アジアの高齢者市場どう攻略 – 日経消費経済セミナー 1月16日

日経消費ウォッチャー 12月10日号

nikkeiMW_111210日経消費ウォッチャーに来年116日(月)、東京・大手町の日経ビルで開催するセミナー「アジアの高齢者市場どう攻略~日本の商品開発の経験を生かす」の告知が掲載されました。

 

少子高齢化は日本だけでなく、世界共通のトレンドです。特に中国、韓国などアジア各国でも少子高齢化への懸念が急拡大しており、高齢化先進国・日本の消費関連企業には絶好のチャンスといえます。

 

日本の高齢者に売れる商品は、早晩、日本の影響力の強いこれらの国々でも売れる可能性が高いからです。その市場規模は日本の比ではありません。

この投稿の続きを読む »

タグ


ロングステイ市場拡大のために何が必要か

12月10日 シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第57回

ガイドブックの例ロングステイが期待されるほど売れない理由

 

退職を迎えた男性や子育てが一段落した女性が旅行市場の牽引役となっているのは周知の事実である。多くの調査によれば、退職後に最初にやりたいことの筆頭が旅行だ。特に多いのは現役ビジネスパーソン時代にはなかなか実現できなかった一週間以上の海外旅行である。超円高の今は退職者にとっては絶好のタイミングだ。

こうした旅行需要の受け皿となっている旅行商品の大半は、旅行代理店が企画するパック旅行である。最初の数回はこれでも良い。ところが、何度か行くと徐々に飽きてくる。そこで旅行代理店などは、現地での生活体験そのものが旅の醍醐味であるとしてロングステイをその受け皿として勧め、無料説明会を開催する。こういった説明会は時間に余裕のある退職者ですぐに満員となる。

ところが、説明会に五〇人集まっても、実際にロングステイに参加するのは、数人に留まることが多い。その理由は、高い価格に対する「価値」を感じないためだ。海外でのロングステイは、日本での長期滞在より安いといわれる。だが、円高とはいえ、ハワイやオーストラリアなどの先進国の物価は意外に高い。滞在後に円安に転じた場合のリスクもある。

一方、マレーシアやタイなどの東南アジアでは滞在費は確かに安い。だが、滞在費が安いという理由だけで、異国に長期滞在するのは、実はそれほど楽ではない。これは実際体験するとよくわかる。

この投稿の続きを読む »

タグ


日経消費経済セミナー アジアの高齢者市場どう攻略

12月5日 日本経済新聞

nikkei_111205

125日の日経新聞夕刊に来年116日開催の日経消費経済セミナー「アジアの高齢者市場どう攻略 ~ 日本の商品開発の経験を生かす」の告知記事が掲載されました。

 

最近は日本企業でも本社をシンガポールに置いたり、九州の畜産農家が香港に進出したり、成長を続けるアジアに活路を見出そうとする企業が増えています。

この投稿の続きを読む »

タグ


欧州の財政危機と高齢化

村田裕之Eレター 2011年11月17日 Vol.18

eu-tokyoこんにちは、村田裕之です。

 

財政危機で揺れるEU

その渦中のEUの日本代表部で、先週、

高齢化に関するレクチャーを行う機会を頂きました。

 

会場の大講堂には、加盟国の美しい国旗がずらっと並んでいるのは、いかにもEUらしく、壮観でした。

 

同時に、その国旗の数だけ、国が存在するわけで、

それらの意見をまとめるのは

大変なことだとも思いました。

 

財政問題と高齢化対策はコインの裏表の関係なので、

現在のEUの状況は、日本にとっても

決して他人事ではありません。

 

危機という字は、「危険」と「機会」という字から成ります。

危機を単なる危険にとどめず、

新たな成長機会に変えていくことが必要で、

それはEUだけでなく、日本も同じだと改めて認識しました。

この投稿の続きを読む »

タグ


高齢社会の次世代技術をテーマにパネル討論に参加します

11月18日 アジア開発銀行研究所(ADB Institute)

image

1118日に東京・霞が関のアジア開発銀行研究所、日欧産業協力センター、イタリア銀行主催のコンファレンスEconomic Opportunities from the Ageing Society: Policies and Challengesにおいて高齢社会の次世代技術をテーマにパネル討論に参加します。

 

コンファレンスは3つのセッションからなり、私は、ソニーコンピューターサイエンス研究所の北野宏明氏とともにセッション3の高齢社会の次世代技術に参加します。

 

講演者は、日本、ヨーロッパ、アジアの高齢化分野の専門家です。

コンファレンスの概要は次の通り

この投稿の続きを読む »

タグ


新ヘルスケア産業創出懇談会 中間とりまとめ全資料公表

9月28日 中部経済産業省

chubu-meti私が委員として参加していた中部経済産業局主催の新ヘルスケア産業創出懇談会の中間とりまとめ(全資料)が公表になりました。

8月3日の時点では要旨のみの公表でしたが、今回すべての資料が公開になりました。

すべての資料は、次のページからダウンロードできます。

この投稿の続きを読む »

タグ


Hiroyuki Murata is to be Appointed as Advisor to KARP

IMMN ニュースレター 2011年9月号

immn1109IMMN(International Mature Marketing Network)のニュースレター9月号に私の最近の活動が次の通り紹介されました。

IMMN advisor Hiroyuki (Hiro) Murata is First Japanese Citizen to be Appointed as Advisor to Korean Association of Retired Persons (KARP)

この投稿の続きを読む »

タグ


韓国ベビーブーマー市場動向

スマートシニア・ビジネスレビュー 201196 Vol.162

Hiroyuki-Murata-SmartAgeing需要はあるが、供給が伴っていない ―――

韓国のベビーブーマー市場を一言でいえば、

こう表現してよいだろう。

 

先週韓国で開催された退職後のベビーブーマーに関するシンポジウムに

招待講演者として参加した感想である。

 

言い換えれば、シニアビジネスで先行する日本企業には

多くのチャンスがあると言えよう。

この投稿の続きを読む »

タグ


高齢化するアジアと日本企業のシニアビジネス戦略

9月16日 長野県経営者協会 トップマネジメント懇談会

murata_nagano9月16日、長野県松本市で社団法人長野県経営者協会主催のトップマネジメント懇談会・会員大会で講演します。対象は長野県経営者協会の会員企業の経営トップの方です。

この投稿の続きを読む »

タグ


Asia-Pac seniors’ spend power to hit US$1.9t

2011年4月5日 The Business Times (英語)

bt_110405シンガポールの経済紙 The Business Timesに4月4日のAgeing Asia Investment Forum(AAIF)2011で村田が行った基調講演の内容をもとにした記事が掲載されました。

このAAIFには、アジアの18カ国から250人以上の経営者・実務リーダーが参加したものです。アジアにおけるシニアビジネスへの関心の高まりを感じました。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像