、死生学の話にも触れた深い話にありそうでなかった二人の珍しい対談です(笑)

この投稿の続きを読む »

タグ


03/07/2019 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:トーク

エイジングとはどういう意味か?

スマートシニア・ビジネスレビュー 2019年3月4日 Vol.227

私の新刊「スマート・エイジング」にもあるように、「エイジング」という言葉をよく耳にすると思います。

しかし、そもそも「エイジング」とは、どういう意味なのかを正確にご存じでない方も多いようです。

この投稿の続きを読む »

タグ


特別版を進呈!スマート・エイジング 人生100年時代を生き抜く10の秘訣

2019年2月23日 村田裕之の活動

新著「スマート・エイジング
人生100年時代を生き抜く10の秘訣」
に対して、早速嬉しいメッセージを
沢山頂戴しました。
-----------------

・健康生きがいづくりコースも本年度で
7年目に入りますが、伝えたいことは
「人生100年時代をどう生き抜くか」。
今日、メルマガで村田さんの新作を知り、
早速、目次とはじめにを拝読し、
「まさにこれである!」と
ガッテンしました。

この投稿の続きを読む »

タグ


村田裕之講演トーク 2019年

講演は開催日時順で掲載しています。(企業内で実施のものは非公開の場合があります)
講演のご依頼はこちら

日付:12月14日
イベント名:越後春日山ロータリークラブ公開講座
場所:上越市市民プラザ(新潟県上越市)
題名:今日から始めるスマート・エイジングのススメ~40歳から輝く暮らしのヒント
対象:ロータリークラブ会員、上越市民など
案内はこちら

日付:12月7日
イベント名:チャーム・カレッジ第3回
場所:チャームプレミア 田園調布(東京都大田区)
題名:スマート・エイジングのための秘訣 元気でいきいきと過ごすために
対象:チャーム・ケア・コーポレーションの入居者、家族、取引先
案内はこちら

日付:11月20日
イベント名:企業支援シンポジウム 中小企業と認知症
場所:エルガーラホール(福岡市天神)
題名:中小企業こそ必要なスマート・エイジング
対象:福岡県の中小企業経営者
案内はこちら

日付:11月11日
イベント名:企業支援シンポジウム 中小企業と認知症
場所:広島県民文化センター(広島市中区)
題名:中小企業こそ必要なスマート・エイジング
対象:広島県の中小企業経営者
案内はこちら

日付:11月8日
イベント名:全国サービス事業交流会
場所:ホテル京阪 京橋グランデ(大阪市都島区)
題名:人生100年時代を意識したシニアビジネス(仮)
対象:全国の生協サービス事業責任者
案内はこちら

日付:10月29日
イベント名:2019 International Cross Generational Forum
場所:Hotel Midtown Richardson(台湾台北市)
題名:How can we work well by cross generational setting in our Super-aged society?
対象:台湾の政府関係者、中小企業経営者、研究者
案内はこちら

日付:9月27日
イベント名:スマート・エイジング・シンポジウム
場所:東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター(仙台市星陵町)
題名:なぜ、産学連携なのか?スマート・エイジングによる実践と研究者に求められる力
対象:学内若手研究者
案内はこちら

日付:9月26日
イベント名:スマート・エイジング・カレッジ東京第5回月例会
場所:東北大学東京分室(千代田区丸の内)
題名:シニア市場とスマート・エイジング・ビジネス②
対象:SAC東京参加企業
案内はこちら

日付:9月18日
イベント名: 報道ライブインサイドOUT(テレビ出演)
場所:BS11
題名:シニア世代の豊かな暮らし
対象:ビジネスパーソン、一般の方
案内はこちら

日付:9月17日
イベント名:Ageing Asia Alliance Networking Cocktail
場所:京王プラザホテル(新宿区西新宿)
題名:Experiences and sharing the Eldercare Innovation Awards from Judge Committee
対象:日本企業、アジア企業
案内はこちら

日付:8月9日
イベント名:チャーム・カレッジ第1回
場所:チャームプレミア グラン 松濤(東京都渋谷区)
題名:スマート・エイジングのための秘訣 健康で自立して生活するため
対象:チャーム・ケア・コーポレーションの入居者、家族、取引先
結果報告はこちら

日付:7月31日
イベント名:健康ネットワーク
場所:ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 17:10~17:30/【再放送】毎週日曜日 7:00~7:20
題名:加齢適応力を身につけるために:第5回村田裕之について
対象:一般聴取者
案内はこちら

日付:7月24日
イベント名:健康ネットワーク
場所:ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 17:10~17:30/【再放送】毎週日曜日 7:00~7:20
題名:加齢適応力を身につけるために:第4回自分らしく生きるために
対象:一般聴取者
案内はこちら

日付:7月17日
イベント名:健康ネットワーク
場所:ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 17:10~17:30/【再放送】毎週日曜日 7:00~7:20
題名:加齢適応力を身につけるために:第3回精神面で生き生きするためには
対象:一般聴取者
案内はこちら

日付:7月10日
イベント名:健康ネットワーク
場所:ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 17:10~17:30/【再放送】毎週日曜日 7:00~7:20
題名:加齢適応力を身につけるために:第2回トレーニングで自立した健やかな生活を送る
対象:一般聴取者
案内はこちら

日付:7月10日
イベント名:FBショップの会ふれあいネット総会
場所:ホテル椿山荘東京(東京都文京区)
題名:シニアシフトの衝撃  人生100時代、介護保険に依存しないビジネス開発のヒント
対象:医療・介護・看護従事者及び福祉用具関連サービス従事者及び管理者(経営者)
案内はこちら

日付:7月3日
イベント名:健康ネットワーク
場所:ラジオNIKKEI第1 毎週水曜日 17:10~17:30/【再放送】毎週日曜日 7:00~7:20
題名:加齢適応力を身につけるために:第1回スマート・エイジングとは
対象:一般聴取者
案内はこちら

日付:6月28日
イベント名:全国労働金庫協会2019年度トップセミナー
場所:ホテル・ラングウッド(東京都荒川区)
題名:人生百年時代を見据えた金融サービスを考える(仮)
対象:全国13の労働金庫、全国労働金庫協会・労働金庫連合会・日本労働者信用基金協会の各代表理事及び役員他
講演の様子はこちら

日付:6月27日
イベント名:スマート・エイジング・カレッジ東京第2回月例会
場所:東北大学東京分室(千代田区丸の内)
題名:人生100年時代とスマート・エイジング・ビジネス
対象:SAC東京参加企業
案内はこちら

日付:6月25日
イベント名:スマート・エイジング・ビジネス懇話会
場所:日本経済社(中央区銀座)
題名:シニア市場とスマート・エイジング・ビジネス
対象:企業担当者
案内はこちら

日付:5月8日
イベント名:ニチリウグループ経営トップ会
場所:日本流通産業株式会社(大阪市中央区)
題名:小売業にとってのスマート・エイジング経営
対象:ニチリウグループ加盟企業経営者、日本流通産業幹部社員
案内はこちら

日付: 4月15日
イベント名: 彩の国いきがい大学入学式記念講演
場所: 埼玉会館大ホール(埼玉県浦和市)
題名: スマート-エイジングのための10の秘訣
対象: 彩の国いきがい大学参加者
案内はこちら

日付: 3月27日
イベント名: ハウスドゥ博多セミナー
場所: 未定
題名: 超高齢社会をビジネスチャンスにする“技術”
対象: 高齢者ビジネスに興味のある経営者の方
案内はこちら

日付: 3月19日
イベント名: ハウスドゥ札幌セミナー
場所: 未定
題名: 超高齢社会をビジネスチャンスにする“技術”
対象: 高齢者ビジネスに興味のある経営者の方
案内はこちら

日付: 3月15日
イベント名: ハウスドゥ仙台セミナー
場所: 未定
題名: 超高齢社会をビジネスチャンスにする“技術”
対象: 高齢者ビジネスに興味のある経営者の方
案内はこちら

日付: 3月12日
イベント名: ハウスドゥ岡山セミナー
場所: 未定
題名: 超高齢社会をビジネスチャンスにする“技術”
対象: 高齢者ビジネスに興味のある経営者の方
案内はこちら

日付: 3月11日
イベント名: 日経ウェルエイジングコンソーシアムセミナー
場所: 日経カンファレンスルーム(千代田区大手町)
題名: 2019年のシニアビジネスを展望する
対象: 健康ビジネスに興味のある法人の方
案内はこちら

日付: 2月6日
イベント名: ハウスドゥ東京セミナー
場所: アットビジネスセンター東京駅(中央区京橋)
題名: 超高齢社会をビジネスチャンスにする“技術”
対象: 高齢者ビジネスに興味のある経営者の方
案内はこちら

日付: 2月5日
イベント名: スマート-エイジング東京特別セミナー
場所: 日本橋ライフサイエンスビルディング(中央区日本橋室町)
題名: スマート・エイジング・ビジネスの動向と健康貢献度評価の必要性
対象: 法人の方
案内はこちら

日付: 2月2日
イベント名: 第2回東北大学タイ・ソーシャル・ベネフィット・セミナー
場所: チュラロンコーン大学(タイ バンコク)
題名: 超高齢社会で何が起こるか:日本のトレンドを知り未来に備える
対象: タイの東北大学同窓生、タイの研究者、経営者の方
案内はこちら

日付: 1月17日
イベント名: ハウスドゥ大阪セミナー
場所: ハウスドゥ!セミナールーム(大阪市北区)
題名: 超高齢社会をビジネスチャンスにする“技術”
対象: 高齢者ビジネスに興味のある経営者の方
案内はこちら

2018年を見る

講演トークを依頼する

講演トーク トップに戻る

タグ


01/27/2019 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:

シニアマーケット全般を展望する

月刊シニアビジネスマーケット1月号特集

綜合ユニコムの雑誌、シニアビジネスマーケット1月号特集「有識者に聞く2019年からのシニア・ヘルスケアビジネス」に寄稿しました。

私の2019年以降の展望を述べましたので、以下に全文を掲載します。最後の中国市場についての予感は、昨年末の北京出張で強い確信に変わりました。中国のアクティブシニア市場開拓の担い手が若者であることを知って、嬉しくなりました。なぜなら、高齢化する社会の未来をつくるのは、若者だからです。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像