アジア介護フォーラムが東京で 国内経営者ら9人登壇

2015年9月9日 高齢者住宅新聞

高齢者住宅新聞_0910高齢者住宅新聞に10月9日開催のAAIF in Japan 2015の記事が掲載されました。以下に記事全文を転載します。

*******************
シンガポールで開催されているアジア最大のシニアビジネスフォーラムの日本版「エイジング・アジア・イノベーション・フォーラム・イン・ジャパン」が10月9日、都内で開催される。主催はエイジング・アジア・イノベーション・フォーラム (AAIF)。

この投稿の続きを読む »

タグ


アジア最大規模のシニアケアビジネス・フォーラムが東京で開催されます!

2015年10月9日 Ageing Asia Innovation Forum in Japan 2015

panel_Japan2来る10月9日(金)に東京・新宿の京王プラザホテルで、第2回Ageing Asia Innovation Forum (AAIF) in Japan 2015が開催されます。今回はこのイベントへのお誘いです。

AAIFは09年4月より年に一度、シンガポールで毎年開催されているアジア最大規模のシニアケアビジネスのフォーラムです。毎年世界20か国以上の民間企業・NPOの経営者、行政長官などキーパーソン200名以上が一同に会する極めて有意義なものです。

この投稿の続きを読む »

タグ


介護保険に頼らないシニアビジネスの開拓を

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第100回

seniorexpo介護保険に頼らないシニアビジネス市場の有望性

最近、多くの介護事業者が介護保険外のシニアビジネスを模索し始めている。私のもとにもしばしば相談が寄せられる。直接の背景は、今年4月の介護保険制度改正で介護報酬が減額になり、保険制度にべったり依存した事業はその先行きが危ぶまれているからだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


オーストラリアのシドニーとメルボルンでの連続セミナーで講義します

8月11・14日 Australia Ageing Industry Global Masterclasses

masterclass2日本ではお盆真っ盛りの8月10日の週、真冬のオーストラリアで連続セミナーを行うことになりました。

このセミナーはシンガポールに拠点を置き、私もボードメンバーとして名を連ねているAAIF(Ageing Asia Innovation Forum)が各地で主催するAgeing Industry Global Masterclassesの一環です。

セミナーのテーマは「Care Innovation on Japan’s Integrated Ageing Support System(IASS)」。担当講師は、私と東北大学スマート・エイジングカレッジ東京事務局長で、エイジング・サポート代表の小川利久さんの二人。

この投稿の続きを読む »

タグ


中国語版発売!成功するシニアビジネスの教科書

2015年7月26日 村田裕之の活動

Thesuccessful business of ageingようやく拙著「成功するシニアビジネスの教科書」の中国語版が台湾の大手出版社、城邦出版グループの経済新潮社より発売になりました。

中国語のタイトルは「超高齢社会的消費行為学」。(超高齢社会の消費行為学)日本語の原題よりもアカデミックで格調の高い?タイトルになっています。サブタイトルは「掌握中高齢族群心理」「洞察銀髪市場新趨勢」とあり、「中高年層の群集心理をつかむ」「シニアマーケットの新たな趨勢を洞察する」という感じでしょうか。

この投稿の続きを読む »

タグ


日本モデルは香港の高齢化問題をビジネスで解決できるかも

South China Morning Post 2015年7月14日 Society

scmp150714香港の有力英字紙South China Morning Postに「JAPAN MODEL ‘COULD SPUR BUSINESS’」(邦訳:日本モデルは香港の高齢化問題をビジネスで解決できるかも)と題して記事が掲載されました。

記事の内容は、7月3日に香港で開催された国際アクティブエイジングシンポジウムの際に受けた私へのインタビューがもとになっています。

この投稿の続きを読む »

タグ


保険外ビジネス開始の背景と市場の有望性

高齢者住宅新聞 介護保険に頼らないシニアビジネス成功の12のヒント 第1回

koureisha150603いま、多くの介護事業者が介護保険外のシニアビジネスを模索し始めている。直接の背景は、今年4月の介護保険制度改正で介護報酬が減額になり、保険制度にべったり依存した事業はその先行きが危ぶまれているからだ。

とはいえ、公的介護保険制度がなくなるわけではない。また、全体として減額とはいえ、国が挙げる重点項目をきちんと実践している事業者は、逆に増額になるという報告もある。

この投稿の続きを読む »

タグ


高齢者ケア・イノベーション・アワード ファイナリスト決定!

Ageing Asia Innovation Forum 2015

ceremony2来る414日、15日にシンガポールで第5Ageing Asia Innovation Forum 2015が開催されます。

 

この開催に合わせてAsia Pacific Eldercare Innovation Awards 2015アジア太平洋高齢者ケア・イノベーション・アワード)」へのノミネーションを募集していましたが、事務局での選考の結果、6部門それぞれに3から6の事業者がファイナリストとして選ばれました。

 

日本からは次の3事業者が選ばれています。(全てのリストはこのページの最後をご覧ください)

 

Facility of the Year – Residential Aged Care部門

リエイ上海/リエイ

銀木犀/シルバーウッド

 

Best Technology for Operational Efficiency部門

Neos + Care /オリックスリビング

この投稿の続きを読む »

タグ


アジア太平洋「高齢者ケア・イノベーション・アワード」募集!

Ageing Asia Innovation Forum 2015

ceremonyシンガポールをベースとするシニアケアビジネスの経営者、実務担当者から構成されるAgeing Asia Innovation Forum 2015が、アジア太平洋地域「高齢者ケア・イノベーション・アワード」へのノミネーション(自薦)を募集しています。

 

このアワードの正式名称は「Asia Pacific Eldercare Innovation Awards 2015」。アジア太平洋地域の高齢者ケア事業者で分野毎に優れた業績を上げているところにアワードを授与するものです。

 

このアワードは一昨年から始まりましたが、年々応募者も増えており、注目度が上がっています

 

一般に評価が難しい複雑な高齢者ケア事業を一部の尺度のみで評価してしまうことに無理がある部分もあります。

 

にもかかわらず、こうした取り組みが行われる意義は、介護現場で日々一生懸命働いている現場のスタッフ、複雑なマネジメントで苦労している介護事業の経営者に光を当て、この事業の重要性を世に知らしめていくことに貢献するからです。

この投稿の続きを読む »

タグ


介護ロボット普及のための課題と対策

保険毎日新聞 連載 シニア市場の気になるトレンド 第9回

本連載第8回ではアジアで台頭するシニア市場について述べた。そのアジアから日本のシニア住宅や介護施設の見学が相次いでいる。最近は、日本で開発が進んでいる介護ロボットについての見学依頼も増えている。

 

一方、世界で先んじている日本ですら本格的な普及のためにはまだ多くの課題がある。以下に利用者の立場での課題と対策について整理する。

 

     1.    利用者の立場から見た課題と対策

 

実際に介護ロボットの利用者となる高齢者施設や老人ホームの現場の声を聴くと、次の課題が浮かび上がってくる。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像