日本1200兆円市場に先手 「先進国」のノウハウ生かす

日経ヴェリタス2012325日号 「老い風」をつかもう

日経ヴェリタス_120325_2強みを現地で発揮

 

先手を打ったその先、日本企業が世界の「15兆ドル(約1200兆円)市場」を制するための条件は何か。高齢者市場に詳しい東北大学の村田裕之特任教授は「国や地域ごとに異なる高齢化のスピードと現地ニーズ」を複眼で分析し、自社の強みをいかに的確に重ね合わせていけるかがカギだと説く。

 

例えば国土が狭く、高層マンションに住む人が多いシンガポールや香港なら、高齢者を「買い物難民」から救う宅配便や宅配弁当、コンビニエンスストア事業などが理にかなうという。実際、ヤマトホールディングス(9064)は10年にシンガポール、昨年は香港に進出した。ファミリーマート(8028)は5065歳向けの商品を開発する「おとなコンビニ研究所」を1年半前に設立。「国内で開発したシニア向け商品を今後、高齢化が急速に進む中国などにも投入する可能性がある」(同社役員)とタイミングをうかがう。

この投稿の続きを読む »

タグ


超高齢化時代到来、シニア市場はこれからどうなる?

2012420日 福岡日経懇話会

日経懇話会会報表紙福岡日経懇話会例会で「超高齢化時代到来、シニア市場はこれからどうなる?」をタイトルに講演することになりました。

 

対象は福岡日経懇話会会員企業の経営者の皆さんです。

 

最近九州を訪れる機会が増えています。空路が便利になり、日帰りが多いのが残念ですが・・・

 

以下が例会の案内です。

この投稿の続きを読む »

タグ


03/29/2012 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:講演

中部経産局 ヘルスケア産業創出へ

2012年3月28日 中部経済新聞

中部経済新聞_120328_2中部経済産業局(紀村秀俊局長)は27日、名古屋市内のホテルで「新ヘルスケア・サービス産業創出懇談会」の第1回会合を開催し、同分野についての取り組み事例を紹介しながら、産業創出の方向性を探った。

 

懇談会は、津下一代あいち健康の森健康科学総合センター長を座長に、ヘルスケア関連に実績のある産官学の委員9人が出席して意見交換を行い、合計3回の会合の中で、新産業の具体案を煮詰めて行く。

 

初めに紀村局長が「この分野は、雇用創出や少子高齢化という国内課題の解決にも貢献でき、海外展開も可能な分野。具体策として何をすべきか、中身を詰めたい」と述べ、会合の成果に期待を寄せた。

 

事例として、東北大学特任教授で村田アソシエイツ代表の村田裕之氏が「高齢化に伴うシニア消費の実態とビジネスチャンス創出の視点」と題し、綿密なマーケット分析を行ったほか、下呂温泉観光協会副会長の瀧康洋氏が取り組み事例を紹介した。

この投稿の続きを読む »

タグ


中部でヘルスケア産業創出 産官学 将来像を議論

2012328日 日本経済新聞・中部版

日本経済新聞_120328_2中部経済産業局は27日、「新ヘルスケア・サービス産業創出懇談会」(座長・津下一代あいち健康の森健康科学総合センター長)の第1回懇談会を名古屋市内で開いた=写真。

 

ヘルスケアに関連した新たなサービス産業を生み出すことが目的で、経済界や自治体、学識経験者らが、目指す産業の方向性や課題について議論した。

 

懇談会では、東北大学の村田裕之特任教授が、高齢者の消費動向からみた新たな産業の可能性を指摘。下呂温泉観光協会の瀧康洋副会長は下呂温泉でのヘルスケアに関連した取り組みを紹介した。

この投稿の続きを読む »

タグ


60代シニアの今~その購買力・行動力をどう生かすか:講演録

2012328日 日経MJ(日経流通新聞)

日経MJF_村田裕之さる315日に開催された日経MJフォーラム2012拡大するマーケット シニア層の消費考効果的アプローチと将来像を探る」の私の基調講演録が日経MJに掲載されました。

 

日本経済新聞社のご厚意により、その全文を以下に掲載しましたので、ご一読いただき、感想をお聞かせいただければ幸いです。

なお、パネルディスカッションの詳細は、日経MJ3月28日号をご覧ください。

 

また、このフォーラムでは事務局を務められた日本経済新聞社および日本経済社の皆様に大変お世話になりました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。

****************************************

基調講演:60代シニアの今~その購買力・行動力をどう生かすか

シニア市場とは多様なミクロ市場の集合体

 

多くの製品、サービスの分野で「シニア市場」をターゲットにビジネス拡大に取り組む例が見られるが、苦戦事例が多く見られる。確かに少子高齢化が言われる中で、60代以上の占める割合は増加している。それなのになぜビジネス拡大に失敗するのか。それはシニア市場を本当の意味で理解していないことに原因がある。

この投稿の続きを読む »

タグ


シニア消費の正しい見方

村田裕之Eレター 2012年3月21日 Vol.30

こんにちは、村田裕之です。

 

都内では桜のつぼみが膨らんできて

春もすぐそこという感じになってきましたね。

 

さて、今回は「間違いだらけのシニア消費の見方」

についてです。

 

これは、先日の日経MJフォーラムでもお話ししたのですが、

シニア消費の見方に勘違いがある企業が多いことを感じます。

 

シニアの消費力が再び脚光を浴びている理由は、

団塊世代の最年長者である1947年生まれが今年65歳に到達し、

大量の退職者による新たな市場が生まれるとの

期待が大きいからです。

この投稿の続きを読む »

タグ


ヘルスケア産業創出へ支援組織 中部経済産業局

2012322日 日刊工業新聞

日刊工業新聞120322_レイアウト_サイズ修正

日刊工業新聞の「ヘルスケア産業創出へ支援組織」という記事に村田が紹介されました。以下は記事の該当部分です。

 

中部経済産業局は健康管理・増進などのヘルスケア・サービス産業を育成するため、「新ヘルスケア・サービス産業創出懇談会」を設置する。初会合を27日に名古屋市中村区の名鉄グランドホテルで開く。(2面参照)

 

座長には津下一代あいち健康の森・健康科学総合センター長が就任する予定。スギメディカル(東京都千代田区)やタニタヘルスリンク(同)、立山システム研究所(富山市)、村田アソシエイツ(東京都港区)のトップらをメンバーに迎える。

この投稿の続きを読む »

タグ


間違いだらけのシニア消費の見方

不動産経済連載 団塊・シニアビジネスの勘所 第一回

imageシニアの資産の特徴は「ストック・リッチ、フロー・プア」

 

シニアの消費力が再び脚光を浴びている。団塊世代の最年長者である1947年生まれが今年65歳に到達し、大量の退職者による新たな市場が生まれるとの期待が大きいからだ。昨年後半から今年にかけて多くの企業においてもシニア層へのシフトが鮮明になっている。2007年問題として騒がれた5年前と同様、購買力に劣る若年層よりも消費力があると思われているからである。

 

しかし、企業の取り組みを見ていると、5年前の轍をまた踏むと思われる例が目に付く。相変わらずシニア市場を「人数が多い・金持ち・時間持ちマーケット」とみなしているからだ。果たしてそうだろうか。

 

わが国の総人口は減少傾向にあるものの、高齢者人口は今後も増え続けると予測されている。また、世帯主の年齢別の正味金融資産(貯蓄-負債)を見ると、60代以上が全世代のなかで最も大きい。さらに、世帯主の年齢別持家率でも60代以上が全世代のなかで最も大きい。つまり、資産ストックの面では、60代以上が最も保有していることがわかる。

 

ところが、年間所得を見ると、高齢者世帯の平均値は296.1万円であり、全世帯の平均値580.4万円の約半分と少ない。しかも、高齢者世帯の中央値は229万円であり、100万円から300万円の範囲で最も人数が多いことがわかる。つまり、所得フローの面では、60代以上は決して多くないのである。

この投稿の続きを読む »

タグ


高齢者にやさしい商品が陥りやすい問題

村田裕之Eレター 2012年3月8日 Vol.29

 

こんにちは、村田裕之です。

 

先週のフジテレビ系の番組「知りたがり」出演後、

たくさんの方から温かいコメントを頂きました。

本当にありがとうございました。

 

さて、今回は「高齢者にやさしい商品の落とし穴」

についてです。

 

ここ数年、エイジフレンドリーという言葉が

日本のみならず、多くの国で目につきます。

 

エイジフレンドリーとは英語でage-friendlyと表記します。

直訳すると「年を取ることに対して親和性が高い」の意味で、

日本では「高齢者にやさしい」と訳されることが多いです。

 

こうした「高齢者にやさしい」

モノ・サービス・インフラづくりの動きは

今後進展する社会の高齢化への対応策として

歓迎すべきものです。

 

しかし、その一方で「高齢者にやさしい」ことを

一つの側面だけに偏りすぎると

陥ってしまう落とし穴があります。

この投稿の続きを読む »

タグ

新ヘルスケア・サービス産業創出懇談会の委員に就任しました

chubu-meti昨年私が委員として参加していた中部経済産業局主催の「新ヘルスケア産業創出懇談会」では、平成23年9月に中間とりまとめを公表して注目を集めました。

 

中部経済産業局では、この大きな方向性を受け、新サービス分野をより深掘りし、新ヘルスケア・サービス産業群を創出に向けた具体的方策の検討を目的に「新ヘルスケア・サービス産業創出懇談会」を設置し、平成24年3月27日(火)に第1回懇談会を開催することになりました。

 

昨年に引き続き、私も委員として参加することになりました。今度の懇談会では、前回よりも民間企業の経営者の方が多いので、構想の実現に向けた具体的な話が深まることを期待しています。私以外の委員の方は次の通りです。

この投稿の続きを読む »

タグ


  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

このページの先頭へ

イメージ画像