百貨店や大型スーパーが苦戦する真の理由

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第121回

百貨店や大型スーパー(業界用語でGMSと呼ぶ)の苦戦が止まらない。百貨店については、数年前に中国人観光客が買い物目的に大量に押し寄せた、いわゆるインバウンド消費に支えられた時期は神風が吹いたように売り上げが伸びた。しかし、ブームが去ると以前のように業績悪化が目立つようになっている。

一方、GMSに至っては、インバウンド消費の恩恵すらなかったため、業績悪化が止まらない。こうした大型小売店苦戦の根本的原因は何だろうか?

この投稿の続きを読む »

タグ


講演:超高齢社会をビジネスチャンスに変える方法

6月12日 長岡商工会議所青年部

nagaoka_hanabi6月12日19時より長岡商工会議所2階大ホールで、長岡商工会議所青年部主催の講演会で講演します。

今年3月10日に長岡商工会議所健康・医療・福祉研究会で講演の機会があり、それがきっかけで今度は青年部の会員企業の皆さんにお話しすることになりました。

講演会のテーマは「超高齢社会をビジネスチャンスに変える方法」。このテーマの講演の際は、拙著「シニアシフトの衝撃~超高齢社会をビジネスチャンスに変える方法~」の内容に「成功するシニアビジネスの教科書」の内容を加え、拙著に書いていないエピソードやビジュアルも織り交ぜて、お話ししています。

この投稿の続きを読む »

タグ


いかにしてシニア顧客にリーチするか(1) アウトバウンドよりインバウンドを促す

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第91

コールセンター対応満足度_JDパワー2014企業の担当者からよく受ける質問の一つに「シニアの顧客にリーチするのにどうするのが一番よいか?」というのがある。このような質問をしてくる人は、消費者に対する直接の接触チャネルを持っていない製造業系の会社の人が多い。今回から数回に渡り、シニア顧客に対する賢いアプローチの仕方についてお話しする。

 

「営業は足とド根性」は過去の話

 

シニア顧客にリーチする方法として、アウトバウンドとインバウンドがある。アウトバウンドとは企業から顧客にアプローチすること、インバウンドとは、顧客から企業にアプローチすることを指す。

 

インバウンドには顧客から質問や相談の形で問い合わせが来ることも含む。企業からの売り込み電話、DM送付、チラシの投げ込みなどはアウトバウンドで、コールセンターなどに来る問い合わせがインバウンドになる。

 

シニアビジネスでは、必死でアウトバウンドをするより、どのようにすればインバウンドが増えるかを考えるべきだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像