先週米国オハイオ州クリーブランドに出張してきました

村田裕之Eレター 2011年11月2日 Vol.16

こんにちは、村田裕之です。

 

先週米国オハイオ州クリーブランドに出張してきました。

主な目的は、現地で実施している学習療法の

日本以外で初のトライアルに関する打合せでした。

 

打合せ内容はトライアルの細かい意見交換にとどまらず、

日本と米国の介護施設、高齢者政策の共通点と相違点、

施設経営にまで及ぶ深い意見交換を行いました。

 

以前拙著「シニアビジネス」で、

「知的合宿体験」について書いたことがありますが、

今回の出張は、まさにこれであることを実感しました。

この投稿の続きを読む »

タグ


銀座百貨店の共同販促イベントの意味

村田裕之Eレター 2011年10月20日 Vol.15

こんにちは、村田裕之です。

 

昨日から長年のライバルだった銀座の三越と松屋が、

共同販促イベント「ギンザファッションウィーク」を始めました。

 

各メディアでは隣の有楽町に商業施設のオープンが相次ぐ中、

老舗同士の強力タッグで銀座の魅力を高め、

顧客流出を引き留める狙いであると報じています。

この投稿の続きを読む »

タグ


先輩からの一通の便り

村田裕之Eレター 2011年10月12日 Vol.14

こんにちは、村田裕之です。

 

先日、私が社会人としての歩みを始めた会社の先輩から

一通の便りが届きました。

 

それは、私がその会社を退職した時の

直属の上司の次のような近況が

写真とともに綴られていたものです。

この投稿の続きを読む »

タグ


スティーブ・ジョブズ逝く

村田裕之Eレター 2011年10月6日 Vol.13

こんにちは、村田裕之です。

 

すでに報道されている通り、

スティーブ・ジョブズ氏が56歳の若さで

お亡くなりになりました。

 

今回のスマートシニア・ビジネスレビューは

世界に多くの示唆を与えてくれたジョブズ氏への

哀悼の意を込めて書かせていただきました。

 

ジョブズ氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

何がほしいか考えるのは消費者の仕事ではない

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011106Vol.165

 

http://bb.hiroyukimurata.jp/perspective/1292/

この投稿の続きを読む »

タグ


年配男性に地域活動に参加してもらう方法

村田裕之Eレター 2011年9月28日 Vol.12

こんにちは、村田裕之です。

本日の読売新聞 論点に

「定年後の男性の社会参加 女性主導で巻き込め」

と題した小論が掲載されました。

 

最近、私としては意外なことに、女性の方から

「年配男性を活動に巻き込むにはどうしたらよいでしょうか?」

といった質問を頻繁に受けます。

 

高齢社会は、女性主導の様相が強く、現役時代に比べると

何となく男性の存在感が薄まっているように思われます。

 

結構難しいテーマなのですが、私の考えを述べてみました。

定年後男性の社会参加を促すには、ほかにどんなことが考えられるか、

ぜひ、ご意見をお寄せいただけると嬉しいです。

この投稿の続きを読む »

タグ


先週末、長野県松本市を訪れる機会がありました

村田裕之Eレター 2011年9月20日 Vol.11

こんにちは、村田裕之です。

 

先週末、長野県松本市を訪れる機会がありました。

長野県の経営者が一同に会する場で

講演する機会をいただいたからです。

 

隣の新潟県出身の私から見ると、

長野県は観光資源や特産物の面で

遥かに恵まれているように思えます。

 

ところが、こういう話をすると、奥ゆかしい長野県の皆さんは、

「そんなことはない、新潟の方が宣伝がうまい」

と謙遜されます。

 

お互いに他人の芝生はきれいに見えると言うことでしょうか。

今回は松本で知ったことにまつわる話をお伝えします。

この投稿の続きを読む »

タグ


アメリカから韓国へ

村田裕之Eレター 2011年9月6日 Vol.10

こんにちは、村田裕之です。

 

先週アメリカから帰国した翌々日、

世界陸上で盛り上がる韓国へ出張しました。

ただし、陸上の会場の大邸(テグ)ではなく、ソウル。

今回はそこで参加したシンポジウムに関する話しです。

この投稿の続きを読む »

タグ


周囲を元気にし、元気にする「モテ企業」の秘密

経済界 920日号 特集

経済界_110920_表紙モテる企業のモノには「志」や「魂」がこもっている

他人から「モテ」たいというのは、人間の根源的な欲求である。しかし、「会社経営はモテる、モテないというような軽いものではない」という方もいるだろう。要は周囲から認められ、支持されたいということである。

戦後期、高度成長期、バブル経済期と日本経済は目覚しい発展を遂げてきた。だが、バブル崩壊以降、ビジネスのあり方は一変。冷え込んだ消費に対応すべく、企業はさらに売れる商品・サービスを提供するため、生活者の視点を重視するようになった。その結果、市場にはあまり差がない商品・サービスがあふれるようになってしまった。消費者にとって欲しいものがない、企業も売れるモノを生み出すにはどうしたらいいか分からないという状況が生まれている。

この投稿の続きを読む »

タグ


今後10年間にアメリカの世帯の3分の1が 多世代世帯に?

村田裕之Eレター 2011年8月30日 Vol.9

こんにちは、村田裕之です。

 

昨日アメリカから帰国しました。

滞在中、ハリケーンの来襲があり、

あわや帰国できないという状況でしたが、

なんとか予定通り戻れました。

 

さて、今回は次の内容をお知らせします。

 

■大家族に回帰するアメリカ

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011830Vol.161

 

先週滞在先のアメリカで、興味深い話を聞きました。

今後10年間にアメリカの世帯の3分の1

「多世代世帯」になるというのです。

この投稿の続きを読む »

タグ


過去の実績から未来を予測できない

村田裕之Eレター 2011年8月25日 Vol.8

こんにちは、村田裕之です。

 

今回はアメリカ・クリーブランドからお送りしています。

こちらは、昼間は雲ひとつない快晴でしたが、

夜になり雷雨になっています。

 

現地での様子を適宜フェイスブック・ページにアップしていますので、

ご興味のある方は、ぜひ、こちらをご覧ください。

http://www.facebook.com/murata.hiro

 

日本出発の24日未明にワシントンで大きな地震があり、

バージニア州の原発が二機停止したと聞きました。

何か影響があるかと思いましたが、

実際は何もありませんでした。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像