意外に知らないシニア消費100兆円の「中身」

スマートシニア・ビジネスレビュー 2012年2月6日 Vol.175

シニア消費100兆円前回、日経新聞の記事を題材に

「シニア消費100兆円の正しい見方」

について説明したところ、多くの反響をいただきました。

 

ところが、2月5日の産経新聞「今年で65歳、完全リタイア シニア市場100兆、団塊商戦再び」という記事が。

 

明らかに先の日経記事の二番煎じですね。

 

企業担当者は、こういう「100兆円市場」だけを強調した

表面的な記事に振り回されないよう、

シニア市場の本質を見極めることが大切です。

 

ということで、今回はシニア消費100兆円が、

何に対していくら消費されているのかについて説明します。

 

次のページの図表2-4をご覧ください。

http://muratainc.com/basics/02.html

 

図表2-4は、総務省統計局「家計調査」をもとに、

世帯主の年齢階級別の世帯あたり月間消費支出を

グラフ化したものです。

 

このうち、世帯主年齢が50代、60代、70代の

世帯あたり月間消費支出を図表2-5に示してあります。

 

50代世帯とシニア世帯(60代以上の世帯)とを比較すると、

費目別の支出金額が異なることがよくわかります。

この投稿の続きを読む »

タグ


どこに100兆円もの市場があるんだい?

村田裕之Eレター 2012年1月30日 Vol.25

こんにちは、村田裕之です。

 

冬らしい寒さが続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?

今回は先日の日経新聞の記事にまつわる話題です。

 

■シニア消費100兆円の正しい見方

スマートシニア・ビジネスレビュー 2012130Vol.174

 

 

121日の日経新聞夕刊に「シニア消費100兆円」

という記事が一面トップで掲載されていました。

皆さんはこの記事を見てどのようなことを感じたでしょうか?

 

私の周りの人たちからは、

100兆円もあるの?やっぱりシニア市場は大きいね」

という反応があった一方で、

 

「高齢者を見ていると生活がつましくてピンとこない。

どこに100兆円もの市場があるんだい?」

という反応もありました。

 

そこで今回のレビューでは、

この「シニア消費100兆円」の詳細を解説しました。

 

シニア消費を理解するカギとなる役立つ数値も多く掲載しており、

シニア消費に関心のある企業担当者の方は必読です。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニア消費100兆円の正しい見方

スマートシニア・ビジネスレビュー 2012129Vol.174

nikkei_120121121日の日経新聞夕刊に「シニア消費100兆円」

という記事が一面トップで掲載されていました。

皆さんはこの記事を見てどのようなことを感じたでしょうか?

 

私の周りの人たちからは、

100兆円もあるの?やっぱりシニア市場は大きいね」という反応があった一方で、

 

「高齢者を見ていると生活がつましくてピンとこない。

どこに100兆円もの市場があるんだい?」

という反応もありました。

 

そこで今回のレビューでは、

この「シニア消費100兆円」の詳細を解説しました。


シニア消費を理解するカギとなる役立つ数値も多く掲載しており、

シニア消費に関心のある企業担当者の方は必読です。

この投稿の続きを読む »

タグ


タニタ弁当に学ぶ新商品開発のコツ

村田裕之Eレター 2012年1月20日 Vol.24

 

こんにちは、村田裕之です。

 

年初からアメリカ出張、その後いろいろとあり、

ちょっとご無沙汰しました。

今年最初のEレターをお送りします。

 

コストを下げても高く売れるタニタ弁当

スマートシニア・ビジネスレビュー 2012120Vol.173

 

 

先日スタッフにランチ購入の依頼をしたところ、

「タニタ社員食堂」担当栄養士監修と

クレジットのついた弁当が届きました。

 

パッケージ表面には「371kcal、食塩相当量 1.7g」と書かれたラベル。

私は油断するとすぐ太るのでカロリー制限するようにしています。

そのことを知っていたスタッフが気を利かして買ってきてくれたのです。

この弁当はコンビニではナチュラルローソンだけにあるようです。

この投稿の続きを読む »

タグ


コストを下げても高く売れるタニタ弁当

スマートシニア・ビジネスレビュー 2012120Vol.173

tanita-bento先日スタッフにランチ購入の依頼をしたところ、

「タニタ社員食堂」担当栄養士監修と

クレジットのついた弁当が届きました。

 

パッケージ表面には「371kcal、食塩相当量 1.7g」と書かれたラベル。

私は油断するとすぐ太るのでカロリー制限するようにしています。

そのことを知っていたスタッフが気を利かして買ってきてくれたのです。

この弁当はコンビニではナチュラルローソンだけにあるようです。

 

本レビューでも取り上げた丸の内タニタ食堂が評判のようですが、

そこでの売りは社員食堂レシピ本を監修した栄養士さん。

この弁当の売りも同じです。

 

主菜は「厚揚げのピリ辛きのこあんかけ」。

副菜にごぼうとちくわ、ニンジンの和え物、サツマイモの甘酢煮。

ご飯は五穀米。ヘルシーな雰囲気が前面に出たメニューです。

 

さて、食べてみると、うーん、ちょっと味が薄い・・・。

そう感じたすぐ後に、ピリッと辛い後味がする。

なるほど、このピリ辛で、ヘルシーだが味気ないと思わせない。

そんな工夫を感じました。

 

この昼食のカロリーは弁当371kcal+豚汁84kcal、計451kcal

私の目標の1500 kcalを大きく下回りました。

 

そこで、ふと、面白いことに気が付きました。

 

この投稿の続きを読む »

タグ


若いスタッフと年長者とがつくる未来

村田裕之Eレター 2011年12月28日 Vol.23

こんにちは、村田裕之です。

 

今年も気が付けばあとわずかになりました。

多くの職場では今日が仕事納めではないでしょうか。

今年最後のEレターをお送りします。

 

高齢社会に明るい未来を感じる瞬間

スマートシニア・ビジネスレビュー 20111228Vol.172

 

「高齢社会」という言葉のイメージは、一般に明るくない。

年金崩壊、高齢者医療費、介護地獄、孤独死などなど、

油断すれば暗い話の“たこつぼ”に、はまってしまう。

 

だが、私には一見暗く見える高齢社会に

明るい未来を感じる瞬間がいくつかある。

この投稿の続きを読む »

タグ


高齢社会に明るい未来を感じる瞬間

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011年12月28日 Vol.172

1007X370_2

「高齢社会」という言葉のイメージは、一般に明るくない。年金崩壊、高齢者医療費、介護地獄、孤独死など、油断すれば暗い話の“たこつぼ”に、はまってしまう。

 

だが、私には一見暗く見える高齢社会に

明るい未来を感じる瞬間がいくつかある。

 

そのひとつが女性専用フィットネス、

カーブスのイベントに参加する時だ。

今年は1211日にパシフィコ横浜で開催された。

 

前日土曜の夜にアメリカからのべ15時間のフライト。

帰国したばかりの身にとって、翌日午前9時半からの

横浜でのイベント参加は、正直言って辛いものがあった。

 

しかし、だるい身体に鞭打って会場にたどり着くと目が覚めた。

広い会場全体を埋め尽くした20代中心の

若い女性の大群に遭遇したからだ。

 

その数、今年は3,500人。

日曜日にもかかわらず、全国のカーブス店舗の

スタッフ全員が集まっていたのだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


らくらくホンによる独居高齢者見守り実験が始まりました

村田裕之Eレター 2011年12月21日 Vol.22

こんにちは、村田裕之です。

 

今回のビジネスレビューでは

座間市で始まったらくらくホンによる

独居高齢者見守り実験の意義と背景について解説しました。

 

香港で普及している見守りサービスのきっかけは

亜熱帯の香港に真冬の寒波がやってきて

多くの独居高齢者が亡くなったことでした。

 

冬到来のこの時期に始まる実験は、

タイムリーと言えましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ


携帯電話による独居高齢者見守り実験の意義

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011年12月21日 Vol.171

zama_docomo1214日、社会福祉法人座間市社会福祉協議会は、

NTTドコモのらくらくホンベーシック3で利用できるサービス「つながりほっとサポート」を活用した高齢者の見守り実証実験を行うと発表した。

 

私は、今回の実証実験には、①従来「個人レベル」にとどまっていた携帯電話による見守りサービスの、「地域コミュニティ」レベルへの適用、②「通信インフラ」として定着した携帯電話網の、「高齢者見守りインフラ」としての活用、の二つの意義があると考える。

 

「つながりほっとサポート」では、

自分の携帯電話の利用状況を

あらかじめ指定した「つながりメンバー」へ

伝えることができる。

 

ここで、利用状況は、歩数計の歩数、

携帯電話の開閉回数、電池残量やカメラの利用

といった間接的な情報の形で

「つながりメンバー」と共有される。

 

「つながりメンバー」とは、自分がつながりたい人で、

通常は子供、孫、親しい友人などが対象となる。

 

ただし、今回の実験では、座間市の高齢者を

「支援対象者(見守られる人)」とし、

「つながりメンバー」を「支援者(見守る人)」として公募し、

実験するとのことだ。

この投稿の続きを読む »

タグ


日本の近未来を暗示するアメリカの現実

村田裕之Eレター 2011年12月14日 Vol.21

こんにちは、村田裕之です。

 

前回のこのメールで、

 

百聞は一見に如かず。

現地でしか見られない現実に触れてこようと思います。

 

と書いたのですが、まさに現地で、肌で感じないと

分からない多くのことに触れることができました。

 

今回のレビューで、その一端をお伝えします。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像