Smart ageing strategies in Japan, Taiwan and Singapore

Population.sg  8月14日

シンガポール政府のNational Population and Talent Division (NPTD)が主催する「Population Singapore」というサイトに「Smart ageing strategies in Japan, Taiwan and Singapore」という記事が掲載され、私がスマート・エイジングの提唱者として紹介されています。(写真はシンガポール首相官邸)

この投稿の続きを読む »

タグ


タイムシフトが進み昼間市場が拡大 元気なシニアが街の風景を変える

日経ビジネス アソシエ9月号 2025大予測 「気が重い未来」の明るい歩き方

日経ビジネス アソシエの最新号特集「2025大予測」に私への取材を基にした記事が掲載されました。

記事には私が顔写真とプロフィール入りで紹介され、私が執筆したかのような体裁になっていますが、実際は担当記者の方が私の著書と取材を基に独自に作成したものです。

特集タイトルの通り「未来は明るいものにできる」ということを強調した作り方になっています。例えば、こんな感じです。

大予測1:会社も3人に1人は65歳以上 シニアの労働者は「6時~14時」が定時?
大予測2:行先は病院からフィットネスクラブへ 筋トレマニアの高齢者が増える!
大予測3:老いてもますます元気 シニア向けの昼間の娯楽市場が急拡大

この投稿の続きを読む »

タグ


「100兆円のシニア市場」で市場を読み誤ってはいけない

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第136回

よく「100兆円のシニア市場」と喧伝されることが多い。100兆円という数値はわかりやすく、市場の巨大さのイメージを作りやすい。

かつて、マルチメディア市場の予測で123兆円という数値が喧伝されたが、これも同様だ。こうした数値は多くの場合、民間シンクタンクが作る数値である。

しかし、ビジネスの現場では、このような大雑把な数値に惑わされることなく、ターゲットとするシニア消費者一人当りが、どの費目にどれだけの購買力があるかをきちんと把握すべきだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


日本企業はシニアへの売り方が上手 高齢者でも高齢者として扱わない

The Economist, Aug 4th 2018

英国の経済誌The Economist私への取材を基にした記事が掲載されました。英語のタイトルはJapanese firms get better at selling to seniors: Not treating anyone as if they are old is essentialというもの。日本企業のシニア向けの売り方が巧みであるとの内容です。

この投稿の続きを読む »

タグ


加齢科学、ビジネスに活かす 企業内専門家を養成

高齢者住宅新聞4月25日号

東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター(仙台市)は4月11日、東北大学スマート・エイジング・カレッジ(以下SAC)東京第4期で、シニア向け事業の企業内専門家「エイジング・サイエンティスト」を養成するプログラムを開始した。

この投稿の続きを読む »

タグ


これからのシニア事業に必要な人材は「エイジング・サイエンティスト」

スマートシニア・ビジネスレビュー 2018年4月9日 Vol.224

先週東北大学広報課よりリリースされたとおり、4月11日より東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京第4期が開講します。

第4期の力点は、加齢科学を理解しながら営利事業も構築できるシニア向け事業専門家「エイジング・サイエンティスト」の養成です。

この投稿の続きを読む »

タグ


フランスのシルバー経済アワードの審査員に選ばれました

SilverEco and Ageing Well International Awards

フランスが国策で進める「シルバー・エコノミー」の推進団体SilverEcoが主催する「Ageing Well International Awards 2018」の審査員に選ばれました。

この「Ageing Well International Awards」の受賞者は、3月28日にパリで開催される「Silver Night」というイベントで発表され、表彰式が行われる予定です。

この投稿の続きを読む »

タグ


これから既存事業は「スマート・エイジング・ビジネス」になる

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第130回

参加61社の4割以上が介護関連事業者

私たちが運営している事業支援カレッジ「東北大学スマート・エイジング・カレッジ(SAC)東京」が4月から第4期を開講する。私は本連載ではなるべく介護分野以外のシニアビジネスの話をしているが、実はSAC東京には多くの介護関連事業者が参加している。

第3期(2017年度)は全参加企業61社のうち25社、何と4割以上が介護・高齢者住宅・介護用品事業者なのだ(表参照)。過去3年間のうち、直近の第3期に最も多いのが特徴だ。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニア向けカフェ苦戦の理由は?

高齢者住宅新聞連載 村田裕之の「シニアビジネス相談室」第8回

04年に上梓した拙著「シニアビジネス 多様性市場で成功する10の鉄則」「退職者のための第三の場所」の例として、シカゴにあるマザー・カフェ・プラスを取り上げました。

それ以降、多くの企業が、このマザー・カフェ・プラスを真似して「○○カフェ」や「××サロン」を立ち上げましたが、ことごとく苦戦しました。苦戦理由の1つは、シニア向けカフェを平場のラウンジにしてしまうことにあります。

この投稿の続きを読む »

タグ


少子高齢化ビジネスの落とし穴

2月20日 日経トップリーダー経営研究会(金沢)

表題の研究会で講演とパネルディスカッションに参加します。講演のタイトルは主催者からの依頼で「少子高齢化ビジネスの落とし穴」

少子高齢化ビジネスに限らず、ビジネスには落とし穴が沢山あり、それを潜り抜ける眼力と胆力がなければ経営は立ち行かないでしょう。私の場合はシニアビジネスの専門家として特に高齢者向けビジネスの落とし穴に焦点を当ててお話をするつもりです。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像