提言・ホームセンターのための『成功するシニアビジネス』

ダイヤモンド・ホームセンター11月号特集 実践!シニアマーケティング

DHC_coverオムニチャネルはシニアシフト対策!

元気なシニアとそれ以外の層で分けてビジネスを考える

 

 

ホームセンター(HC)にとって60歳以上のシニアは、人口のボリュームも大きく今後ますます重要な顧客層。そのシニアにうまくアプローチして結果を残すには、具体的にどうすればいいのだろうか? シニアビジネス分野の第一人者で『成功するシニアビジネスの教科書』などの著書がある村田アソシエイツ代表取締役でエイジング社会研究センター代表理事、東北大学特任教授も務める村田裕之氏にうかがった。(構成=寺尾淳)

 

HCは一番いいポジション

 

シニア市場は「多様なミクロ市場の集合体」です。この市場は、人数は多いけれど人により欲しいものも好みも違い、一つの商品がメガヒットになりにくい。その意味ではHC業態はさまざまな商品が豊富にあり、その中から自分に合う好きなものが選べるので、シニア市場の特徴に比較的合っている業態といえます。実際、すでに客層のかなりの部分はシニアの人で占められているでしょう。

この投稿の続きを読む »

タグ


「シニアシフトの衝撃」がついに3刷達成しました!

2013101 村田裕之の活動

シニアシフトの衝撃_カバー画拙著「シニアシフトの衝撃」が、ついに(ようやく)3刷りを達成しました。201211月発売後、2か月後に重版を達成していたので、発売後何と111か月での3刷り達成です。お買い求めいただいた皆様、本当にありがとうございます。

 

出版不況で、現在は新刊が出ても重版達成できるのが2割以下と言われています。しかも、通常発売2、3か月以内に重版にならないと、まず重版は無理と言われています。

 

しかし、私の書籍はじわじわと売れていく傾向があるようで、10年前の処女作「シニアビジネス 多様性市場で成功する10の鉄則」の時も、発売後8か月後に重版になるという異例のケースでした。

この投稿の続きを読む »

タグ


近未来のシニアの消費行動をどう読み解くか?

不動産経済 連載シニアシフトの衝撃 第7

ショールーミングで購入されやすいものスマートシニアの増加でモノが売りにくくなる

 

IT機器が普及すると市場の情報化がどんどん進んでいく。すると、市場がガラス張りになり、商品の売り手はごまかしが効かなくなる。ネットで見れば、ほとんどのモノが、どこで、いくらで売られているかがわかってしまう。

 

最近は「ショールーミング」と呼ばれる消費行動を取る人が増えた。これは、ネットであらかじめ欲しい商品の情報を調べたうえで、店頭で実際の商品を手に取って確認し、店員に価格を尋ねたうえで、ネットで購入するというものだ。

 

情報武装した「スマートシニア」もこのように、ネットを縦横に活用して情報収集を徹底し、商品をじっくり吟味して決して衝動買いをしない。特に高額商品はその傾向が強い。

 

こうした「スマートシニア」が増えていくと、簡単に商品が売れにくくなる。すると市場は「売り手市場」から「買い手市場」になっていく。その結果、従来の売り手の論理や常識が通用しなくなる。

 

たとえば、有料老人ホーム市場は、従来の常識が覆った市場の典型である。数年前の常識は、数年後には通用しない。そうした事例が数多く見られる市場だ。

この投稿の続きを読む »

タグ


OL旬box 成功するシニアビジネスの教科書

シティリビング 2014829日号

 

シティリビング140829これからの産業界で避けては通れないシニアビジネスについて分かる指南書

 

数々のシニア事業を成功に導いた村田裕之さんの著書「成功するシニアビジネスの教科書」は、これからのシニアビジネスの指南書。超高齢化が進む社会で、どのようにシニアシフト対応ビジネスを展開していくか、「シニアの消費行動はいかにして起きるか」「いかにしてビジネスチャンスを見つけるか」という8つの角度からひも解きます。

 

これからの時代に見過ごせないシニアビジネスについて学べます。

 

 

成功するシニアビジネスの教科書』の詳細目次を見る

この投稿の続きを読む »

タグ


今月の本 成功するシニアビジネスの教科書

販促会議 20149月号

販促会議_2014年9月号_書評シニア市場でビジネスを始めるために何から手を付けたらいいのか、事業に取り組んでいるが苦戦している…。悩みを抱える人たちに向け、シニアビジネスの第一人者が指南する。

 

 

成功するシニアビジネスの教科書』の詳細目次を見る

 

 

ちなみに、この販促会議では、昨年一年間「実例!シニアを捉えるプロモーション」と題した連載を1年間行いました。その内容は次からお読みいただけます。

この投稿の続きを読む »

タグ


新刊 成功するシニアビジネスの教科書

繊研新聞 2014723日号

 

senkennews<超高齢化社会をビジネスチャンスにする技術>

 

猛スピードで進む超高齢化社会において、シニアシフトに対応したビジネスはあらゆる業種で必須となっている。いかにシニアに消費行動を起こし、いかに顧客にするか。

 

数々のシニア事業を成功に導いている村田氏が同ビジネスの悩みを解決する「八つの視点」、キーワードを詳細かつ分かりやすく解説。それぞれに適したシニアビジネスに対応する指南書となっている。

この投稿の続きを読む »

タグ


若者のためにもなるシニアビジネス 『成功するシニアビジネスの教科書』

保険毎日新聞 2014718日号 新刊紹介

homai_140718近年の少子高齢化の進行を受けて、企業ではターゲット顧客を若者中心から高齢者中心へと移行する「企業活動のシニアシフト」が起こりはじめている。その一方で、「具体案や的確な企画が浮かばない」「事業に取り組んでいるものの苦戦している」などといった悩みを抱えている企業も少なくない。

 

多くのシニア事業を成功に導いてきた著者は、これまで多くの企業担当者から質問や相談を受けるとともに、実際の現場での苦い経験を持つ。本書は著者の経験を基に構成されており、同じ悩みで悪戦苦闘している当事者の悩みを解決する内容となっている。

 

著者は本書で、シニアビジネス成功の秘訣(ひけつ)を公開するだけでなく、シニアビジネスは若者のためにもなると断言する。一つでも多くの健全なシニアビジネスが創出され、シニアの生活不安の解消・生きがいづくりにつながれば、企業の業績が向上して若者の雇用機会が増えるというのだ。

 

国内シニアビジネスの第一人者である著者は、その体験から、一見暗く思われがちな超高齢社会の日本の未来を「決して暗くない」と力強く訴える。超高齢社会をもっと面白いものにする工夫を、明るく楽しく進めていくためにも手に取ってみたい1冊だ。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニアの身近な「不」に目を向けよ

大正リポート 20146月号 シニア市場をねらえ 第4

大正製薬_大正リポート_2014年7月_表紙「大正リポート」は、大正製薬が全国のドラッグストアなど小売店向けに発行している情報誌。本年10月号よりスタートした新企画「シニア市場をねらえ!」を私が監修しています。

 

146月号の連載第4回は「シニアの身近な「不」に目を向けよ」がテーマ。シニアの消費を取り込むために「シニア特有の嗜好性を理解する」ことや「シニアの消費心理を把握する」ことを過去3回の連載でご紹介しました。

 

では具体的にどのような点に着眼すればよいのでしょうか。既存のシニア市場が一見、飽和しているように見えても、シニア層は何らかの「不(不安・不満・不便)」を持っていることが意外に多いのです。

 

したがって、こうしたシニアの「不」の内容を具体的に突き止め、それらの「不」を解消する商品やサービスを提供すれば新たなチャンスが生まれるのです。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニアシフト対応ビジネス書の決定版

日本経済新聞 2014623日 日経からのお知らせ

日経朝刊告知記事140623日本経済新聞の「日経からのお知らせ」のコーナーに拙著「成功するシニアビジネスの教科書」の告知記事が掲載されました。

 

皆さんは、「日経出版から出版したんだから、日経新聞で告知して当たり前」、だと思われるかもしれません。しかし、実はそうではありません。

 

というのは、以前と違って、最近は出版社はよほどのことがない限り、新刊発売時に日経新聞に広告を出さないからです。

 

また、日本経済新聞出版社は、日本経済新聞社のグループ会社ですが、日本経済新聞は日本経済新聞出版社の広告ばかりを扱っているわけではありません。(ちょっとややこしくてすいません)

この投稿の続きを読む »

タグ


2大特典つきキャンペーンは本日23時59分まで!

村田裕之の活動

 

ベストセラー1位おかげさまで、昨日上梓した新著「成功するシニアビジネスの教科書」がAmazonマーケティング・セールス部門で1、書籍総合部門で121となりました。

 

早速お買いいただいた皆様、本当にありがとうございます!

 


さて、この新著では、サブタイトルのとおり、「超高齢社会」をビジネスチャンスにする”技術”を次の8つの視点から詳説しています。

 

第1章 シニアの消費行動はいかにして起きるか?

第2章 いかにしてビジネスチャンスを見つけるか?

第3章 いかにしてシニアビジネスを発想するか?

第4章 いかにしてシニアのニーズを把握するか?

第5章 いかにしてシニア「個客」にうける商品開発をするか?

第6章 いかにしてシニアの消費心理を踏まえた商品提案をするか?

第7章 いかにしてシニア顧客にリーチするか?

第8章 いかにしてシニア「個客」をあなたの「顧客」にするか?

 

新著は、お読みいただいた方が、シニア市場を対象にビジネスに取り組む際に、必要となる “技術”を具体的に述べています。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像