今後急速に高齢化する韓国 でもシニアビジネスが上手くいかない理由は?

韓国MKエコノミー誌 1511日、6日合併号 特集

mke_1韓国最大のビジネス・メディア・グループ、Maeil Business Newspaper & MK Inc.が発行する経済誌MKエコノミーの新年号特集に私のインタビューが掲載されました。

 

私はよく講演でお話ししていますが、アジアにおいて特に韓国、シンガポール、香港、台湾の4地域は、今後急速な高齢化が予想されており、危機感が高まっています。その理由は、日本よりもさらに厳しい少子化の進展です。

 

今回のインタビューは、45年前から韓国でもシニア市場を経済活性化のエンジンと見て、多くの企業が参入したにもかかわらず苦戦しており、それについて解説してほしいというものでした。

 

韓国のシニア市場の状況は、一言で言えば、日本の15年前、2000年前後の状況に似ています

 

3年前にソウルで講演した際に感じたのは、需要はありそうだが、供給が追い付いていないことでした。

 

韓国ベビーブーマー市場動向

スマートシニア・ビジネスレビュー 201196 Vol.162

 

その後3年以上の年月が経過し、多くの企業がトライしたものの、あまり上手くいっておらず、韓国の企業は「シニア市場は幻想ではないか?」との声を上げているようです。

 

まさに、この状況が日本の2000年前後の状況によく似ているのです。

この投稿の続きを読む »

タグ


「ゆるやかな大家族」が生み出す新たな需要

保険毎日新聞 連載 保険業界はシニアシフトにどう対応すべきか?第11

シニアシフト連載【第11回】大家族へ回帰する米国

 

近年、米国ではベビーブーマーの「大移動」が始まっている。移動には3つのタイプがある。第1のタイプは、いま住んでいるところよりも税金や生活費の安いところへの移動。第2のタイプは、広大なヤード(芝生の庭)のある大きな家から、もっと小さな家への移動。いわゆるダウンサイジングだ。

 

さらに、第3のタイプは、世帯ごとに独立して居を構えていたのを、親子2世帯あるいは親子孫3世帯など、「多世代世帯」で同居する家への移動である。多世代世帯とは、親・子、親・子・孫、親・孫などの複数世代がひとつ屋根の家に一緒に住む形態のことを言う。最近の調査によれば、今後10年間に米国の世帯の3分の1が多世代世帯になるという。

この投稿の続きを読む »

タグ


高齢者にやさしいと高齢者に嫌われる

1028日 ソウル・シニア・フェスティバル国際コンファレンス

ブログ用1030日の香港での国際コンファレンスの直前、1028日に韓国ソウルでの国際コンファレンスでも講演することになりました。

 

このコンファレンスは、韓国ソウル市が1024日、25日、28日開催するソウル・シニア・フェスティバルの一環として開催されるものです。

 

コンファレンスのテーマは「Healthy Workforce(いつまでも健康で働ける場所)」。韓国政府は、定年を55歳から60歳に変更することを発表しており、雇用者と被雇用者の双方により高齢でも健康的に働き続けられる環境の整備を求めています。

 

しかし、実際どのようなことが求められていくのかについては未知の部分が多く、国際コンファレンスを開催することで外国のノウハウを吸収したいという思惑があるようです。日本はすでに定年が65歳になっているので、この点でもかなり進んでいると言えますね。

この投稿の続きを読む »

タグ


韓国語版「シニアシフトの衝撃」、表紙の写真を入手しました

2013827日 ちょっと一息

シニアシフトの衝撃韓国語版7か月前に拙著「シニアシフトの衝撃」が、韓国のメジャー出版社である中央ブックスから翻訳出版されることになったとお伝えしました。それがこの8月上旬に韓国で出版されました。

 

ところが、そのニュースを知ったのは、ソウルに住んでいる韓国人の知り合いから。現時点でも現物はまだ手に取れていません。

 

昨日、韓国の大手メディアから取材依頼があり、ようやく韓国語版の写真を入手することができました。ついでに翻訳してもらったので、それを下記します。

この投稿の続きを読む »

タグ


How Robots Are Changing the Way We Age

201353The Fiscal Times(電子版)

imageアメリカのThe Fiscal Times(電子版)に掲載のHow Robots Are Changing the Way We Age(ロボットは私たちが年を取る方法をどのように変えようとしているのか)という記事に私のコメントが引用されました。

 

記事全体はアメリカの高齢社会にロボットがどのような役割を果たせるのかという内容です。多くの国がそうであるようにアメリカも日本がこの分野のリーダーであると見ており、とりわけ介護ロボットへの関心は高いものがあります。

 

というのは、アメリカも日本同様、人数の多いベビーブーマーが高齢者の仲間入りをしつつあるからです。アメリカのベビーブーマーの定義は1946年生まれから1964年生まれ。日本よりも年代が広く、かつ人口が多いことから総勢7,800万人の人数が存在します。

 

この莫大な人数の人たちの健康状態をどう維持するか、健康状態が悪化した時、誰が、どのように支えるのかについては国としての方針があまりはっきりしていないのが現状です。

 

先日シンガポールで開催されたAAIF2013でも議論しましたが、超高齢社会になると何がどうなるのかという現実に最も理解しているのは日本です。日本での試行錯誤は高齢化するアメリカでも役に立つのです。介護ロボットの分野は、その象徴的な部分と言えましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニアシフトの衝撃 台湾での出版が決定しました

2013328日 ちょっと一息

IMG_0644-2拙著「シニアシフトの衝撃」が、台湾大手の圓神出版グループの先覚出版から中国語で翻訳出版されることになりました。

 

「シニアシフトの衝撃」が海外で翻訳出版されるのは、韓国語版に続いて二つ目の事例となりました。実は私の著書が中国語に翻訳されるのは初めてです。

 

台湾の首都、台北の中心部は東京の都心のようですが、ちょっと郊外に行くと、日本の昭和40年代のような風景がまだ多く見られます。

 

また、公共交通機関が少ないため、町中をスクーターがビュンビュン走っている風景が見られます。一般市民の暮らしぶりを見る限り、日本の一昔前の雰囲気です。

 

一方で、台湾でもベビーブーマーのリタイア、日本以上に進む少子化による急激な高齢化の問題に危機感が高まっており、高齢化対応に関する日本での取り組みへの関心が高まっています。

この投稿の続きを読む »

タグ


韓国の新聞 Asia Todayの記事を日本語に訳していただきました

2013215Asia Today

asiatoday130215

先日韓国のメジャー新聞のひとつ、Asia Todayに私へのインタビュー記事が掲載されましたが、親切なことにNHK国際放送の韓国人スタッフの方に日本語に翻訳していただきました。本当にありがとうございます。カムサハムニダ!

 

政治レベルでは何かとぎくしゃくした関係が続いていますが、こういう時こそ、民間レベルでの忌憚のない交流が、ますます重要だと思います。

 

それにしても、Asia Todayの記事は、ほぼ新聞の一面記事で、真ん中に私の上半身の写真が大きく掲載された、大変立派な記事で驚きました。

 

社会の高齢化は日本だけの問題ではありません。韓国だけでなく、香港、台湾、シンガポールと言った国々は、現時点で日本よりも合計出生率が低く、近い将来急激な高齢化に見舞われます。無益な争いを早くやめ、お互いの国の将来のために目を向けたいものです。

 

以下、記事の日本語訳です。

この投稿の続きを読む »

タグ


韓国の新聞 Asia Todayにインタビュー記事が掲載されました

2013215Asia Today

asiatoday130215韓国のメジャー新聞のひとつ、Asia Todayに私へのインタビュー記事が掲載されました。

 

記事は私への面談インタビューと最新著「シニアシフトの衝撃」をもとに執筆されているとのことです。

 

日本以上に少子化が進む韓国でも、いよいよシニアシフトの波が押し寄せつつあり、関心が高まっているようです。

 

ちなみに、インタビュー後に次のQ&Aをメールで行っています。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニアシフトの衝撃 、韓国での出版が決定しました

2013127日 ちょっと一息

0807_korean01拙著「シニアシフトの衝撃」が、韓国のメジャー出版社である中央ブックスから翻訳出版されることになりました。

 

これまで私の著書のうち、「シニアビジネス」「団塊シニアビジネス 7つの発想転換」の2冊が韓国で翻訳出版されていますので、今回で3冊目となります。(写真は「シニアビジネス」の韓国語版)

 

中央ブックスは、「韓国人の最も親しく、最も信頼できる出版社」との評判とのことで、中央メディア・ネットワーク傘下の出版社です。

 

中央メディア・ネットワークは韓国を代表する複合メディアグループ。1965年創立で、新聞、テレビ、出版、雑誌、教育、文化事業、流通など、50社以上の関係会社からなります。その中心の「中央日報」は日刊刊行部数130万部を誇る韓国最大の新聞社です。中央日報は、日本語版ウェブサイトもあり、私も時々目を通しています。

この投稿の続きを読む »

タグ


5年前とどう違う?団塊世代、退職後の消費行動

2012年7月10日号 シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第64回

プリウス5年前とは違う団塊世代の退職後消費行動

 

団塊世代の最年長者が65歳に達する今年2012年は、5年前に起こった団塊ブーム再来の感がある。しかし、注意深く見ると、いくつかの点で5年前とは状況が異なっていることに気が付く。

 

電通が529日に発表した「退職リアルライフ調査~団塊ファーストランナーの65歳からの暮らし」にその一端が見られる。電通は7年前の0510月に同様な調査を発表しており、この両者を比較すると団塊世代の退職後の消費行動がこの7年間でどう変わったか、その違いがよくわかる。

 

まず目に付くのは、05年調査で消費行動の上位にあった「パソコンの購入」「車の買い替え・新規購入」「携帯電話の新規加入」が今回の調査では見られなくなったことだ。

 

今回の調査で「パソコンの購入」「携帯電話の新規加入」などのIT消費が見られなくなった理由として、この世代は現役時代にすでにこれらのIT機器を日常ツールとして活用しているために、退職をきっかけに新たに購入する必要性が少ないためと考えられる。

 

一方、「車の買い替え・新規購入」については、需要はあるのだが、購入時期が必ずしも退職時期とは一致しなくなっていることが05年の調査結果との違いだ。

 

実は昨年団塊世代に良く売れたのはトヨタ・プリウスなどのハイブリッド・カーや軽自動車である。これらの共通点は燃費が良いことだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像