朝ウォーキングのすすめ

2019年3月10日 生活のヒント

私は原則、毎朝、ウォーキングをしています。

ウォーキングのような有酸素運動は体内の脂肪を燃やす効果があり重要です。

しかし、これを朝行う理由は、太陽の光を浴びることと、リズミカルに歩くことが脳内でセロトニンという神経伝達物質の分泌を増やすからです。

セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンといった興奮性の神経伝達物質の活動を調節して、不安感をなくし、精神を安定させ、脳内に負の記憶、マイナスのイメージが過剰に形成されるのを抑制する作用があります。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニアの早朝ウオーキング 日光と運動、うつ防ぐ

日本経済新聞夕刊 2016年3月9日 読み解き現代消費

nikkei160309日経夕刊2面の連載コラム「読み解き現代消費」『シニアの早朝ウオーキング 日光と運動、うつ防ぐ』を寄稿しました。

「読み解き現代消費」は、毎週水曜日、気になる消費トレンドについて、その背景などを読み解くコラムです。私も執筆者の一人に名を連ねており、一か月半に一度のペースで寄稿しています。以下に全文を掲載します。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像