ウイズコロナ時代の三世代コミュニケーションツール

シルバー産業新聞 連載「半歩先の団塊・シニアビジネス」第160回

まごチャンネル

緊急事態宣言が解除されたが、全ての国民に「新しい生活様式」が求められている。感染防止のために人との接触をなるべく避けるためだ。

シニアにとりわけ辛いのは自粛要請で旅行ができなくなったことだ。従来旅行市場をけん引していたのは平日でも自由に行動できる60代以上のシニア層だった。

だが、外出自粛で市場がほぼ消滅してしまった。緊急事態宣言が解除されても多くの高齢者施設では外出や来訪者の受け入れが依然制限されている。

この投稿の続きを読む »

タグ


VR リアルに感じる条件は?

2020年5月15日 日経MJ連載 なるほどスマート・エイジング

VR機器を使えばリアリティーを感じるわけではない

「ニューノーマル」という言葉がよく聞かれます。アフターコロナの時代の新生活様式のことを呼ぶようです。外出時のマスクの装着、人と2メートル程度離れること、オンライン会議など、他人と接触しないで生活することがその核になっています。

そこで注目を浴びているもののひとつが仮想現実(VR)を使ったサービスなのですが、それで本当に「現実感」を感じるの??と言うものが目に付きます。こうしたサービスで人がリアリティーを感じるためにはVR機器を使うだけでは不十分です。その勘所を解説しました。

この投稿の続きを読む »

タグ


仮想認知症ツアーという擬似体験

スマートシニア・ビジネスレビュー 2010年10月20日 Vol.145

DSC_9024今月初めに米国フロリダ州オーランドで開催された
AARPの年に一度の会員向け大イベント、
AARP Orland@50+に参加しました。

このような団塊世代やシニア向けのイベントは、
日本では2007年頃まで存在しましたが、
最近見かけなくなったので、少し懐かしい感じがしました。

とはいえ、従来よく見られた会員全体で政府に対して
シュプレヒコールを上げるようなシーンは少なくなり、
代わりに会員向けにいろいろな商品・サービスを紹介する
「販売展示会」の色彩が強くなっていました。

そのなかで目にとまったものの一つが、
Virtual Dementia Tour(仮想認知症ツアー)。
認知症でない健康な人が認知症になると、
どのような感覚になるのかを擬似体験できるという
仮想現実感(Virtual Reality)によるシミュレーターでした。

この投稿の続きを読む »

タグ


高齢者の疑似体験

スマートシニア・ビジネスレビュー 2005年6月1日 Vol. 69

instant-senor少し前に自宅近くの女子大の学園祭で、
町の福祉団体が「高齢者疑似体験コーナー」
というのを催していました。

その中身は、小学生を対象に
おもりのついた服を着せたり、
子供の手足におもりが埋め込んである
サポーターを巻くというものでした。

さらには、視界が極端に狭くなる
サングラスというのもありました。

何のためにこういう「体験機会」を設けるのかを
コーナーの主催者に尋ねたところ、
担当の女性から次の回答が返ってきました。

「こういう体験によって子供に
高齢者へのいたわりの気持ちが湧くのです」

その言葉が、福祉団体の何の悪意もなさそうな
女性のものだったので、
逆にこうした疑似体験の落とし穴を
強く感じざるを得ませんでした。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像