SAC東京 第3期生募集に向け特別セミナー開催

シニアビジネスマーケット3月号

さる1月31日(火)、東北大学加齢医学研究所主催による「東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京(SAC東京)特別セミナー」が、同校の東京サイト(東京・日本橋)にて開催された。

SAC東京は、企業経営者・実務担当者向けに、企業の健康寿命延伸ビジネス開発を支援する“事業支援カレッジ”として2015年4月にスタート、現在第3期生を募集中。

この投稿の続きを読む »

タグ


スマート・エイジング・カレッジ東京第3期 参加企業募集中!

3月1日 村田裕之の活動

SACTokyo

2017年4月より開講する東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京(SAC東京)第3期の新規参加企業の募集が始まりました

今回募集するのは「コースⅠ:加齢医学の基礎からシニアビジネスまで」への参加企業です。16年度(第2期)はコースⅠに37社、39口が参加していますが、17年度(第3期)では現コースⅠ参加企業の大半がコースⅡに移行することから新規参加企業を募集するものです。

SAC東京は、企業の経営者・実務担当者に対して「加齢医学の基礎」から「シニアビジネス」まで最先端の研究開発動向と事業化に有用な知識と知恵を包括的・網羅的に提供し、健康寿命延伸・スマート・エイジング関連ビジネスを多様な角度から支援する「事業支援カレッジ」です。

この投稿の続きを読む »

タグ


村田裕之講演トーク 2017年

講演は公開開催分のみ掲載しています。(企業内で実施のものは原則非公開です)
講演のご依頼はこちら

日付:4月25日-26日
イベント名:Ageing Asia Innovation Forum 2016
場所:Marina Bay Sands(シンガポール)
題名:Future of Integrated Care:HOUSING, HEALTH & COMMUNITIES
対象:アジアの企業、NPOの経営者、行政関係者
案内はこちら

日付:3月25日
イベント名:The 50 plus Conference 2017
場所:SUNTECH  Convention & Exhibition Center(シンガポール)
題名:Keeping Brain Sharp for Smart Ageing
対象:シンガポールの50歳以上の方、NPO経営者、政府関係者
案内はこちら

日付:3月22日
イベント名:茅ヶ崎市シニアビジネス講演会
場所:茅ヶ崎市商工会議所(茅ヶ崎市)
題名:シニアビジネス成功の視点と今後の市場動向
対象:茅ヶ崎市内の企業経営者及び担当者の方
案内はこちら

日付:3月16日
イベント名:「桐の会」講演会
場所:日本政策金融公庫盛岡支店
題名: 成功するシニアビジネス~超高齢社会をビジネスチャンスにする技術
対象:会員の方
案内はこちら

日付:3月15日
イベント名:スマート・エイジング・カレッジ東京第12回月例会
場所:東北大学東京分室(千代田区丸の内)
題名:報酬系・罰系の働きを理解するとシニアの消費行動が見えてくる、他
対象:SAC東京参加企業
案内はこちら

日付:2月23日
イベント名:スマート・エイジング・カレッジ東京第11回月例会
場所:東北大学東京分室(千代田区丸の内)
題名:老練なわざの熟達、ほか
対象:SAC東京参加企業
案内はこちら

日付:2月19日
イベント名:ビートたけしのTVタックル(テレビ出演)
場所:テレビ朝日
題名: 超高齢社会問題について(仮)
対象:一般の方
案内はこちら

日付:2月17日
イベント名:バイヤー大学2017
場所:幕張メッセ国際会議場
題名:シニア層を狙った売場・マーケティングの方向性
対象:スーパーマーケットのバイヤーの方
案内はこちら

日付:2月6日
イベント名:報道ライブINsideOUT(テレビ出演)
場所:BS11
題名: 今注目 平成を救う昭和の底力 温故知新が明日を創る
対象:一般の方
案内はこちら

日付:1月31日
イベント名:スマート・エイジング・カレッジ東京特別セミナー
場所:東北大学東京サイト(東京・日本橋)
題名:2017年のシニア市場を読み解く視点とSAC東京の役割
対象:企業の方
案内はこちら

日付:1月19日
イベント名:スマート・エイジング・カレッジ東京第10回月例会
場所:東北大学東京分室(千代田区丸の内)
題名:免疫機能を活用して健康支援産業を創出する、あなたの健康と長寿を守る機能性ヨーグルト
対象:SAC東京参加企業
案内はこちら

2016年を見る

講演トークを依頼する

講演トーク トップに戻る

タグ


01/22/2017 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:

日経スマート・エイジング・フォーラムで講演します

11月13日 日本経済新聞社

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%b5%8c%e6%b8%88%e6%96%b0%e8%81%9e_1025日本経済新聞社が主催する日経スマート・エイジング・フォーラムで講演することになりました。このタイトルからお分かりのように東北大学加齢医学研究所が協力しています。

これまで日本経済新聞で何度か告知されており、ご存知の方も多いかと思いますが、申込締切が本日10月31日とのことで、私からもお伝えすることにしました。

この投稿の続きを読む »

タグ


10/31/2016 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

事務所を日本橋ライフサイエンスビルディングに移転しました!

2016年10月2日 村田裕之の活動

nihonnbashi_lsこのたび村田アソシエイツの事務所を麻布十番から日本橋に移転しました。また、これに併せて東北大学加齢医学研究所附属スマート・エイジング国際共同研究センター東京分室、特定非営利活動法人 エイジング社会研究センターも同じビルに移転しました。

新事務所の所在地は次の通りです。

〒103-0023
東京都中央区日本橋本町二丁目3番11号
日本橋ライフサイエンスビルディング4階

最寄り駅からのアクセスは次の通りです。

東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前駅」A6出口より徒歩3分
JR総武快速線「新日本橋駅」5番出口より徒歩3分
JR山手線「神田駅」東口より徒歩10分

この投稿の続きを読む »

タグ


東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京 異業種61社で第2期開講

スマートシニア・ビジネスレビュー 2016年4月8日 Vol.216

SACTokyo昨日午後、東北大学広報課よりプレスリリースされたとおり、4月15日より東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京第2期が開講します。

健康寿命延伸の必要性は様々なところで叫ばれており、最近は類似の研究会も増えています。

しかし、健康寿命延伸の根幹である加齢医学の学術的な知見と最新のシニアビジネスの知見とを融合した「事業支援カレッジ」というコンセプトは、本SAC東京以外には見当たりません。

この投稿の続きを読む »

タグ


東北大学 事業支援カレッジ スマート・エイジング提唱

高齢者住宅新聞 2月3日号

koreishajutaku1602031月20日、東北大学東京分室において東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京(以下・SAC東京/東京都千代田区)主催「スマート・エイジング特別セミナー」が開催された。当日は東北大学の川島隆太教授と村田裕之特任教授が経営者向けに講演した。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニア市場戦略学ぶ 経営者向けセミナー、東京で

高齢者住宅新聞 2016年1月13日

koureisha150113高齢者住宅新聞に1月20日のスマート・エイジング特別セミナーの告知記事を掲載いただきました。ただし、あいにくセミナーは各回ともすでに満席で締め切っています。16年4月開講のSAC東京第2期は新規参加企業を募集していますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

この投稿の続きを読む »

タグ


東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京第2期参加企業募集

スマートシニア・ビジネスレビュー 2015年12月15日 Vol.214

SACTokyo東北大学加齢医学研究所附属スマート・エイジング国際共同研究センターは、2016年4月より開講する東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京(SAC東京)第2期の参加企業を募集します。

SAC東京は、企業の経営者・実務担当者に対して「加齢医学の基礎」から「シニアビジネス」まで最先端の研究開発動向と事業化の知恵を包括的・網羅的に提供し、健康寿命延伸ビジネスを多様な角度から支援する「事業支援カレッジ」です。

2015年4月に開講した第1期は、48社57名の参加を得て運営しています参加企業一覧はこちら

この投稿の続きを読む »

タグ


どうすれば後半生をイキイキと元気に過ごせるか?

8月30日 河北新報

150830_kahoku9月26日に仙台市の河北新報社1Fホールで開催される「河北一日大学セミナー」で講演することになりました。本日(8月30日)の河北新報朝刊でも大きな告知案内が掲載されています。

講演タイトルは「どうすれば後半生をイキイキと元気に過ごせるか?土地オーナーのためのスマート・エイジング」

仙台市または宮城県在住の方であれば、東北大学が開催している「スマート・エイジング・カレッジ」のことをご存知の方は多いと思います。このカレッジは、東北大学が06年から提唱している「スマート・エイジング」の考え方に基づき、12年より毎年100名の市民受講生が参加して開催しているものです。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像