なぜ、年を取ると昔なじみのものが恋しくなるのか?

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第135回

「世代原体験」と「ノスタルジー消費」

本連載でこれまでお伝えしたように、世代特有の嗜好性と消費行動との関係を知るには、「世代原体験」が影響を及ぼす消費行動に対する理解が重要だ。

「世代原体験」とは、特定の世代が20歳頃までに共通に体験する文化である。食生活、文学、音楽、映画、漫画、テレビ番組、ファッション、スポーツ、生活環境などがある。

重要なのは、世代特有の嗜好性の多くは、この「世代原体験」で形成されることだ。20歳頃までの体験が世代原体験になる理由は、脳の発達が20歳頃までであることが理由と考えられる。

この投稿の続きを読む »

タグ


世代を切り口にしたシニアへの売り方のコツは?

高齢者住宅新聞連載 村田裕之の「シニアビジネス相談室」第13回

企業が命名する「XX世代」≠本当の世代

中高年をターゲットとして「いきいき世代」「GG世代」などと命名される例があります。しかし、企業が命名するこうした「XX世代」は本当の世代ではありません。

世代とは、誕生した時期を共有する集団のことを言い、日本の場合、表の名称が一般的です。

この投稿の続きを読む »

タグ


世代特有の嗜好性とシニアの消費行動との関係

Clinic ばんぶう1月号連載 データから読むイマドキ「シニア」の実態第6回

世代原体験が特有の消費行動に影響

異なる世代特有の嗜好性と消費行動との関係を知るためには、「世代原体験」が影響を及ぼす消費行動について理解することが有用です。

世代原体験とは、ある特定の世代が幼少期から、おおよそ20歳前後までに共通に体験する文化の体験をいいます。これには食生活、文学、音楽、映画、漫画、テレビ番組、ファッション、スポーツなどがあります

各世代の幼少期から20歳までの文化・世相を知っておくと、当該顧客と接する時の消費行動を理解する一助になります。

この投稿の続きを読む »

タグ


中高年のノスタルジー消費 ワクワク感をもう一度

日本経済新聞夕刊 2016年5月11日 読み解き現代消費

160511_nikkei日経夕刊2面の連載コラム「読み解き現代消費」『中高年のノスタルジー消費 ワクワク感をもう一度』を寄稿しました。

「読み解き現代消費」は、毎週水曜日、気になる消費トレンドについて、その背景などを読み解くコラムです。私も執筆者の一人に名を連ねており、一か月半に一度のペースで寄稿しています。以下に全文を掲載します。

***********************************************************************
中高年になると過ぎ去った時代を懐かしむ気持ちから何かを買ってしまうことがある。例えば、たまたま立ち寄った喫茶店で高校時代に好きだった曲を聴いたのがきっかけでCDを買った。大学時代に属していた音楽サークルの定期演奏会に足を運び、30年ぶりに演奏を聴いたのが刺激になり新たに楽器を購入した、といった具合だ。

私が「ノスタルジー消費」と呼ぶこの消費形態は、主に40代以上の年齢層に表れる。例えば大ヒットした映画「ALWAYS 三丁目の夕日」。封切りされた2005年当時、この映画を最も見たのは40代以上の人たちだった。なぜ、ノスタルジー消費は40代以上なのだろうか。

この投稿の続きを読む »

タグ


「世代特有の嗜好性」とシニアの「愛用品消費」

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第103回

昔ながらの歯磨き粉歌手やタレントは世代イメージのサンプルにしない

人数の多い団塊世代が2015年には65歳以上になり、いわゆる高齢者の仲間入りをした。

「団塊世代は、上の世代よりも若々しく活動的で消費行動が異なる」などとしばしば言われる。確かに、小田和正(1947年9月20日生)、井上陽水(1948年8月30日生)、矢沢栄吉(1949年9月14日生)、松崎しげる(1949年11月19日生)といった歌手やタレントを見ていると従来の高齢者というイメージが当てはまらない。

しかし、こうした他人の目にさらされる仕事に就いている人たちは、いろいろと工夫して年寄り臭く見えないようにしているのであって、団塊世代のなかでも特殊なサンプルと見るべきだ。これらの人たちを基準に「団塊世代とはこんなイメージだ」と見なしてしまうと市場を見誤ってしまう。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像