親が70歳を過ぎたら読む本

21年7月1日 ダイヤモンド・プレミアム

6刷のロングセラー、サブスクで登場

このたび拙著「親が70歳を過ぎたら読む本」が、ダイヤモンド社運営の「ダイヤモンド・プレミアム」で公開されました。

ダイヤモンド・プレミアムは、有料会員登録をするとダイヤモンド社のベストセラーが読み放題になる、いわゆるサブスクリプションサービスです。

拙著は10年前の東日本大震災の1か月前に上梓したものです。上梓1か月後に震災が起き、世の中は本どころではないという雰囲気になりましたが、発売14か月後に何とか最初の重版がかかりました。

別の出版社の方から「そんなに遅く重版がかかるのは絵本以外聞いたことがない」と言われたものでした。

しかし、その後もコツコツと売れ続け、気が付けば6刷まで辿りつきました。この6刷というのは私の著作のなかでも初めてのことです。

その後電子書籍が登場し、拙著も電子化されましたが、未だにじわじわとコンスタントに売れています。その実績から今回このコンテンツとしての掲載が決まったようです。

上梓後10年経ちましたが、高齢の親をもつ家族の課題は本質的に変わっていないようです。まだ読まれていない方は、よろしければご一読ください。

親が70歳を過ぎたら読む本(ダイヤモンド・プレミアム)
親が70歳を過ぎたら読む本(単行本)

あわせて読みたい関連記事