ロコモティブシンドロームと当事者意識

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011年2月28日 Vol.149

locomo先日拝聴した東京大学中村耕三教授の話が印象的でした。中村教授は「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」(略してロコモ)という概念の提唱者として著名な方です。

ロコモとは骨や関節などの運動器の障害による
要介護の状態や要介護リスクの高い状態のことを言います。

ロコモの人数は現時点で予備軍を含めて4700万人存在し、
60歳過ぎの団塊世代が75歳以上になる頃、
この人数が莫大な数になると教授は警鐘を鳴らしています。

私が特に印象に残ったのは、次のくだりでした。

「60代の人に介護と言っても俺には関係ない』と言われるが、
『あなた、足腰が弱っているでしょう』と言えば、
『そうなんです』とうなづく」

このくだりは、私たちの行動の習性を
よく表していると思いました。

この投稿の続きを読む »

タグ


間違いだらけの親孝行ビジネス

週刊ダイヤモンド 2011年3月5日 号  特集 今、親のためにしたいこと

title_wdiamond_110228週刊ダイヤモンド特集「今、親のためにしたいこと」に村田のコメントが掲載されました。親孝行がブームになるというのは、何か世の中がおかしい気がしますが、それが今の現実なのでしょう。こうした動きは、必ず商品を売りたい側の企みが背景にあるので、安易にそれに乗せられないように注意すべきです。

この投稿の続きを読む »

タグ


「親が70歳を過ぎたら読む本」上梓に際して

スマートシニア・ビジネスレビュー 2011年2月10日 Vol.148

2月12日に久しぶりに新著を上梓することになりました。

タイトルは「親が70歳を過ぎたら読む本」。
「相続・認知症・老人ホーム・・・について知っておきたいこと」
というサブタイトルがついています。

今回はこの場をお借りして、なぜ、私がこの本を書こうと思ったのかをお話します。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像